2007年02月14日

長崎海軍伝習所2

咸臨丸の回航

 海軍伝習所教育班班長のファン・カッテンディーケ著「長崎海軍伝習所の日々」から、著者が長崎に上陸直後あたりの印象を見てみましょう。
写真はオランダから贈呈された観光丸
kanko.jpg


引用開始
 1856(安政三)年私は勅命によって殖民大臣付きに補せられ、日本の将軍のためにキンデルダイク造船所にて建造せられた百馬力の蒸気船ヤパン(咸臨丸)をその目的地に回航し、同時に私と同行する人員の一部をもって、さきに1855(安政二)年より57年までペルス・ライケン中佐指揮の下に、日本において航海学およびその他の科学の教育を担当せしめられていた海軍派遣隊と交代すべき命令を受けた。

 今ここに何故オランダが、日本に派遣隊を送ったかの理由につき、一言述べることは、あながち無駄ではあるまい。日本政府は、オランダ国王ヴィルレム三世が折角与え給いし忠告も容れなかった。しかし我が国は常に、日本がヨーロッパ国民をもっと寛大に取り扱う制度を設けるよう慫慂してきた。そうして今度こそは前よりも、もっと成功の見込みがついて、再び提案を出しうる時機の到来を狙っていたのである。・・・・・

 また両国の古い友好関係からしても、強制的手段に訴えるということは、許さるべきではなかろう。かくて我々の望みを達する方法としては、幕府に風説書(長崎の商館長がその義務として、オランダ船入港のつど入手した海外情報を長崎奉行を通じて幕府に提出したもの)の提出を拒否し、また場合によっては、出島を引き揚げるより以外に、途はなかった。しかし幕府の遅疑逡巡の態度は、むしろ憫むべきで、我から相談を断るということは、一般の利害にももとり、また出島の商館を引き払うということも、時すでに遅い。・・・・・

 オランダは及ぶかぎり幕府の期待を裏切らないようにして、その日本における勢力を維持しなければならない。かくてオランダは、あらゆる科学的進歩の誘導者となり、また海軍派遣隊までも付けて蒸気船スームビング(観光丸)を日本に贈呈し、科学的進歩のために助力しなければならなかったのである。

 最初はこれほど尽くしても、おそらく日本を正しい道に導くことはできないだろうと思っていたが、結果は予想を遥かに越えて、江戸の保守派は、未だ勢力を失墜していなかったにもかかわらず、日本人のヨーロッパに対する考え方がガラリと大転換をしたことは、見のがし得なかった。・・・・

 土地の人々は、船の入港の光景を久しく見なかったところに、船から暗闇の中で二発の砲を放ち、到着を知らしたものだから、忽ち市民の間に大騒ぎを起した。・・・・・私がこれを敢えてしたのは、つまりは夜中には何事も起こらないと安心しきった気持でいるお人好しの日本人の夢を、多少とも醒まさせようとの考えからであった。

写真は当時の長崎港風景
nagasakip.jpg

 見る見るうちに、周囲の山の上に一面に火が点けられたが、それは実に見惚れるばかりの美しい光景であった。それから程なく、私は大勢の供の者を引率した二人の武士の訪問を受けたが、これらの武士は、私にいろいろうるさいほどの質問、例えば「あなたは妻帯しているか、そうして子供は何人あるか」などといった質問までもするので、遂に私はもうよい加減に止めて貰いたいと断ると、彼らはこれが日本の掟なのだからと弁解する。問答表の質問事項に全部答え終わって、私はこれで掟の要求は皆満たしたし用事は済んだはずだと思うがと言うと、今度は自分らの時計と、私の時計とを比べてみたうえで、やっと休息することを許した。・・・・

 翌朝暁の空が次第に明け渡るにつれて、絵を見るような光景が展開した。長崎湾は伊王島のあたりから奥へ大きくタライ形をなし、その周りは殆ど残らず急峻な山で取り囲まれて、その山々は、水際から頂上まで、家やお寺や或は砲台が立ち並び、一面に目醒めるばかりの青々とした樹木や垣根あるいは小さな畠に取り囲まれている。この畠は、また山の畝の田と同様に梯子段式に人間の手によって作られている。
 誰でも海旅の後にはちょっとした事にも感嘆し易いものであるが、そうした気持以外に、実際長崎入港の際、眼前に展開する景色ほど美しいものは、またとこの世にあるまいと断言しても、あながち褒め過ぎではあるまい。

 朝早く私は入港の許可を得て、いよいよ出島の船着場に向かい、進航を始めた。自分の肚には、出島とはどんな所か、また我々を待ち受けている日本の人たちはどんな人々か、我々の二ヵ年の日本滞在を愉快に過ごさすも、また不愉快に送らすも、皆その人々の態度一つにかかっているのだから、早くその人たちに会ってみたいという気持があったのだ。
 岸辺を見渡すと沢山の人が出ているようだ、港内には四隻のオランダ船と多数の日本小舟が羅集しているほかに、ロシア船のアメリカ号がいるのを見受けた。同船にはロシア海軍提督プチャーチン伯爵閣下が搭乗していた。・・・・

 先ずバタヴィアからの主なるニュースを伝えてから、持参した手紙を渡した。私は皆が手紙を読んでいる間に、出島の検分や、日本人との面会、またオランダ人が教育を施している場所の視察などをした。・・・・・
 奉行屋敷の庭に、製帆所とフレガット船の船具が置いてあって、そこで生徒は実地の訓練を受け、建物の内で学科を受ける。この建物は夏季の教場としては誂え向きだが、冬季には殆ど寒さに耐えられなかった。蓋しその教場というのが、ただ薄い紙を張った障子で室内の空気を温めるだけで、ほかに何らの暖房装置も無かったからだ。
 概して私の見たものはすべて気に入った。そうして先に来ていろいろの経験をした人々も皆善いことばかり話して聞かすので、ここで二年を過ごすのだと思っても少しも嫌気がささなかった。
引用終わり
posted by 小楠 at 07:39| Comment(0) | TrackBack(0) | 外国人の見た日本A
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/3345743
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック