2007年02月22日

スタール博士の講演1

自国の美風を守れ

 昭和五年十月十九日、スタール博士が、一時帰国の前夜、東京中央放送局から全国中継でラジオ放送を行い、多大の感銘を与えた部分がありますので、「世界に生きる日本の心」から引用してみます。
starr1.jpg

引用開始
去るに臨みて親愛なる日本国民諸君へ
☆はじめに
 親愛なる日本国民諸君、今や日本を去るに臨んで私は諸君に別離の辞を呈したいと思う。私の生涯は国際関係に於ける日本の活動の時機に等しいのである。私は1858年、即ちタウンゼント・ハリスが江戸条約(日米修好通商条約)を締結しその条約によって通商上発達を期したる年に生まれたのである。
 八歳の時初めてペルリ提督の「日本来航記」を読んで深く感動した。三十年間シカゴ大学に日本に関する講座を置いて隔年毎に講義をなした。その講座は日本の地理・民族・風俗・習慣・文化・民族的心理・宗教・歴史・政治・外交等の広い範囲にわたっていた。この講座は1894年日清戦争当時に創設せられたものであって、戦争中日々教室にあって日本軍の活動に対して多大の注意を払っていたのである。

 私は日本の近代の重大なる危機に際して常に日本国民と憂苦歓喜とを共にして来たのである。故に私は日本国民の悲痛の際に於いて、或は成功して歓喜の絶頂に於ける日本を知っているのである。
 1904年私は横浜に上陸して、其の日の午後東京に到着するや、日露開戦の号外発行を見たのである。当時私の用務は北海道にあったので、沿道における日本軍隊の活動及び日本国民の真剣なるを見て大いに感動した。
 1918年欧州大戦中日本を訪問し日本が連合国のために多大の犠牲を払い努力せるを目撃した。然しながら日本の参戦の意義と日本の努力とは今日尚世界から感謝されておらぬは遺憾である。(中略)

☆自国の美風を守れ
 ここに私をして二つの問題を講究せしめよ。まず第一に、日本は西洋との接触によって日本固有の多くの美点を犠牲に供したことを痛感せずには居られぬ。日本の文化は古き歴史を有し、賞賛すべき幾多の美点を有している。
 今を去る一千二百年前、奈良朝の文化燦然たる時代に於いて、ヨーロッパの何れの国がその優美と典雅の点に於いて、日本に匹敵する文明を持っていたか。日本は外国から借りてきた文化を直ちに消化して明確に日本化したのである。

 日本の文化はこのようにして数世紀の間維持せられて来たが、近来西洋との接触に伴い、日本文化は根底から動揺を来たし破壊せらるるに至った。外国との接触によってある程度の変化を来たすことは当然である。然しながら日本の近来の外国文化の輸入はいかにも盲目的であることは、日本のために遺憾千万である。

 日本人は遥かに欧米の文化よりも優れたる日本文化を棄て、三文の価値のないものを輸入して喜んでいるのは意外である。日本は幾多の保存すべき美点を有しているにも拘わらず、これらを破棄してしまったことは嘆かわしい。(中略)
 日本のある評論家は日本は採用し、修正し、熟達すると称している故に、日本のモットーは、adopt(採用し)、adapt(修正し)、adept(熟する)であると称している。それは巧妙なる言辞であってある程度の真理があるかも知れぬ。
 
 しかし私が不満に感ぜずにいられないことは、日本は自国の文化の長所を容易に廃棄し、さらには外国の文化を取捨選択することを忘れて、猥りに玉石混淆外国の風俗習慣を輸入するということである。
 更に現今の急激なる変化に際して、最も心配の要素は、日本はインスピレーションの源を只一国よりのみ取るということである。日本は西洋化しつつあると称している。然り、併しながら、日本の西洋化は米国化に偏しておって、欧米各国の長所を採用して円満に発達したものに非ずして、むしろ米国化である。
例えば、日本人の服装にせよ、習慣にせよ、建築にせよ、思想にせよ、スポーツにせよ、すべて米国から余りにも感化を受け過ぎている。

 明治維新後、日本は急激に西洋化した。しかしその当時は、畏くも明治大帝の五箇条の御誓文の聖旨に従い、広く知識を世界に求めんとして世界各国から優秀の教育家及び師範を招聘した。英国よりは英国の美点を学び、フランスよりはフランスの長所を学び、米国よりは米国の特長を学んだ。この政策は今日に於いても、応用せらるべきものではないか。(中略)

 日本の青年男子は日露戦争当時の如き剛毅勇武の風を失い、柔弱に流れている。更に特に目立つことは日本婦人が彼等の賞賛すべき美徳を棄てて、西洋婦人の悪風に染みつつあることである。

 日本婦人はそのもてる典雅にして謙譲の美風を忘れて、その態度が粗暴に流れ、粗野な洋服をして最も下等の米国婦人の如き態度をして、得々然として大道を横行闊歩しつつあるを見て痛嘆の至りにたえない。真に日本を愛する者は、心を痛められずしてこの不自然の光景を観ることはできない。

 何となれば今日の日本文明は、勇敢なる日本男子の愛国的精神に因れると共に、また謙譲にして献身犠牲の精神に富める日本女性の努力に基因せるものであるからである。
引用終わり。次回に続けます。

 この当時でさえ、このように日本の文化が破壊されていくのを嘆いておられますが、もしスタール博士が現代の日本を見れば、卒倒してしまうでしょうね。
posted by 小楠 at 07:53| Comment(4) | TrackBack(1) | 書棚の中の日本
この記事へのコメント
小楠様
 本当に、この御時世、スタール博士のご意見を熟読玩味したい所ですね。私は、昭和改元後の20年間と平成改元後の20年間は極めて類似しているとの見方です。スタール博士はこの論説を昭和5年に発表した。平成5年以降の現状にも良く適合するご意見と感じます。

 TBしましたように、尊台の魅力ある人材御紹介を感謝しております。
Posted by 茶絽主 at 2007年02月23日 07:11
茶絽主様
>>昭和改元後の20年間と平成改元後の20年間は極めて類似している

仰る通り、私も今の時代は戦前の情勢と大変似ていると考えていたところです。
ソ連に代わって中国が、そしてもし今後アメリカに民主党政権ができれば、全く瓜二つの状態が現出されますね。
スタール博士の講演2では、当時の警告がまさに今後の日本に対する警告とぴたり一致しているのではないでしょうか。
Posted by 小楠 at 2007年02月23日 07:42
日本人はすぐに雪崩現象を起こします。何でもかんでも盲目的に米国一辺倒を米国人が警告して興味深いです、しかも80年近くも前に。猿股みたいなズボンを真似、落下傘みたいなスカートを穿き得意になった頭がパープリンの日本人自身の日本文化破壊は罪が深いです。古人がもしも欧州を真似ていたらここまで日本は軽薄には成っていなかったと思い残念しきりです。教育再生論が盛んないまもう一度日本の美点”国粋”を見直す教育をしてもらいたいです。その為にはまず素バカの”教員”の教育からですから前途多難ですね(笑)。
Posted by ケイさん語録 at 2007年02月24日 11:30
ケイ様
>>日本人自身の日本文化破壊は罪が深いです。

当時でさえそうですから、今から以降はもっとひどくなるのではないでしょうか。

>>素バカの”教員”の教育からですから前途多難ですね(笑)。

これらには教育するだけ無駄じゃないですか?排除してしまいたい屑どもですから。

Posted by 小楠 at 2007年02月24日 13:27
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/3392435
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック

「世界に生きる日本の心」を読む
Excerpt:  小楠さんのブログ<反日ワクチン>では、興味深い人物や彼・彼女らの見方が数多く紹介されている。刺激を受けて、話の元の一冊「世界に生きる日本の心」(展転社、2004、第11版)を読んでみた。これは名越二..
Weblog: 陸奥月旦抄
Tracked: 2007-02-23 06:42