2006年11月25日

パラオの天皇観

パラオでの御在位奉祝パレードと皇居参賀

「昭和の戦争記念館」第4巻 大東亜戦争その後の中に、パラオで昭和天皇の御在位60年の奉祝パレードがあったことが載っていましたので、紹介してみます。
palao.jpg
他に、このお話も有名ですね。
http://www.asyura2.com/0406/idletalk10/msg/583.html

引用開始
 パラオ共和国では、昭和六十一(1986)年十一月二十三日に、「天皇陛下御在位六十年」の奉祝式典を行い、提灯行列に移った。
 その話を最初に聞いた時には信じられなかった。その写真を貰っても、何だか半信半疑の気持ちが残った。私が現地に出かけて尋ねたら「私たちがやりました」と、写真にうつっている人々が名乗り出てきた。そして紹介されたのが、日本名で、沖山豊美(父が日本人)という人であった。

 彼女は戦前の日本の高等女学校を卒業した唯一人のパラオ人である。女学校をトップで卒業し、五カ国語に通じ、アメリカでは「バロン・オキヤマ」と呼ばれて尊敬されている、と聞く。私の質問に対して彼女は、「天皇陛下は世界で最も尊い方」と前置きしてゆっくり、しかし正確な戦前の日本語で答える。彼女が挙げた、御在位六十年を祝う理由は、次のようなものであった。

@ 世界で一番古い家柄の方である。他のどの王室も遠く及ばない。

A 日本の軍人はペリリューやアンガウルだけでなく、他の戦場でもあれだけ立派に戦った。それは天皇の力であって、アメリカ人もペリリュー島を「天皇の島」と呼ぶようになった。

B 日本人があれだけ真剣に戦った戦争だが、それを一ぺんにやめさせられたのも、天皇の力だった。天皇の命がけの決断で我々も救われた。

C 日本は戦争に負けたのに天皇は相変わらず天皇であられる。こんな例は世界史上例がない。

D その天皇が六十年も在位された。順風の時代に在位されたのではなく、興隆と敗戦の激動を通じてずっと天皇であられた。この僥倖を思うと日本人でなくてもお祝いしたい気持ちになる。

 彼女は淡々として事実を述べる。聞きながら彼女の認識する天皇観は、国際的に見て当たり前のことではないかと思われてくる。
 マッカーサーも昭和天皇にお会いした時にはすっかり感激したし、極東裁判のウェッブ裁判長は敗戦国の天皇が流刑もされず、裁判にもかけられず、何の処罰も受けず、相変わらず天皇であり続けたことは、不思議としか言いようがない、と言っている。

 特に崩御された時の世界の反応には、日本人が驚いた。服喪の政令を発した国は実に三十四カ国。そのうちインド、パキスタン、バングラデシュ、そしてヨルダン、スーダン、タンザニア等、大東亜戦争後独立した新国家が断然多い。
 服喪期間もアジア・アラブ諸国はおよそ三日から一週間(日本は二日間)に及んだ。これらの国々は、日本人以上に天皇の存在を評価していると言えるのではないか。

 天皇に親愛感を持っているのは、沖山さんだけではない。政府顧問をしているイナボさんもそうだ。彼は戦争中ペリリュー島で戦車に対する肉迫攻撃の訓練を受けていた。日本の兵隊さんといっしょにペリリュー島を守りたかったが中川守備隊長は、パラオ人全員を本島に移し、日本軍人だけで戦った。そのために英霊に対して申し訳ないという気持ちが強い。そして今生きているのは、昭和天皇が終戦の御聖断をくだされたから、と思っている。

 忘れもしない、昭和六十三年四月二十六日のことである。彼は娘と姪を連れて日本にやってきた。天皇陛下が御病気なのでお見舞いに来た、と言う。二十九日の「天皇誕生日」には、私たちも彼らを皇居参賀に案内して、日の丸とパラオの国旗を振って「天皇陛下万歳」を何度も唱えた。彼は「陛下のお元気な声を聞けて、安心して帰れる」という。帰途楠公さんの銅像に参り、靖国神社に参拝した。道すがら彼は言っていた。
 「日本で大切なものが四つある。御皇室と靖国神社と桜と富士山だ。これを忘れたら日本は日本ではなくなる」と。

※日米合同式典
 かつて日本の委任統治領に、南洋群島があった。その中心に位置していたのが、パラオ諸島であった。昭和十九年、ペリリュー島とアンガウル島の二つの島の争奪をめぐって、日米両軍は死闘したが、パラオの人々は、その勇戦が忘れられなかった。

 その後パラオは独立し、争奪戦から五十年がめぐってきた。パラオは旧日米両軍の戦友たちを招いて和解と友好のための合同式典を企画し、アメリカから約六百名、日本から八十名が集まり、パラオ大統領が主催の盛大な記念式典が催された。
引用終わり

 ご存知の方も多いと思いますが、パラオは大変親日的な国です。一度は行ってみたいと思っています。
posted by 小楠 at 07:16| Comment(19) | TrackBack(3) | 日本人の独り言
この記事へのコメント
「日本で大切なものが四つある。御皇室と靖国神社と桜と富士山だ。これを忘れたら日本は日本ではなくなる」・・・・良い言葉ですね〜! この様なことを言える日本人は少なくなった現在です。中韓国を除く東南アジア諸国、そしてかって旧日本軍の足跡が残る南太平洋諸国の人々が抱く日本人への親しみ。これが真の日本人像を物語っていると思います。
Posted by カピタン at 2006年11月25日 08:40
カピタン様
>>これが真の日本人像を物語っている

外国から客観的に見る日本をもっと多く掲載したいと思います。
反日や左翼で日本を混乱させたいような輩が如何に卑劣かを報せて行きたいものです。
Posted by 小楠 at 2006年11月25日 09:15
>天皇は相変わらず天皇であられる。こんな例は世界史上例がない。
・全く以てそのとおりですね。”天皇の徳”とはこういうことなんですね。
日本で行われた”大喪”に参列された外国の代表の数は地球の歴史上かつて無かったそうです。今でもその記録は破られていないはずです。式当日一日、日本のTVなどは他の番組を流さなかったそうですね。それを不満に想った多くの青少年いや大人も退屈で死にそうだわと抜いたそうです。Kayならこう言ってやりますよ『一日くらい我慢ができないなんて、どうせ役に立たない無駄人間なんだからギミ達が死んでいいとも』と(笑)。今の日本なら更に情況は悪くなっているんでしょうね。これは国としてとっても危ういことです。反日日本人を懲らしめる記事を沢山書いて頂いて多くの人に読んでもらいたいです。
Posted by ケイさん語録 at 2006年11月25日 10:27
ケイ様
”天皇の徳”とはこういうことなんですね

やはり、権力で皇帝の座を奪い取ってきた他国の王と違って、徳で治めてきたのは日本の天皇だけでしょうね。
だから自分で守らなくても、国民が自然に守ってくれるという状態が続いてきたのでしょう。
Posted by 小楠 at 2006年11月25日 16:45
初めまして。
大変良いお話を、ありがとうございます。

べりリュー島の話、パラオの親日の話、断片的には知っていましたが、これほどとは。。

 私もつたないブログをやっておりますが、本記事是非拙ブログにお越しの方にも知ってもらいたく、小楠様のブログよりの出典明記の上引用させて頂きたく思います。

 拙ブログ確認頂いた上で、ご承諾頂ければ幸いです。
 ご連絡は、本コメント返し、または拙ブログへのコメントにでも頂ければ幸いです。
 勝手を言い申し訳ありませんが、よろしくお願いします。
Posted by tono at 2006年11月25日 23:34
直接現地の人たちと接していた、当時の日本の兵隊の方々も誇りに思いますね。
Posted by sfZ at 2006年11月26日 00:50
tono様
確かおしょう様のところではよくお見かけしますよね。遅くなって済みません。
>>本記事是非拙ブログにお越しの方にも知ってもらいたく

是非広めてください。出典明記の必要もありませんので、ご自由に使って下さい。
パラオでは日本橋の話も有名ですね。
Posted by 小楠 at 2006年11月26日 10:26
sfz様
>>当時の日本の兵隊の方々も誇り

その通りだったようですね。自活、栽培など様々なことを指導したようです。
Posted by 小楠 at 2006年11月26日 10:41
やはり私は、娘たちを連れてパラオに移住します。
反日日本人を相手にしていると、長生きできそうにありませんもの。
焼き鳥でも売ろうかな。
きっと、儲かりまっせ(笑)。
Posted by おしょう at 2006年11月27日 13:37
おしょう様
>>やはり私は、娘たちを連れてパラオに移住します

いいですねー。本当に自然の中の人間としての生き方ができるのは、このような素朴な国なのでしょうか。
Posted by 小楠 at 2006年11月27日 15:08
昨夜のうちにコメントしたかったのですが、早く就寝してしまいました。パラオのオレンジビーチの謂れを初めて知った時は涙が止まりませんでした。この国がアメリカから独立する時に、日本は公式にお祝いしていないのでしたね、許せません。是非行ってみたい外国の一つです。
Posted by おばりん at 2006年11月27日 18:43
おばりん様
>>オレンジビーチの謂れを

海の色が変わったといわれてこの名がさいたらしいですね。
日本軍も最後は15人になったとか。
今ではいいリゾートホテルも多いようで、海も綺麗な透明のようですね。
Posted by 小楠 at 2006年11月27日 20:42
はじめまして
貴ブログを読んでいて感激して涙があふれてきてしまいました。こんなに素晴らしい国に生を受けたことを本当に誇りに思わなければ戦陣に倒れた英霊に失礼ではないかと思わずにはいられませんでした。貴ブログの記事を拙ブログでも扱わせていただきたいと思います。よろしいでしょうか?
Posted by かついち at 2007年07月08日 17:21
かついち様
コメント有難うございます。
>>貴ブログの記事を拙ブログでも扱わせていただきたいと思います

是非、こちらからもお願いしたいくらいです。
今の教育も、マスコミも先人の立派な行いを余りにも隠蔽しすぎですね。
せめてネットでは、どんどんアピールしたいと思います。
これからもよろしくお願いします。
Posted by 小楠 at 2007年07月08日 17:44
Posted by ほの暗き闇の底 at 2007年07月12日 22:10
ほの暗き闇の底様
>>アジアからの声
フラッシュのお知らせ有難うございます。
反日マスゴミや日教組の組員が隠蔽するこれ等の事実を、せめて何とかネット上でより多くの人達に広めたいものですね。
Posted by 小楠 at 2007年07月13日 07:38
日本人が質素で礼儀正しく和を重んじ義理堅いから その象徴として天皇陛下がおられる伝統を大切にし先祖両親兄弟を大切にしない様では とても2000年以上の歴史は無理 天皇陛下の尊さは 有史以来2000年以上守り抜いた日本人の尊さだと自分は思います
Posted by masashi at 2007年08月06日 23:04
masashi 様
世界が羨む家柄ですね。
日本人は身近にいるから、その価値が解り難いのかも知れません。
このあたりのことは外国人の方が、よほどその価値を知っているのではないかと思えます。
Posted by 小楠 at 2007年08月07日 16:10
親日国家パラオに日本からのデルタ航空の直行便が解説されますね。

北朝鮮・韓国や中国のように国家ぐるみで反日教育を行っている国の文化、とくに韓流ブームなどというさして面白くもないことをブームとして煽っている日本のマスゴミには飽き飽きしています。

パラオのような国となかよくしていきたいですね。
Posted by ネオニート薬剤師 at 2010年11月16日 01:39
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/1827193
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック

パラオでの天皇御在位奉祝パレードと皇居参賀 に思う
Excerpt:  「反日ワクチン」さんのブログを覗いたら、素敵な記事が有ったので、是非紹介したくて揚げてみた。 管理人の小楠さんに問い合わせた所、快く記事の引用の了承を頂いた。 この場を借りて、心より御礼申し上げる。..
Weblog: 切捨御免!トノゴジラの放言・暴言
Tracked: 2006-11-26 20:45

パラオの桜と英霊
Excerpt: パラオの桜と英霊 紺碧の空と海に囲まれたパラオ ---------- 南海の親日国家日本の国旗を模したパラオの国旗  殺伐とした議論が続いた。ここで、パラオについて再掲する。パラオ共和国(Repu..
Weblog: 博士の独り言
Tracked: 2007-07-01 21:37

親日国家・パラオ
Excerpt: 反日ワクチン様のブログで以下の記事が載せられていましたので、承諾いただいた上で拙ブログにも掲載させていただきました。反日ワクチン様、ありがとうございます。 (以下引用)  パラオ共和国では、昭和六..
Weblog: 新・平成徒然草
Tracked: 2007-07-08 18:05