2007年01月11日

朝日のマルクス気触れ

GHQ民生局作成の九条草案信仰の愚昧

片岡正巳著「朝日新聞の戦後責任」より、現代日本マスコミの癌、朝日新聞が、いかに共産主義気触れの文面であったかを見て下さい。
写真は60年安保闘争
anpo01.jpg

引用開始
 昭和21年3月8日付社説で<憲法草案と世界平和>と題して戦争放棄条項を称賛し、

「これを単に敗戦国としての現状肯定とみるのは浅い見方」だと論じた。そして再び

「日本が一方的に戦争放棄を憲法に規定しても、それだけで世界の平和が維持できぬことはいうまでもない」と述べ、

「従って、憲法にかかる条項を入れようとする以上は、日本人民として、世界平和維持に対する積極的発言が許されねばならぬのである。現在日本は聨合国の管理下にあり、政府当局としては、かかる発言はなお許さるべき時期ではないが、日本人民の声だけは、率直に世界各国民に伝えておきたいと思う」と念を押す。・・・・

 それにしても右の社説は、「国民」ではなく「人民」である。当時の論説委員の意識が奈辺にあったか、この表現はそれをよく表していると思う。また、この社説は一方で、世界の恒久平和を確立するためには、完全雇用を実現する世界を作らねばならぬとも言い、

「経済恐慌のない世界、失業の無い世界、過剰資源も、過剰滞貨も生ぜざる世界、生産力の無限の向上が社会の無限の向上に全く矛盾なしに照応する世界」と書き連ねて、

「この問題は、ソ連以外の国々において特に重大な意義を持つ。ソ連は既にソ連方式によりこれを解決しているからであると言い切って、アメリカは

「此の問題に対する理論的解決をせまられている」と書く。完全にマルクス経済の虜になっているのである。「人民」の用語を使うのもむべなるかな。げに、のちに反米親ソを鮮明にする朝日の源泉を見る思いがする。

※安保・戦争巻き込まれ論
安保改定ニュース動画
 昭和三十五年元日の社説は、
「いま目の前にある何よりも大きな収穫は、フルシチョフの完全軍縮の提案と、これに呼応した国連総会の同じ決議である」と、緊張緩和の夜明けが訪れたとばかりに微笑み、「危険そのものが、全世界を爆破しかねないほどに成長して、その巨大な危険の前には、永い争いの種であったイデオロギーの相違が、いよいよ小さく、色あせて来たということではあるまいか」、

東西の間には、もう『戦争』ではなく、『競争』という言葉だけが、意味をもち得ることとなってきた。それは別の面から言うなら、人々の心の中に『寛容』がしのび込み、『平和』が小さな芽をふき出して来たともいえよう」と喜んで、「平和共存」を強調した。・・・・
 だが、フルシチョフの提案は、明らかに米国の核に追いつき追い越すための時間稼ぎであった。・・・・
 ところで朝日は、イデオロギーの相違が色あせて、東西間に平和の芽が吹き出したと言いながら、1月12日付の社説では、日米安保条約改定に<国民の不安は消えない>と声を大にしたのである。・・・・

「アイゼンハワー米大統領が年頭一般教書で、八千キロを飛ぶ大陸間弾道弾アトラスの驚くべき命中精度を発表したのは、つい数日前である。しかもソ連は今月中旬から一ヶ月の間に、中部太平洋の一定水域を目標として、強力ロケットの発射実験をすることを明らかにしている。
 軍事技術と世界戦略が大きく一変しようとしていることが、いまさらながらはっきりと、われわれの目の前に現れてきたのである。全面戦争の危険をはらむ限定戦争にアメリカが入った場合、米軍基地の存在は、いまや想像を絶する大きな惨禍を日本に“引火”する恐れさえ生む。政府が、新条約に相互防衛条約的な性格を加えようとしているとみられているだけに、われわれの不安はさらに深まるのである」

 この論述と、十日余り前の元日社説とどう結びつくのか。元日社説で「目の前にある」のはフルシチョフの完全軍縮の提案による平和の芽生えであった。
 ところが、この社説の「目の前に現れてきた」ものは、米ソの軍事技術と世界戦略という危険だと言うのである。
 もう「戦争」ではなく「競争」という言葉だけが意味を持つはずが、「全面戦争の危険をはらむ限定戦争」があり得るとは、一体全体、朝日の眼は何を見ていたのであろうか。
 そしてこの矛盾した眼は、改定する日米安保条約は「想像を絶する大きな惨禍」を日本にもたらすという幻をまで見たのであった。・・・・

 1月16日、調印に赴く岸信介首相全権一行について、翌17日付朝日は社説で<みっともない出発>だったと評した。・・・・
 そして、首相らが「飛行機のタラップにならんで、帽子をふっている笑顔の写真を見る国民の気持ちには、どうしても割り切れないものが残るのだ」と書いた。・・・・
 このタラップの風景に割り切れぬ思いをしたのは朝日であり、正確にはこの社説の担当者ないしは論説委員室の空気であったろう。それを「国民の気持」だとは、いつもながらの狡猾なすり替えだが、・・・・

 そして調印翌日の1月21日付社説は・・・
「日米安保条約は必ずしも日本の安全を保障するものではなく、ただ東西間の平和、わけても米ソ間の平和のみが、日本の安全を保障する」、それが「真実」だと言い切り、「米ソ関係が悪くなれば、日米安保条約がいくつあっても、日本の安全は保障されないばかりでなく、むしろそれは、諸刃の剣となって、日本の生存そのものをさえ脅かすものとなろう」と、国民に恐怖と危機感を振り撒いた
引用終わり

 この掲載前半の「ソ連は既にソ連方式によりこれを解決」とは、一体何を調査した結果なのか、こんないい加減なことを社説にする新聞であることを日本人はしっかり覚えておきましょう。
 そして後半部分、安保改定その後に「日本の生存そのものさえ脅かす」状態が今日まであったでしょうか。朝日が書くことは全く的はずれ、朝日が書かないことの方に、国民に知らせるべき日本の脅威があることは、今日の中共の軍拡などがわかり易い例でしょう。
 朝日には、自分たちの思い込みを「国民の声」などと絶対に言わせてはなりません。また読者はうっかりこれを受け入れてはなりません。「自分たちの思い」だとはっきり書かせるようにしましょう。
posted by 小楠 at 07:16| Comment(2) | TrackBack(0) | 反日マスコミ
この記事へのコメント
お世話になります。

社団法人新潟青年会議所の渡部雄一郎と申します。
突然のご連絡申し訳ございません。

実は、貴殿のホームページに掲載されております写真をお借りできればと思いましてご連絡させていただきました。
近年、著作権問題もありまして、コンプライアンスの審査が厳しくなっておりますので、許可をいただければと思いましてご連絡させていただきました。

利用内容としては以下の通りとなります。

----------------
利用日時:2008年3月13日(木)
利用内容:
『反「道徳」教育論』著者、山口意友氏の講演会(新潟市ユニゾンプラザ)でのオープニングプレゼンテーション内での素材(添付資料)として。
----------------

許可をいただけるようでしたら、別紙にて許可依頼書を送付させていただきたいと思います。
お忙しい中、突然のご連絡誠に申し訳ございません。

おてすきになりましたらご返信いただければと思います。
何卒よろしくおねがいいたします。


=====================================
社団法人新潟青年会議所
2008年度 己の美学育成委員会
幹 事  渡部雄一郎
-------------------------------------
携帯電話:090−7225−9491
携帯Mail:09072259491@docomo.ne.jp
-------------------------------------
E-Mail:jc-watabe@everycar.jp
T E L / F A X:025−211−3260
=====================================


Posted by 社団法人新潟青年会議所の渡部と申します。 at 2008年01月14日 17:02
渡部様
ご連絡有難うございます。
どの写真がご入用か判らないのですが、
使って頂くのは一向に構いません。
ここには横300px に縮小したものしか掲載していませんが、もっと大きなサイズのものが必要でしたら、仰って下さい。なんとかできるかも知れません。
Posted by 小楠 at 2008年01月14日 19:32
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/3024849
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック