2007年02月13日

長崎海軍伝習所1

海軍伝習所創設の経緯

 オランダからの第二次海軍教育班として来朝したファン・カッテンディーケ著「長崎海軍伝習所の日々」副題として「日本滞在記抄」という本から、幕末の日本の考えなどを見てみます。
 この教育班の長崎到着は安政四年(1857年)九月です。
本文に入る前に、当時のこの状況を解説した部分が、大変興味深いので、先ずそこから引用してみます。
denshu.jpgkattendyke.jpg

引用開始
 日本の政治は、嘉永六年(1853年)ころから従来にない動揺を示した。安政の初め、徳川幕府は四囲の情勢から、二百年堅持した鎖国政策を持続することが不可能になったと観念して、にわかに開国政策に転ずる腹を決め、さしあたり幕府が最も憂慮する、欧米諸勢力の我が国安全に対する脅威に対抗できる近代的欧式海軍を創設することにした。そしてこの旨を、時の長崎オランダ商館長ドンケル・クルチウスに内密に告げて、オランダ政府からこの計画の実現のための協力、並びに軍艦の建造または購入の斡旋について、何分の意向を確かめるよう手続きをとってもらいたいと申し入れた。

 それに対しオランダ政府は、近年衰微の一途をたどりつつあった対日貿易の促進と政治的理由から、幕府の要求に応ずる方針を決め、幕府が欧式海軍を創設せんとするならば、先ず幕府はオランダより教師を招聘して、日本青年に近代科学の知識を授け、艦船の操縦術を習得さすことが必要であることを告げ、また軍艦の建造・購入の件については、当時ヨーロッパの政局極めて不穏なる状態にある折柄、幕府の希望に副うことは頗る困難ではあるが、政局安定の暁にはまた改めて考慮すると回答した。

 この結果、幕府は長崎に海軍伝習所を設けて、そこに旗本だけでなく、諸藩の青年にも入所を許し、オランダ人教師から近代科学並びに海軍に関する教育を受けさすこととして、オランダより海軍教育班を招聘したが、そのオランダ教育班は二次にわたって来朝した。その第二次教育班長であったのが、この『滞日日記抄』の著者、オランダ海軍二等尉官リッダー・ホイセン・ファン・カッテンディーケであった。

 これより先オランダ政府は、軍艦の建造または購入の斡旋方につき幕府より依頼を受けたが、前述の通りヨーロッパ政局の不安を理由に謝絶したので、幕府は改めて東印度ジャヴァの造船所に注文することにした。これを知ったオランダ政府は、幕府がさほどまでに軍艦を欲しがっているならば、それをむげに放置することはできないとして、終に二隻をオランダにおいて建造することを引受けたが、その中の一隻のヤパン号(のちの咸臨丸)が安政四年(1857年)三月竣工したので、それを日本へ回航することになった。そしてこれを機会に駐日オランダ海軍教育班の交替を行うことにして、このファン・カッテンディーケを班長とする第二次教育班を編成し、これをヤパン号に乗り込まして日本へ回航する任に当たらした。・・・・・

 当時西洋科学に触れる機会が少なかった我が国青年を、或は講義に、或は実地訓練に、熱心に指導して西洋科学の基礎知識を授け、やがてその生徒らは科学・技術・産業・軍事等あらゆる方面において、指導的地位を占め、遂に世界の人々をして目を瞠らせる程の長足の進歩を遂げしめて、我が国文化の偉大なる先達者となった。かくの如く日本人固有の英知と才能をよく見出して、これを独り日本人にのみならず、世界人類の福祉増進のために役立たしむべく練磨してくれたファン・カッテンディーケの功績は、我が国民が決して見落としてはならないところであろう。

 天保の末期1840年ころイギリス・フランスは、あたかも支那と阿片戦争に没頭していたため、未だ十分その猿臀を我が国にまで伸ばすいとまがなかった。ロシアはそれより先に黒龍江地方に接する千島・樺太を蚕食しようと策謀し、アメリカはその捕鯨船が出漁区域を拡大して、漸次日本の近海にまで乗り出して来るに及んで、我が国との間に屡々面倒な問題を惹き起こした。そこで早く日本と修交条約を結んで、問題が発生すれば直ちに日本政府と交渉に入り、迅速かつ直接に解決の途を求めようとした。

 一方これら諸国は、もし我が国が依然として鎖国政策に拘泥し、彼らの交易を許されたいとの要求を斥けるならば、武力に訴えても素志を貫徹しようという程の険悪な気構えを示していた。
 そこでこの容易ならぬ情勢を知るオランダは、長い間親交を続けて来た信義上から、逸早くこれを日本に通報して、差し迫っている国難を未然に防止させようとした。
 しかし新勢力圏の獲得に目の眩んだ連中は、もはや日本の政策など問うところに非ずと言った気構えで、しゃにむに鎖国の厳門を破って闖入を企てた。・・・・・

 かくの如く、文化年度の頃より頻りに我が辺海に出没する欧米人の傍若無人の振舞は、幕府の自尊心を傷つけること甚だしかった。さらばといって施す術もなく、ただ呆然として彼らの暴状に目を瞠るに過ぎなかった。この状態はやがて、内政面に大きな波紋を捲き起こさずには済ませなかった。
引用終わり

この後日本は、ご存知のように倒幕派と佐幕派による内乱状態となりますが、この本の内容は丁度その頃、維新前の日本を知ろうとするにも興味ある資料でしょう。そして日本海軍の基礎をオランダが作ったことも記憶しておくべきでしょうね。
posted by 小楠 at 08:02| Comment(0) | TrackBack(1) | 外国人の見た日本A
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/3336310
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック

高速バス長崎
Excerpt: 高速バス長崎のご紹介です。
Weblog: 高速バス長崎の案内
Tracked: 2007-02-13 18:03