2007年01月01日

本年もよろしく

新年おめでとうございます。

旧年中は拙ブログをご訪問頂き有難うございました。

本年も書棚の中からできるだけ多くの書籍をご紹介して

何らかでも皆様のお役に立てればと考えております。

新年が皆様にとって良き年となりますようお祈り申し上げます。

本年もまた、よろしくお願い申し上げます。

小楠
posted by 小楠 at 10:13| Comment(10) | TrackBack(1) | 日本人の独り言
この記事へのコメント
小楠さま

謹んで新春のお慶びを申し上げます

毎日なように、貴重なご著者をご紹介下さり感動を頂いています。おみなとて、燃える思いは同じです。又、コメントの掛け合いも心地よく読ませていただいております。

ところで、小楠さまのお名前は、楠木正成公と関わりがあるのですか。実は、私も菊水の家紋の兜を手に入れ飾っているのです。もし、失礼でなければお話しください。

これからも、楽しみにしています。
Posted by はるか at 2007年01月01日 11:54
はるか様
新年おめでとうございます。
旧年中は拙ブログをご訪問頂いて有難うございました。
これからもできるだけ本当の日本に関する著書のご紹介をしていきたいと考えています。
今後ともよろしくお願いします。
ところで、小楠は、維新の志士に大きな影響を与えたといわれる「横井小楠」という人物にあやかって、僭越ながらHNに使わせて頂いております。
小楠は熊本藩士の次男として、1809年に生まれ、勝海舟、西郷隆盛、坂本竜馬他に影響を与えた方です。
よろしければ、新潮選書で出ていますので、ご覧下さい。
新年が、はるか様にとってすばらしい年となりますよう心よりお祈り申し上げます。
Posted by 小楠 at 2007年01月01日 12:55
明けましておめでとうございます。本年もどうぞ宜しくお願いします。昨年「反日ワクチン」を立ち上げられ、日曜を除く毎日の執筆、そのご苦労は大変だったものと深く感じ入っております。小楠さんが幾多の著書から先哲の述べた真理や道理を通して述べられた中に、かってそうであった様に、これからの進む日本の姿が見えて来ます。このプログが次世代を担う多くの青年男女に読まれることを切望するものです。年初にあたりくれぐれも健康にご留意下さい。
Posted by カピタン at 2007年01月01日 13:32
カピタン様
新年おめでとうございます。
ご一緒に新年を迎えた年からもう二年になりますね。
あの時は奥様にもお手を煩わせてしまいました。
あちらの画像の景色を見ると、思い出します。
本年もカピタン様ご家族にとって良き年と
なりますよう心よりお祈り申し上げます。

Posted by 小楠 at 2007年01月01日 13:41
あけましておめでとうございます。

昨年は、近代史に疎い拙僧にとって、小楠さんの記事は、たいへん勉強になりました。今年も、大いに勉強させていただきます。といっても、しばらくは執筆で忙しいですが…(冷汗)。

本年も、変わらぬお付き合いのほど、お願い申し上げます(礼)。
Posted by おしょう at 2007年01月01日 19:05
おしょう様
おめでとうございます。本年もよろしくお願いします。
旧年中は時事に小説にと楽しませて頂いて有難うございました。
Posted by 小楠 at 2007年01月01日 22:20
明けましておめでとう御座います。今年も宜しくお願い申し上げます。

今年はなんか安倍さんが良い年にしてくれると期待したいですね。

ところで、お気に入りに登録どうもありがとうございます。私は外部の方の登録方法良く判っていないんですけど、ちょっと方法を探してみます。

(*- -)(*_ _)ペコ

Posted by keinoheart at 2007年01月03日 00:24
新年おめでとうございます。 本年が更に良い年となりますようお祈り申し上げます。 これを見ても、徐々に日本が良い方へ向いつつあるようで、 今年はもう一段進んで欲しいですね。 keinoheart様にとっても、すばらしい年になりますように。
Posted by 小楠 at 2007年01月03日 09:58
あけましておめでとうございます。
遅くなりましたが、こちらこそよろしくお願いいたします。反日さんの記事を毎回楽しみにしております。こちらで暫く停泊しては沈思黙考し何とか日本を良くしていく方法は無いものかと無い知恵を搾り出している毎日です。ではまた。
Posted by ケイさん語録 at 2007年01月04日 20:35
ケイ様
おめでとうごさいます。
いつも有難うございます。
掲載内容が少しでもお役に立っているならば、大変嬉しく思います。
これからもどうぞよろしくお願いします。
Posted by 小楠 at 2007年01月04日 22:55
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/2919592
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック

謹賀新年
Excerpt:  明けましておめでとうございます。  今年もよろしくお願いします。  日本は、根本的に建て直しをしなければならないところにきています。昨年発足した安倍内閣は、「戦後体制からの脱却」ということを言..
Weblog: ほそかわ・かずひこの BLOG
Tracked: 2007-01-01 12:05