2007年01月30日

八俣の大蛇と因幡の白兎

 これも有名なお話。子供の頃祖父がよく話してくれました。須佐之男命と言えば一番に思い出すのがこの勇ましいお話です。そしてもう一つ有名なのが、大国主命(おおくにぬしのみこと)の因幡の白兎(しろうさぎ)のお話ですね。これは可愛らしいお話です。因幡の白兎には歌もあります。
ookuni.jpg

※八俣の大蛇(やまたのおろち)
 こうして高天原を追われた須佐之男命は、出雲の国の肥の河[島根県の斐伊川]上の鳥髪という所にお降りになった。その時、箸がその河に流れてきたので、須佐之男命はその川上に人が住んでいると思われて尋ね探して上って行かれると、老夫(おきな)と老女(おみな)と二人がいて、少女を間において泣いていた。そこで「お前たちは誰だ」とお聞きになると、その老夫が「私は国つ神の大山津見神(おおやまつみのかみ)の子です。私の名は足名椎(あしなづち)といい、妻の名は手名椎(てなづち)といい、娘の名は櫛名田比売(くしなだひめ)と言います」と答えた。

 また「お前は何故泣いているのか」とお問いになると、「私の娘はもともと八人おりましたが、この高志[地名]の八俣のをろちが毎年来て娘を食ってしまいました。今それが来る時期となり、それで泣いています」と答えた。それで、「そのをろちはどんな形をしているのか」とお聞きになると、「目は赤かがち[真赤に熟れたほほずき]のようで、一つの体に八つの頭と八つの尾があります。そしてその体には、ひかげのかずらと檜・杉が生え、身の長さは八つの谷、八つの峰に渡っており、その腹を見るとどこもかしこも常に血に爛れております」と申し上げた。

 そこで須佐之男命は老夫に「このお前の娘を私にくれるか」と仰せられると、「恐し(かしこし[恐れながら])、まだお名前を存じませんので」と答えた。それに答えて「私は天照大御神の弟である。そして今、高天原より降ってきたところだ」と仰せられた。そこでアシナヅチとテナヅチの神は「それは恐れ多いことでごさいます。娘を差し上げます」と申し上げた。

 速須佐之男命は早速その娘の姿を爪形の櫛に変えて御みづらに刺して、そのアシナヅチ・テナヅチの神に「お前たち、何度も醸した濃い酒を造り、また垣を作り廻らして、その垣に八つの門を作り、門ごとに八つの桟敷を作り、その桟敷ごとに酒の桶を置いて、その桶に先ほどの酒を盛って待つように」と仰せられた。
 そして、言われた通りに準備して待っていると、本当に彼らが言った通り八俣のをろちがやって来た。そしてすぐに酒の桶ごとに自分の頭を入れて、その酒を飲んだ。それで、酔っ払ってその場で寝てしまった。この時、速須佐之男命は、身につけておられた十拳剣を抜き、その蛇をずたずたに斬ってしまわれたので、肥の河は血となって流れた。

そしてその中ほどの尾を斬られた時、御刀の刃がかけた。そこで不審に思われて、刀の先でその尾を割いてご覧になると、すばらしい太刀があった。その太刀を取って、不思議な物だとお思いになり、天照大御神に申し上げて献上された。これが草薙(くさなぎ)の太刀である。(★皇室の「国史」白鳥庫吉著ではこの剣は「天叢雲剣」『あめのむらくものつるぎ』となっています。)

 こうして、速須佐之男命は宮を造るべき所を出雲の国に求められた。そして須賀の地に到り、「私はここに来てすがすがしい心だ」と仰せられて、そこに宮を造ってお住みになった。それでその地を今も須賀と呼んでいる。この大神が初めて須賀の宮をお造りになった時、そこから雲が立ち上ったので、御歌をお詠みになった。その歌は、
 「八雲立つ 出雲八重垣 妻ごみに 八重垣作る その八重垣を」
と言う。
 そこで、アシナヅチの神を呼んで、「お前をわが宮の首長に任じよう」と告げられた、また名を与えて稲田宮主須賀之八耳神と名づけられた。

※須佐之男命の神裔
 こうして、須佐之男命が妻の櫛名田比売(くしなだひめ)と寝所で交わりを始めて生んだ神の名は、八島士奴美神(やしまじぬみのかみ)と言う。またオオヤマツミの神の娘の、神大市比売(かむおほいちひめ)という名の神を妻として生んだ子は大年神。次に宇迦之御魂神。兄八島士奴美神、大山津美神の娘、木花知流比売(このはなちるひめ)を妻として生んだ子は・・・
刺国大神(さしくにおほのかみ)の娘、刺国若比売(さしくにわかひめ)を妻として生んだ子は、大国主神。亦の名は大穴牟遅神(おおなむぢのかみ)と言い、亦の名は葦原色許男神(あしはらしこをのかみ)と言い、亦の名は宇都志国玉神(うつしくにたまのかみ)と言い、あわせて五つの名がある。

※因幡の白兎(いなばのしろうさぎ)
 さて、この大国主神の兄弟には多くの神々がおられた。しかしみな、国は大国主神にお譲り申し上げた。その訳は、その八十神(大勢の神々)はそれぞれ因幡の八上比売(やがみひめ)を妻にしたいとの下心があり、共に因幡に出かけた時に、大穴牟遅神(おおなむじのかみ・大国主の別名)に袋を背負わせ、従者として連れて行った。ところが気多(けた)の岬にやって来た時に、丸裸になった兎が横たわっていた。そこで大勢の神々は兎に、「お前の体を治すには、潮水を浴びて風に当たり高山の頂上で寝ておれ」と教えた。兎は大勢の神々の言うようにして寝ていた。

 すると、体についた塩が乾くにつれて、皮膚が風に吹かれてすっかりひび割れした。兎が痛み苦しんで泣きながら伏していると、最後にやって来たオオナムジの神がその兎を見て、「どうしてお前は泣き伏しているのか」と尋ねると、兎は「私は隠岐島からここに渡りたいと思いましたが、渡る手段がないので、海の和邇(わに[わにざめのこと])を騙して、『私とあなたとで、どちらが同族が多いかを数えくらべたいと思う。それで、お前はありったけの同族を連れてきて、この島から気多の岬まで並んで伏しておれ。そうすれば私はその上を踏んで、数えながら渡ろう。それで私の同族とどちらが多いかを知ろう』と、このように言いますと、騙された和邇が並んで伏している間に、私はその上を踏んで、数を読みながら渡り、まさに地上に下りようとする時に『お前は私に騙されたのだ』と言い終わるや否や、一番端に伏せていた和邇が、私を捕まえて、わたしの衣服を全て剥ぎ取ってしまいました。それで、泣き悲しんでいると、先に行った大勢の神々が、『海の潮を浴びて風に当って寝ておれ』と言われるので、その通りしていたら、私の体全体が傷ついてしまいました」と答えました。

そこで、オオナムジの神がその兎に教えて、「今すぐにこの河口に行って、真水でお前の体を洗い、その後すぐに河口にある蒲の花粉をとって敷き散らしてその上に寝転べば、お前の体はもとのように必ず治る」と言われた。
それで教えの通りにすると、兎の体は元のようになった。これが因幡の白兎である。今もこの兎を兎神といっている。そこでその兎がオオナムジの神に言うには、「この大勢の神々は、絶対にヤガミヒメを娶ることはできないでしょう。荷物を背負っていてもあなた様が娶られるでしょう」と言った。
終わり
posted by 小楠 at 07:15| Comment(2) | TrackBack(0) | 古事記で見る日本
この記事へのコメント
小楠さま

人々の悲しみを受け止めて、知恵と勇気を持って恐ろしい八又の大蛇から櫛名田比売を救った須佐之男命のお話も、目的を遂げる事のみ考え思いやりに欠けた兄神より、身に降りかかる物を背負いながらも慈しみの心を持った大国主之命をこそ結婚相手に選んだヤガミヒメのお話も、生涯の伴侶はこのような人を選びなさいと教えてくれると共に人として大切なものを教えてくれる気がします。
Posted by はるか at 2007年01月30日 21:42
はるか様
>>生涯の伴侶はこのような人を選びなさいと教えてくれる

コメント有難うございます。
同じ物語を読んでも、このように自己の向上に繋がる戒めとして感じられる方はすばらしいと思います。
はるか様に教えられました。
有難うございます。
Posted by 小楠 at 2007年01月30日 22:02
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/3195259
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック