2008年06月11日

覆面を脱いだIIL

飛行機上の美談

 ご存知の方には興味深い本ではないでしょうか。インド独立とは切っても切れない人物・藤原機関のご本人(明治四十一年生れ)の著です。
 表題は「F機関」副題として「インド独立に賭けた大本営参謀の記録」となっています。昭和六十(1985)年初版の本から抜粋してご紹介します。

引用開始
 飛行機が断雲を縫うてチュンボン沖に差しかかったころ、プ氏は座席を立って私の座席に近寄った。松井機長の立派な人柄を賞賛したのち、泰貨幣500パーツを入れた封筒を示して、松井機長始め搭乗員一同に謝意の印として、さしあげたいと申出た。私はプ氏の折角の好意でもあるのでその旨を機長に告げた。ハンドルを操縦手に託して客室に入ってきた松井機長は、しばらく恐縮の面持で返事に窮した様子ののち、プ氏に次のように申出た。
「私は、祖国解放のために身を挺して戦場に向われる貴下達印度の志士をお送りできるのを無上の光栄と思っている。私の気持ちは、このまま貴下にお伴して行って、貴方の仕事に奉仕したいほどの気持ちであるが、それは不可能なことである。貴下から私に感謝の賜物をいただくことは重ね重ねの光栄と思いますので有難く頂戴する。
 そして改めて、私からこれを貴方に尊い運動の資金に献納して、私の気持ちの一端を表したいと思います。どうぞ受け取っていただきたい。私は、貴方の殉国的運動が成功を収め、印度の同胞が一日も早く輝かしい自由の日を迎えるようお祈りします」と述べた。プ氏の眼にも、機長の眼にも、立会っている私のまぶたにも、真珠のような清いものが光っていた。・・・・・

 日本軍の進撃は、疾風のごとく快調であることがわかった。
 私がこのような状況を承知し終わった頃、一将校が快ニュースをもたらした。日本海軍航空部隊がクワンタン沖で英極東艦隊主力艦プリンスオブウェルス、レパルスの二隻を捕捉轟沈させたというニュースであった。軍司令部の一角で万歳の叫びが上がった。・・・・
 土持大尉は、田代氏が住んでいた町はずれの粋な二階建ての住宅をIILの本部にすばやく準備し、F機関本部は大南公司の小さな店先に位置するように手配していた。土持大尉の案内で、私はIIL本部となる予定の家を見に出かけた。早くもこの町の印度人の数名が先着していた。プ氏も私も一見して満足した。
 大尉のこの心使いを私は何よりも嬉しいものに思った。プ氏も心から喜んでくれた。プ氏は直ちにバンコックから携行してきた印度の大国旗を二階のベランダに掲げた。国旗を掲げるプ氏の手は感動に打ち震えていた。薄桃色、緑、白の三色地にインドの悲願を象徴する紡車をおいた民族旗は、まぶしい茜色の落陽を浴びてはためいた。国旗に面して祈りを捧げるプ氏の塑像のような厳な姿は、この民族旗と落陽の光に荘厳に映え輝いた。仰ぐ私達は暫時己を忘れて感激に浸った。続いて大布に印度語と日本語で印されたIILの看板がベランダの手摺にはりひろげられた。これこそ、IILが覆面をかなぐり捨て、公然、決然祖国の自由と解放を求めんとする闘争の宣言であった。・・・・

 翌11日朝、サダオ方面国境の同志糾合に向うプ氏に同行した。戦争の方向に驀進しつつあるプ氏は突然私の顔を見つめつつ、「少佐は家族がおありか」と尋ねた。私は、意外な話題を持ち出したプ氏の気持ちを測り兼ねつつ、「あります。家内と三歳と一歳の女児があります。東京で留守をしております。母や兄弟は田舎におります。皆私の生還は期してはおりません。貴方は」と答え、かつ尋ねた。プ氏はうなずきながら「そうですか。私も妻があります。しかし結婚早々国事に志した私は、この最愛の妻を残して参りました。親もあります。私がこうして公然反英独立闘争を開始することになったら、家族は英官憲のために拘留されるか、さもなければ厳しい監視を受けることとなるでしょう。彼らの上に、非常な苦難が重なるでしょう。しかし、私は祖国と同胞を解放するために、私達の家族を捨てなければなりません。家族もきっとそれを喜んでくれるでしょう」としみじみと一語一語かみしめるように語った。私は信仰に厚く、祖国に対する燃えるような愛情をもつ、この純情なる革命家には、その家族に対しても人並以上に熱烈な美しい愛情の血がたぎっているに違いない。その燃える愛情をころしてより大きな国家、民族に対する愛情を志さんとするプ氏の想いを察して限りなく同情した。私は、日本軍の将兵が、皆プ氏と同じ心境で外征に従っていることや、その家族がそれを無上の光栄とし、惜別の哀愁を克服し,歓呼して夫や子供を戦地に送り、老幼婦女子が一致協力して家業を守る美しい国民の習性を話した。更に社会や国家はその家族の名誉を讃え、物心両方面にわたってその家族を庇護する伝統を付言した。・・・・

 ハジャイのあちこちの町の角には、プ氏が携行したIILの宣伝ポスターが張り出されていた。沢山の印度人がその前に群がっていた。
 午後、IILの本部の前庭に続々町の印度人が参集した。老幼男女取混ぜて二百名にも達したであろうが、これがこの小さい町の印度人の大部であろう。
 プ氏は、祖国の国旗翻るバルコニーに立ってヒンズー語で処女演説の熱弁を振った。
 一印度人がタミール語で通訳した。氏の口から一句一句がほとばしるごとに、聴衆は熱狂的拍手を送った。語調は高くはなかったが、祖国の自由を闘いとらんとする強烈なる情熱と意志があふれていた。

 去る八日朝、日本軍のため突如暁の夢を破られ、日泰両軍銃声に驚愕して以来、不安の念にかられていた印度人民衆は、この大会により一変生気と安堵と民族的意識とを取戻した。
 次の日12日、プ氏は更にヤラの同志を糾合してIIL宣伝班二組を編成し、その一組をヤラーベトン道を急進中の安藤支隊の方面に派遣した。F機関より米村少尉と神本君が連絡班として同行した。なおハリマオ一派も米村少尉指導のもとに、この方面より英軍内に潜入していった。別の一組は、折柄開通した軌道車に便乗してコタバルの戦線に向かって出発した。F機関から瀬川少尉と橋本、長野両君が連絡班として同行した。
引用終わり
posted by 小楠 at 07:33| Comment(0) | TrackBack(0) | 書棚の中の人物
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/15902683
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック