2006年11月09日

汚職大国ロシア

 今日はもう一つ、ロシアの汚職は国家予算に匹敵するらしい。中国と首位争いか!
アンナ・ポリトコフスカヤさんの本にもあったように官僚の腐敗は目を覆うばかりですね。共産主義体制に逆戻りしているかのようなロシアの汚職。
日本の反日、左翼が目指している体制の実態はこれでしょう。
また産経だけかな?
http://www.sankei.co.jp/news/061109/kok007.htm
posted by 小楠 at 08:58| Comment(2) | TrackBack(0) | 共産主義の実態
この記事へのコメント
ロシアまで汚職まみれだったとは思いませんでした・・・・。
中国は汚職国家ですしね。ホント共産主義は汚職を広げる害悪ですね。
日本がこんな国にならないようにしないといけないですね・・・
Posted by サウザンドキル at 2006年11月09日 12:58
サウザンドキル様
>>共産主義は汚職を広げる害悪です
ね。

中国も、今のロシアも人治の国になってしまったのでしょうね。権力者、党員の都合で一般国民などはどうにでもなるんでしょう。
日本の反日左翼はこれがやりたいのでしょう。
Posted by 小楠 at 2006年11月09日 13:08
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/1684946
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック