2007年01月06日

左翼の戦争反対は嘘

真の反戦論者は保守主義者

 ご存知の稲垣武氏著「朝日新聞血風録」から、目にとまった部分を引用してみます。
inagaki.jpg

引用開始
 戦後長らく、左翼勢力が論壇の覇権を握った時期があり、そのために戦争に抵抗し反対したのは共産党をはじめとする社会主義者だったという説が支配的となった。確かに左翼の抵抗はあったし、そのために投獄されても節を曲げなかった共産党幹部らは信念を貫いた点で称賛に値する。しかし彼らはいわゆる帝国主義戦争に反対したのであって、戦争一般に反対したのではない。社会主義の祖国とされていたソ連の行う戦争には無条件で賛同していたのである。

 ゾルゲ事件で検挙された元朝日新聞東亜部記者の尾崎秀実は、近衛首相らに働きかけて、独ソ開戦後、陸軍に盛り上がったソ連侵攻論(北進論)を断念させ、英。仏。オランダなど宗主国の力が衰えた南方資源地帯を狙う南進論に傾くよう工作したと供述している。その南進論の結果生まれた仏印武力進駐が太平洋戦争の契機となったことを考えれば、尾崎は戦後喧伝されたように平和主義者でも何でもない。共産主義者として祖国ソ連を守り、世界の資本主義体制の崩壊を促進しようとして、日本と米英といった、彼らのいう帝国主義国相互の戦争へと日本を誘導しようと図ったのである。

 また弾圧を受けて転向した左翼は、雪崩を打って近衛新体制のイデオローグとなった『昭和研究会』に入会した。尾崎もこの主要なメンバーであった。
 『昭和研究会』は私が朝日新聞調査研究室報用の論文でも指摘した通り、転向左翼と革新官僚の奇妙なアマルガム(合金化)であった。そこから反・資本主義、反・自由経済体制、統制経済と挙国一致体制の推進による高度国防国家の建設、世界政策では英米本位の世界秩序であるヴェルサイユ・ワシントン体制を打破した大東亜共栄圏の樹立という、ナチス・ドイツばりの国家社会主義体制の理念が生まれたのも当然であった。
 また左翼転向者のなかには、身すぎ世すぎのために、言論統制の総合機関であった内閣情報局に入って検閲の使い走りをした者も少なくなかった。

 最後まで節を曲げず軍部を批判し、非協力を貫いたのは、むしろ真の意味の保守主義者であった
 『信濃毎日』主筆の桐生悠々も、『福岡日日』主筆の菊竹六鼓も明治の自由民権派の生き残りともいうべき存在であって、彼等の軍部専横、ファシズム批判も、「世論に惑わず政治に拘わらず只々一途に己が本分の忠節を守り」とある軍人勅諭や五箇条の御誓文を論拠としていた。

 従って悠々も六鼓も大正から昭和初期までのマルキシズム、左翼全盛期にはこれらを鋭く批判しているし、1932年(昭和七年)の五・一五事件の際、六鼓は社説でこう書いている。

「何人も知る如く、近来右傾運動の勃発に乗じ、左翼運動者輩が、国家民族の仮面をかむり、ファッショという流行語を借り来たりて、ややもすれば国民を煽動せんとするあり、或いは政治的野心家が、その政権欲を遂げんが為に、陛下の軍隊と軍人に誘惑の手を延ばさんとするあり」

 思想運動には、その時代のファッションとしての面もある。戦前は押しなべて軍国主義の時代であったと信じている若い人たちも多いだろうが、第一次大戦が終わった1918年(大正七年)ごろから昭和の初期までの、いわゆる軍縮と大正デモクラシーの時代には、軍服着用の軍人は街頭で民衆から嘲罵を浴びせられ、外出時には平服に着替えるのが通例だったし、旅団長や聯隊長といった高級軍人までもが、官民合同の宴席にはモーニングを着て参列するほどであった。

 マルクス主義・社会主義の影響は青年将校にまで及び、統制派幕僚として有名な武藤章中将(敗戦後、東京裁判で死刑)の回想によると、多くの青年将校が軍職を辞して「労働中尉」や「マルクス中尉」になった。武藤自身ももう少しで彼等の仲間入りをするところであったが、母親のことを思って踏み止まったという。

 書店にはデモクラシー、社会主義、マルクス主義の雑誌や新刊本があふれ、大正末に出現した当時はやりの喫茶店ではルパーシカ姿のマルクス・ボーイや断髪にレーニン帽をかぶったエンゲルス・ガールがたむろして気炎を上げていた。
 そんな時代に新聞が反軍的な論調を取ったからといって、あまり自慢にはならない。時代の風潮に合わせた面も多々あるのであって、その後の軍国主義時代にもその論調を貫けたかどうかが、本物か、単なるファッションに従ったのかを見分ける試金石となる。
引用終わり

 ご参考までに、 朝日新聞の戦中記事をご覧下さい。政府や軍部ではなく、ずっと戦争を煽っていたのはマスコミです。 
posted by 小楠 at 07:57| Comment(4) | TrackBack(0) | 反日マスコミ
この記事へのコメント
ヤフー意識調査で憲法改正についてアンケートを採ってます。
http://polls.dailynews.yahoo.co.jp/quiz/quizresults.php?poll_id=322&wv=1&typeFlag=1
左翼が動員掛けてるからと言われ、投票してコメントを入れてきました。コメントをいろいろ読んでいると、憲法改正=再軍備(徴兵)=核武装というロジックで感情的にコメントを書いてる人たちが多くて唖然とします。左翼の妄言に惑わされる人は多いのですね。
Posted by おばりん at 2007年01月07日 00:42
おばりん様
このアンケート、昨日見た時は賛成が多数の推移でしたが、逆転していますね。
完全に動員されているようです。
Posted by 小楠 at 2007年01月07日 11:09
夜中になにやってんだw
そして左翼には暇人が多いんだなぁw
Posted by サウザンドキル at 2007年01月07日 21:32
サウザンドキル様
彼らは少数意見を力で通そうとする、
今まで何回もやってきましたね。
彼らの嫌いなファショが彼らの常套手段ですね。
Posted by 小楠 at 2007年01月08日 11:43
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/2962296
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック