2007年01月16日

捏造元祖朝日新聞

従軍慰安婦も朝日新聞が火付け役

 珊瑚にKYの捏造報道はあまりにも有名ですが、従軍慰安婦も朝日が元祖です。そして、日本人を貶めるためには「詐話師」吉田清治の作り話まで新聞に掲載しました。吉田清治は戦後共産党から下関市議に立候補し落選しています。
片岡正巳著「朝日新聞の戦後責任」より、そのころの部分を見てみます。
虚偽報道.gif

大爆笑、韓国政府自爆画像も見て下さい。

引用開始
 ところで“従軍慰安婦”がクローズアップされたのは、教科書に記述され、それが検定合格となったからではなかった。これについては、すでに何冊か、かなりいかがわしい内容の書籍が出版されている。しかし、これが社会的に話題になることはさしてなかった。それが突然という感で社会性を帯びてきたのは、平成三年の夏から翌四年にかけてであった。その発端となったのが朝日の記事で、平成三年八月十一日付、大阪本社発行版の社会面トップである。

<思い出すと今も涙><元朝鮮人従軍慰安婦 戦後半世紀重い口開く><韓国の団体聞き取り>の派手な見出しで、(ソウル十日=植村隆)の記事。リードは次の通りである。
「日中戦争や第二次大戦の際、『女子挺身隊』の名で戦場に連行され、日本軍人相手に売春行為を強いられた『朝鮮人従軍慰安婦』のうち、一人がソウル市内に生存していることがわかり、『韓国挺身隊問題対策協議会』(伊貞玉・共同代表、十六団体約三十万人)が聞き取り作業を始めた。
 同協議会は十日、女性の話を録音したテープを朝日新聞記者に公開した。テープの中で女性は『思い出すと今でも身の毛がよだつ』と語っている。体験をひた隠しにしてきた彼女らの重い口が、戦後半世紀近くたって、やっと開き始めた」

 記事はこの女性の氏名を伏せているが、この年の十二月六日に彼女は金学順という名前を公表して、他の二人の元慰安婦と元軍人・軍属だった韓国人十六人と共に、日本政府に補償を求める民事訴訟を起した。・・・・
 こうして、“従軍慰安婦”は、にわかに社会性を帯び、朝日や毎日は精力的に肩入れすることになる。そして、そのキーワードは「女子挺身隊」「強制連行」→「従軍慰安婦」であった。
 しかし、このキーワードは破綻する。朝日の第一報とも言うべき既述の平成三年八月十一日付、植村記者の記事からして、すでに事実関係がいい加減で、かなりトリッキーなのである。

 記事は「女子挺身隊」の名で連行され、日本軍人相手に売春行為を強いられたとしているが、現在「この女性は六十八歳」で、「女性の話によると、中国東北部で生まれ、十七歳の時、だまされて慰安婦にされた」と記している。この女性とは金学順さんだが、平成三年に六十八歳といえば大正十二年生まれで、十七歳(後掲の記事によれば数え年)の時は昭和十四年である。 しかるにその頃、女子挺身隊は存在しないのだ。昭和十八年九月二十三日、国内必勝勤労対策が閣議決定され、販売店員、出改札係、車掌、理髪師など十七職種の男子就業を禁止し、二十五歳未満の女子を勤労挺身隊として動員するとしたが、「女子挺身勤労令」の公布は翌十九年八月二十三日である。

 女子挺身隊と騙されてとしたのは、日本政府の責任を強調するためであったろうが、ちょっと調べれば、あり得ないことは直ぐ分る。この記事は基本的な事実関係で、重大な誤りを侵しているのである。因みに「週間新潮」(9・4・17)によれば、植村記者は訴訟を起した「太平洋戦争犠牲者遺族会」の幹部(梁順任・常務理事=当時)の娘と結婚しており、夫人は同会で働いていたという。義父らの運動にある種の心情を抱いたとしても、あながち不思議ではあるまい。このような場合、報道の公正を保つために担当させないのが通常だろうが、朝日はむしろ積極的だったと映る。・・・・
 金学順さんの「証言テープを再現する」という記事であるが、その中で彼女は次のように語っている。
「私は満洲(現中国東北部)の吉林賞の田舎で生まれました。・・・私が生後百日位の時、父が死に、その後、母と私は平壌へ行きました。貧しくて学校は、普通学校(小学校)四年で、やめました。その後は子守をしたりして暮らしていました」「『そこへ行けば金もうけができる』。こんな話を、地区の仕事をしている人に言われました。仕事の中身はいいませんでした。近くの友人と二人、誘いに乗りました。十七歳(数え)の春(1939年)でした」

 「地区の仕事をしている人」とは、朝鮮人であろう。そして彼女は誘いに乗ったのである。よしんば結果として騙されたとしても、誘いに乗ったのは、お金を儲けようという彼女の意志によるもので、当然ながら女子挺身隊のカケラもなければ、「強制」「連行」の影もない。しかし朝日は、第一報の女子挺身隊を訂正することはなかった。(なお、金学順さんは平成九年十二月十六日に死去した)。

 ・・・・貧弱ゆえに親兄弟を助けるためにと、自ら身を犠牲にした人もあれば、いわゆる「売られた」人もあった。あるいは騙された人もあったろうし、極端な場合は攫われた人もあったろう。そういう女性の周旋屋も存在し、それを女衒と称した。・・・

※隠蔽も詐話師も使う朝日新聞
 平成四年一月十一日付朝日は、一面トップで極めてセンセーショナルな報道を行った。<慰安所 軍関与示す資料>と。・・・・
画像はその時の朝日新聞です。

 この資料を発見したのは、吉見義明中央大学教授だとあるが、同教授は日本の戦争責任資料センター副代表を務める。・・・
 発見したという「通牒案」の全文は次の通りである。

 副官より北支方面軍及中支派遣軍参謀長宛通牒案
支那事変地に於ける慰安所設置の為内地に於て之が従業婦等を募集するに当り故(ことさ)らに軍部諒解等の名儀を利用し為に軍の威信を傷つけ且つ一般民の誤解を招く処あるもの或は従軍記者、慰問者等を介して不統制に募集し社会問題を惹起する処あるもの或は募集に任ずる者の人選適切を欠き 為に募集の方法 誘拐に類し警察当局に検挙取調を受くるものある等注意を要するもの少からざるに就ては将来是等の『募集等に当りては派遣軍に於て統制し之に任ずる人物の選定を周到適切にし其実施に当りては関係地方の憲兵及警察当局との連携を密にし以て軍の威信保持上並に社会問題上遺漏なき様配慮相成度依命通牒す』。

『』内の赤文字が朝日の引用箇所である。何故に朝日は前段部分をカットしたか。意図的に伏せたと解するは邪推であろうか。しかも読んでの通り、この「通牒案」は、民間業者が「内地に於て」慰安婦を募集するに当ってとなっていて、朝鮮人慰安婦に係る内容ではない
 そして、軍部が諒解しているとか、従軍記者や軍を慰問する者たちを介して募集を行ったり、あるいは誘拐に類する方法を使ったりして警察に検挙取調べられる者がいるので、業者の選定を関係地方の憲兵と警察との連携を密にして手落ちがないようにせよという内容なのである。
 これを「軍関与を示す資料」というならば、まさに“善意の関与”である。・・・・
引用終わり

 この後1992年(平成四年)1月13日付夕刊コラム<窓 論説委員室から>は、よくご存知の吉田清治のことを、北畠清泰・大阪本社論説委員が信憑性を確かめもせず、強制連行にはもってこいとばかり飛びつき、記事を書きました。
 ちなみに北畠はその記事の訂正もせず、2000年4月現在:県立長崎シーボルト大学教授だそうです。生徒の皆さんお可哀想に。

 嘘を本当にするためには、都合の悪い部分は隠蔽し、詐話師の作り話までも掲載する。こんなものでも、一度紙面に出すことがどんなに国益を損ね、国民を誤導するか、本当に許せない新聞です。
不買運動も起っているようですが。

posted by 小楠 at 07:37| Comment(4) | TrackBack(1) | 反日マスコミ
この記事へのコメント
”吉田清治”この者こそが自分に売れるものが無くなった途端に”正義”を売り物にした張本人ですね。何かの記事で読みましたが鮮国の婆さんが慰安婦にされたと言って日本政府を強請った。出自を調べたら斉州島出(笑)。現地の鮮人が証言しているごとく其処には日本軍隊は入っていない。慰安婦の必要が有ったのならそれは鮮人の為である。こういう出鱈目の流通を許すようになったきっかけはやはり朝死ですね。そもそもこの類の婆さんを見つけてくるのも能の無い盆暗朝死記者ではないでしょうか。不買・不読運動に参加します。
Posted by ケイさん語録 at 2007年01月16日 12:06
ケイ様
この例のように、しかもトップにこのような記事を出したら、甚大な影響がありますね。
で、これが嘘だったことは決してトップで謝罪しません。
間違い記事は同じ紙面に同じ大きさで出すくらいの強制はしてもいいのではないでしょうか。
Posted by 小楠 at 2007年01月16日 17:54
この捏造は、永遠に後世に語り継がねばなりませぬ(怒)。
絶対に、放置して風化させないように…。
簡単なコメントで、ごめんなさい。
Posted by おしょう at 2007年01月17日 00:24
おしょう様
朝日のこれまでの矛盾記事をずらりと並べてみれば、この新聞のレベルが一般常識人からはかなり低いということがわかり易いでしょうね。
日本人は卑怯をもっとも嫌うと思いますが。
Posted by 小楠 at 2007年01月17日 09:32
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/3070262
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック

そのまんま東は真の国士!
Excerpt: 従軍慰安婦問題に関する質問に対して私はそのコメントに対しては県を代表するという立場よりも個人的な見解でよろしいでしょうか?私は韓国の中の慰安婦が実際存在したかどうかというのは歴史認識としては、歴史確証..
Weblog: 右派社民党公式ブログ
Tracked: 2007-03-23 16:19