2007年01月25日

フランス人の幕末日記2

 ここでは日本滞在を終えて帰国の途についたボーヴォワールがそのコロラド号の船上でしたためた日記の部分をご紹介します。当時のアジア情勢を彼なりの分析で書かれており、また興味深いものがあります。
L・ド・ボーヴォワール著「ジャポン1867年」より、
beauvoir.jpg

引用開始
 楽しかった日本滞在は、ここにこうしてついに終わった。植物が大地にうっそうと生い茂った自然と、その住民が生来持っている親切な心とは、時がたつにつれてますますわれわれを喜ばせた。・・・・
 わたしの思い違いであればよいのだが、当地へ恐ろしい紛争(国内の対立)を持ち込んだのは西洋人で、この国のすべての階級をそそのかしている根深い革命も、大部分はわれわれの仕業であるとわたしは率直に信じている。

 約三十年前には、日本は、国家的階級制度をひとつの神聖な常態とした封建法の下に、ひとりで生き、栄えて幸せであったことを考えてもらいたい。 今日警戒の叫びは、かまびすしくこの全土にひろがって、上を下への騒ぎである。西洋文明の名にかけて、革命は日本の門戸に迫る。それが急激であればあるだけ一段と恐ろしい衝撃を戸口で支えるために、中世とわれわれの世紀というこの上もなく相反する二つの基礎的原理が、何ら過渡的段階を経ることなしに、まさに相闘おうとしているのである。

 シナについては、西洋は反道徳的で不名誉な阿片の戦いに初名乗りを上げたのであるが、さらにもう一度、イギリスのいいなりになって、平和な国民の中に不和の種を蒔かねばならぬ羽目に陥った。海の女王の商船にと同様、労働する人口にも、新しい必要な食糧を供給しなければならなかったが、それも、マンチェスターの汽缶がいつも煙をあげ、なおいっそう煙をあげるのを見るためであり、それ自身で自足している一民族に、われわれの生産物を強制的に買わせるためであったのである。

 従って日本を無理やり登場させ、われわれの意志を法となして通商を強制し、一民族に向って、「われらこそは最も強きもの、われらの世紀においては人間社会の一部が孤立して立て籠もることは許さぬ。われらはお前らに友好を強いにやって来たのである」といわなければならなかったのである。・・・・・
 1842年、シナにおけるイギリスの戦闘と阿片戦争の噂がにわかに伝わってきて、平穏な日本を不安に陥れた。日本は孤立して生きることしか望まず、そこでは神聖な掟が外国人に近づくことをひとつのけがれとして禁じているのであった。

 日本人が、シナの屈辱、ヨーロッパの武器、船舶の驚くべき力、そして最後に南京条約について知るや否や、大君の顧問の一部は、これらの出来事の中に、この国に対する脅迫と警告とを同時に見てとった。そこから「外国党」と呼ばれたものが生まれ、また信仰的「国家的」党は熱狂的に抵抗したのである。

 前者は、異邦人たちはシナだけでは満足しないであろう、日本の門戸を強圧的に叩きにやって来るであろうと予見し、その先例はすでに1644年のポルトガル、1674年のイギリス、1805年のロシア、最後に1844年のオランダにあるとし、彼らを迎え入れる、あるいはむしろ友としてこれを受け入れるべきであるとし、そのためには禁令を改めるよう忠告した。
 後者はそれと反対に、シナ人は意気地なしで腰抜けであった。外国人は砲撃をもって迎えるべきであったと、狂信的態度で叫んだのである。

 サイは投げられた。不幸なこの国は、相反する二つの徒党に分かれ、数年の間、それぞれの徒党の首領は決闘に暗殺をかさねて、われわれがその沿岸に出現する時の下準備をしなければならなかった。・・・・
 大名、大君、ミカドのあいだの国内的紛争の外で、ロシアとアメリカ合衆国の策謀により、日本の将来の独立が脅かされることはないか。この二強国中第一の国は、極東においてある政策に専念し、すでに多くの成功をかちとったが、もしシナと日本とが力をひとつに合わせてそれを妨げないならば、その政策は彼にさらに重要な成功を確実にするのである。

 日本におけるツァーの代理人は、江戸には決して駐在せず、ヨーロッパ人の同僚とはもっぱら別行動をとるかに見える。おまけに保護すべき商業上の利益もわずかしか持たないので、彼はその影響力を弱めるような多くの衝突を回避し、政治的目的ひとつにその力を蓄えておく。
 その目的とは、日本の北方領土を蚕食しながらロシアの属領を拡大することである

 サン・ペテルスブールの政府は、このようにしてサハリン島の最大部分を占領するにいたった。もしイギリス艦隊が好機を逸することなく、はっきりと意味を示した牽制運動をおこなわなかったならば、同政府はいまごろは全島を占領していることであろう。
 しかし、このような紛争は容易に予想し得るので、ロシアは、極東における自己の属領の境界をさらに押し広げるための都合のよい機会を、間もなく再び見出すものと当然考えてよいのではあるまいか。

 そのため、ロシアはアメリカ合衆国の援助を受け、これと緊密な同盟を結んだようである。ロシアは自分のため、年間を通じて開かれた港を確保すべく、日本の北辺において何とかして領土の併合を実現とようと試みるであろうが、合衆国はこれを承認するものとわたしは確信している。・・・

 ひとつの地域から、このような危険がすべて遠ざけられることを祈る。そこには実に多くの幸福の種があり、われわれにはそれを飛躍的に発展させるよう努力する義務があるのだ。西洋の列強とは利害関係のない活動によって助長された知能と生産力が、日本の太陽の下で自分にふさわしい立場を獲得することを祈る。その時、無為徒食、崩壊寸前のサムライ階級は小さくなり、姿を消して終わるであろう。その時こそ日本は、わが身を包む産着を引き裂き、近代文明の舞台に登場すべく、すべての帆を張って、中世の封建制から脱出してゆくであろう。
引用終わり

 この著者は当時確か21歳です。日本に対してこれほどの思いが書けることに驚きました。これは日本に対してだけでなく、どうすれば世界が争わずに平和裏にそれぞれ発展できるかという理想的考えが基本にあるようでした。
posted by 小楠 at 07:54| Comment(0) | TrackBack(0) | 外国人の見た日本A
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/3160849
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック