2007年01月10日

朝日新聞の無恥変節

相哭からプロレタリア戦線機関へ

 片岡正巳著「朝日新聞の戦後責任」より、現代日本マスコミの癌、朝日新聞の恥ずべき変節の様子と、以後の反日ぶりを見て下さい。
 つい先日も満洲問題で、日本と日本人を貶めようとの悪意がまる見えの記事を掲載。過去に朝日の報道でどれほどの国益を損ねてきたことか。朝日新聞はなんとしても日本と日本人の敵になりたいのでしょうか。
kataoka.jpg

引用開始
※一億総懺悔から戦争責任者追及へ急変
 昭和20年8月23日付は<自らを罪するの弁>なる社説を掲げた。

「過ぐる十五日の正午、一億国民の耳朶を激しく打ち、国民の胸奥を強く揺すぶった玉音は何人も終生忘れ得ないところであり、必ずや子々孫々言い伝え、語り継いで永遠の戒めとするに相違ない」
と。そして次のように続ける。

「思うに事志と違って邦家が今日の悲運に立到ったについては、天の時、地の利ともに因をなしているとはいえ、人の和についてなお遺憾な点があったことは否めない。然らばこの点に対する責任は、決して特定の人々に帰すべきでなく、一億国民の共に偕に負うべきものであらねばならぬ。さりながら、その責任には自ら厚薄があり、深浅がある。特に国民の帰趨、世論、民意などの取扱に対して最も密接な関係をもつ言論機関の責任は極めて重いものがあるといわねばなるまい

 これは明らかに「一億総懺悔」論であり、とりわけ言論機関の責任の重さを強調しているが、何を懺悔すべきだとしたか。それは戦争に至った日本の歩みへの懺悔ではなく、・・・戦いに敗れたことへの懺悔なのである。
 ところが、それからわずか一ヵ月後、ダグラス・マッカーサー元帥を最高司令官とする連合軍の“戦争責任者”追及の動きが顕在化してくると、朝日は一億総懺悔も新聞の責任も投げ捨てて、9月22日付社説は<戦争の責任果して如何>なる表題で、・・・

遂に国民を大戦争の渦中に投じた我国指導者の責任こそ、この際、十分に糾明せられて然るべきであろう」

と豹変したのである。・・・そうして朝日は、勝者のお先棒をかついで戦争責任者追及に邁進することになるが、ここに、朝日の“東京裁判史観”の芽生えがあるといっても過言ではなかろう。

※プロレタリア戦線の機関を表明
 かくて11月7日付一面に<国民と共に立たん/本社、新陣容で「建設へ」>なる「宣言」を掲げた。次がその全文である。

「支那事変勃発以来、大東亜戦争終結にいたるまで、朝日新聞の果したる重要なる役割にかんがみ、我等ここに責任を国民の前に明らかにするとともに、新たなる機構と陣容とをもって、新日本建設に全力を傾倒せんことを期するものである。
 今回村山社長、上野取締役会長以下全重役、及び編集総長、同局長、論説両主幹が総辞職するに至ったのは、開戦より戦時中を通じ、幾多の制約があったとはいえ、真実の報道、厳正なる批判の重責を十分に果し得ず、またこの制約打破に微力、ついに敗戦にいたり、国民をして事態の進展に無知なるまま今日の窮境に陥らしめた罪を天下に謝せんがためである。
 今後の朝日新聞は、全従業員の総意を基調として運営さるべく、常に国民とともに立ち、その声を声とするであろう、いまや狂乱怒涛の秋、日本民主主義の確立途上来るべき諸々の困難に対し、朝日新聞はあくまで国民の機関たることをここに宣言するものである」

 この宣言の起草者は、後に論説主幹となる森恭三氏であった。・・・
氏はかの中国の文化大革命を四書五経の規範を毛沢東主義におきかえる道徳的人間改造の試みだと高く称揚した。
 「宣言」とともに、<新聞の新たなる使命>と題する社説を載せ、「新聞の戦争責任明確化の運動の先鞭をつけた」と自賛した上で、

「新聞全従業員が、国民の一翼、しかも新聞という特殊な職場を守る勤労者であることを自覚し、国民の声は直ちに新聞従業員の声であるとの立場を堅持」すると言い、では

「国民とはなんぞや。新聞は如何なる国民の層を代弁し、指導せんとするものであるか」と続け、国民とは

「支配者層と判然区別せられたる国民でなければならない。それは、一言にしていえば、工場に、職場に、農山村に働く国民のいいである」として、

「新聞の担うべき究極の使命は、働く国民の間から生まれるべき日本民主主義戦線の機関たることでなければならない」と確信したのであった。

 こうして朝日は、一ヶ月半余前に「挙国一家、国体の護持を計り、神州の不滅を信じ」て「君民一体の大道」につくと唱え、国民に呼びかけた社論をかなぐり捨てた。・・・
 なんと都合よき言論人であることか。そして、国民とは支配者層と判然区別された労働者だと言い切り、その労働者と手を携える新聞であることを堅く誓ったのである。これまさに「万国のプロレタリア団結せよ!」の「共産党宣言」を思わせるではないか。そして早くも「民主主義戦線」なる用語を使った。これは注目に値する。・・・

 すなわち朝日は、支配層に対置する労働者の戦線(階級闘争)に堅い意志をもって加わったのである。
 敗戦による従来の価値観の崩壊と混沌の真只中で、朝日は目ざとくも、プロレタリアによる民主戦線への参加による延命の道をとらえた。これこそが、「戦後朝日新聞」の原点だと心得ておこう。そして以降、朝日は「民主」なる左翼陣営の機関たるを忠実に実践するのである。
引用終わり

 何のことはない、朝日は強権力には犬となって手先を務めるのが得意なだけでしょう。戦前は日本軍、終戦時にはGHQ、その後はソ連、今は中共と、うるさく干渉してくる相手には手先となり、ほとんど不干渉の日本や米国に対しては好き放題しています。朝日こそ権力のポチそのものでしょう。
posted by 小楠 at 07:26| Comment(6) | TrackBack(0) | 反日マスコミ
この記事へのコメント
日本を否定する三大左翼、@朝日新聞など捏造マスコミA日教組など民意を踏みにじる官僚独裁官公労B社民党のような外国政府のパシリ政党や、日本共産党及びその下級組織あと日弁連やNHKの一部なども。きっと彼等は日本人の皮を被った隣国人なのでしょう。
Posted by カピタン at 2007年01月10日 09:57
ご無沙汰しております。実家では長年朝日新聞購読者だったj.seagullです(苦笑)

朝日が戦後豹変したきっかけは、原爆投下の残虐性を批判した鳩山発言の掲載を理由に48時間(昭和20年9月19〜20日)の発禁処分をGHQからくらったことにあると理解しています。「9月22日付社説・・・」とあるのはGHQによる処分の最初の現れではないかと。。。
GHQのプレスコード検閲下の新聞発行は、自らの記事とその影響に対する「責任感」を薄れさせ、政府批判一辺倒のメディアを産んでしまったのかもしれないですね(朝日を擁護しているわけではありません、念の為(笑))

「うるさく干渉してくる相手」の中には広告代理店も追加できそうですね。メディアが絶対に刃向かえない相手ですから。
Posted by j.seagull at 2007年01月10日 13:33
カピタン様
>>きっと彼等は日本人の皮を被った隣国 人なのでしょう。

外国では国益国防については与野党一致して対外に当たるのですが、日本は野党、マスコミ、一般左翼共に売国行為を平気でやりますからね、日本人とは思えませんね。

j.seagull 様
>>鳩山発言の掲載を理由の発禁処分

このような強権力には屈しただけでなく、提灯記事まで書き出すんですから、可能だとして、国内でもきつーい処分を言い渡したら、どうするでしょうか。
しかし、現国内の世情が全く分らない連中ではありますね。
いつまでも独自の幼稚な社説などで、国民が騙せると思っているところが哀れです。

Posted by 小楠 at 2007年01月10日 17:30
戦争をやれやれとあんなに焚きつけておきながら敗戦になった途端に平和論者になった風見鶏の王様=朝死新聞社。・・・余りにも有名な史実・故事なのに、何故、今でも朝死新聞ガミを買う者が居るのか。つまり買った人は記事など読んでいない事が解りましたよ。天気予報とTV番組表だけ(笑)。その後は便所ガミか焚き付けにでも・・・。朝死でケツを拭くと支那と鮮国のアザが付くから私は買いません。失礼しました。
Posted by ケイさん語録 at 2007年01月10日 18:43
ゴーマニズム宣言を読んでいた際、朝日新聞を表すにふさわしい言葉がありました。「長いものには巻かれろ」。これにつきるかと思います。
Posted by サウザンドキル at 2007年01月10日 22:08
ケイ様
戦前戦中は国民に戦争を煽り、戦後はGHQのいいなり、次はソ連の犬、そして今は中共の飼い犬。議会制民主主義の敵として一党独裁国の機関紙。
朝日は新聞ではなくて特定イデオロギーの機関紙ですね。宅配制度がなくなれば、ほとんど売れないでしょう。

サウザンドキル様
>>朝日新聞を表すにふさわしい言葉「長 いものには巻かれろ」

戦前戦後を通じて、朝日は国益を無視し、基準は自社の利益、存続。そのためには捏造も平気。こんな新聞が未だに続いているのは、宅配制度で惰性の購読者がいるからでしょう。
もう宅配制度も不必要な時代が近づいているようにも思いますがねー。

Posted by 小楠 at 2007年01月11日 07:50
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/3020690
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック