2008年04月24日

知ってはならない歴史

だれが、何を知られては困るのか?

 若狭和朋氏の著「日本人が知ってはならない歴史」という本をご紹介します。教育学博士若狭氏は、公立高校の教師を平成15年に退職後、現在は人間環境大学講師です。これは特にお薦めしたい本です、是非購読してみて下さい。
wakasa01.jpg

先ずは序章の一部から引用します。
引用開始
「知ってはならない歴史」というのは、知られては困る歴史という意味である。私たち日本人に知られては困る歴史・史実とは何だろう。だれが困るのだろうか。
 ずばり言えば、日本人のなかでは日本のメルトダウン(融けて倒れる・融倒)を期待する劣情を秘めている反日的日本人である。ならんで、中国・韓国・朝鮮・ロシア、ひいてはアメリカである。
 中華人民共和国を支配する中国共産党の正統性は、日本帝国主義の侵略から中国人民を解放したという「歴史」を土台にしている。朝鮮民主主義人民共和国についても、事情は同じである。「抗日・解放」が朝鮮労働党支配の正統性の根拠である。
 しかし、心ある歴史家なら、これらの抗日解放の「歴史」は史実に反する偽史であることを知っている。早い話が、抗日パルチザンで「英雄」だった金日成と、ソ連軍に担がれて北朝鮮の支配者になった「金日成」は、まったくの別人であることは公然の事実なのに、この事実は「知ってはならない」のである。これを知らない人が本当にいるのなら、その人は単に無知であるにすぎないか、あるいは「知ってはならない」政策の犠牲者にほかならない。金聖柱ソ連軍大尉が、突如、金日成となり本人を知る人々は仰天した。

 日本が中国を侵略したというが、日本と中国の戦争は日本が始めたものではない。盧溝橋事件だけのことを言っているのではない。今日では、同事件での日本軍への射撃は共産党の工作であることが明らかになっている。・・・
 私は単に共産党の工作のみを指摘しているのではない。現地解決の和平をぶち壊した「通州事件」の工作を言うだけでもない。昭和十二年の上海事変は蒋介石の主力十個師団余が二十万の兵力を集中し、五千余の日本海軍陸戦隊と十万余日本人(女性・子供を含む)を全滅させようと企図した事件である。蒋介石はドイツの元参謀総長ゼークト(第一次世界大戦の名参謀総長とうたわれた)と彼のスタッフを顧問団に招き、軍の編成、訓練ならびに実戦の指導を依頼していたが、これはソ連とドイツのラッパロ条約を背景にしている。
(ラッパロ条約・・1922年4月26日、ソ連とドイツの間で結ばれた秘密条約。ドイツ国防軍もソ連赤軍も密かにドイツ主導のもとで進められた。蒋介石はソ連の仲介でゼークトたちを受け入れていた。)
 第一次世界大戦の敗戦国ドイツは、この密約により、列強の包囲下にあったソ連軍建設の指導に当るとともに、密かにドイツ国防軍の再建の骨格を準備していた。空軍や機甲師団建設の準備はソ連国内で進められていたのであった。これも今では周知の事実である。
 国共合作により蒋介石軍の中にソ連の影響力が一気に広まっていった。
 上海事変はこのような国際的背景をもっている。・・・

 救援の日本軍と激戦ののち、蒋介石軍主力は撃破され、首都南京に敗走した。やがて南京も陥落するわけだが、「南京大虐殺」のウソが蒋介石の工作で宣伝された。
 ラーベやティンパリーらは、工作費を受領して蒋介石の工作に従事した者たちであることを近日の学的研究は明らかにしている。彼らは工作員なのである。・・・・・
 今ここで私たちが「知ってはならない」中国人のささやかな「常識」について触れておこう。
 日本人は、奈良と聞けば大仏とか古都とかを連想する。中国人は、南京と聞けば中国史の「大虐殺」を連想する。日本軍とかは無関係に、南京と聞けば「南京=大虐殺」なのである。清末の太平天国の天京(南京)陥落の際の湘軍(「官軍」)による大虐殺は凄惨を極めた。古くは隋の虐殺、侯景の乱での「南京大虐殺」は『資治通鑑』を読む者をして絶望的な気分に陥らせる箇所である。中国人にとって南京とは虐殺の都なのである。
 中国人には虐殺のない戦争というものが念頭に浮かばない。虐殺はなかったと聞かされても信じることができない。日本軍が虐殺しなかったとは信じられないのである。これが中国人の思考の制度なのである。また支配者=中国共産党は、人民がこのことを信じたら絶対的に困ることなのだ。虐殺の存在は支配の正統性を保持するための絶対的必要条件だからである。・・・・

 中華人民共和国には日本の「戦争責任」などを口にする資格は、全然、ない。逆である。
 日本が交戦したのは「中華民国」である。当時の共産党「軍」は交戦団体として、何らの資格要件を具備しない単なる匪賊にすぎなかったのである。どうもわれわれ日本人は共産党「軍」が当時は匪賊(共匪といった)の群にすぎなかった事実を、そして匪賊がソ連その他の援助をバックに、民国政府が日本との戦争で疲れ果てたときに背後から襲いかかり政権を奪取した事実を、ともに忘れつつあるようだ。それは「知ってはならない歴史」だからであり、日本人のなかの劣情日本人が、劣情イデオロギーで日本の教育とメディアを占拠した戦後の時期に「知ってはならない歴史」を編んだ、からである。
 劣情日本人の背後にはアメリカの権力が控えていた。アメリカは占領当時は非常にバイアス(偏向)のかかった認識を抱いていた。・・・・

 日本を打倒したことにより、瞬時にして支那・満洲・朝鮮・その他東南アジア諸国がソ連と共産主義に席巻される事態が現出するさまを見て、そして朝鮮戦争で脳天をしたたかに殴られたのちに、初めて理解できたのである。日本が満洲・朝鮮・支那で頑張っていた「意味」をアメリカはようやく理解したのである。しかし、「理解」に達する前の「誤解」による日本解体の遺産は日本に深刻な後遺症を残した。昭和二十年九月二日の降伏から、日本は昭和二十七年四月二十八日(昭和天皇の誕生日の前日)に「独立」を回復するまで、七年間の占領という追撃戦をしかけられていたのである。日本人の多くが追撃戦を知らないのは、「知ってはならない歴史」だからである。
 朝鮮戦争においてマッカーサーは、満洲を敵の勝手にさせていたのでは朝鮮の戦局の挽回が不可能なことを理解したが、この理解は彼の解任という結果を招いた。帰国した彼は上院の外交軍事両委員会で日本が戦争をしたのは正当防衛(自衛戦争)であったと述べるが、この重大なニュースを報道した日本のメディアはない。劣情日本人のイデオロギーが戦後日本の言語空間を壟断していたからであり、彼らの劣情からすれば、この事実は国民が「知ってはならない歴史」にほかならないからである。
引用終わり
posted by 小楠 at 07:18| Comment(5) | TrackBack(0) | 書棚から真実を
この記事へのコメント
下らん低学歴右翼学者の能書き
Posted by くだらん at 2009年02月09日 15:54
くだらんさん>
すっかり洗脳されてるね!
ファシズムは行けないよ
問題は事実に基づいているかどうかで、妄想と押し付けじゃないんだから。
Posted by あまり at 2009年05月21日 08:33
ドイツ-ソ連蜜月関係なんか常識ですよ、なにを今更。こんなのわざわざ恥かく為だけに出版しなくても。平和ボケ外交オンチもいい加減にしろ、こういう著者が自分をインテリだと思い込んでるのかね。
なにをもって歴史的事実を「知ってはならない」なんて決め付けるのか、余計なお世話だ。言論の自由の敵の実物見本だねこりゃ、絶句。
Posted by アナベル・加トー少佐 at 2009年06月06日 06:59
「中国との約束により」、 少数の日本軍が、 中国にいました。

もちろん、 非は、 多分に、 中国側に、あります。

当時、 日本は、 中国に投資して会社をたくさん作っていましたが
それを奪い取るために、 中国側が、しかけてきたのです。


「 日本軍が、 中国領内で戦ったんだから、 日本が、 中国を侵略したに間違いない 」
というようなことを言う人が、 いますが

アパートのオーナーが、 そのアパートの住人に強盗を働けば、
いくら 「 このアパートは、 おれのものだ 」 といったって、
強盗であり、 犯罪者ですよ。


当時の中国は、 紛争が激しく、 国として形を成していませんでした。
そのため、 さまざまな国が、 「治安維持」のため、 中国に兵士を置いていたのです。

アフガニスタンにも、 多数の国が、 兵士を置かれていましたが、
それは、 侵略なのでしょうか?

アメリカも、 中国のテロを受けて、 報復攻撃をしていますが、
当時一番被害を受けていたのは、 日本だったので、
「日本がどうにかするだろう」という、 他国の期待もあり、 シナ事変に突入したのです。


盧溝橋事件については、 中国共産党が仕掛けたものだ、 ということで、
一応、 決着はついています。


「 堤防沿いに、 発砲許可を持った兵士が配備されていた 」、と、
共産党の兵士も、 認めています。

日中両軍が、 対峙している状態で、 日本陣地に、弾丸一発が撃ち込まれ、
その後、 実は、 「 停戦協定 」を結ばれていました。

しかし、 日本からの和平の使者が、 青龍刀で斬り殺されるなど、
中国のテロが、 収まりを見せませんでした。


中国軍が、 上海に、 大軍で攻撃してきましたが、
上海には、 少しの日本軍しかいなかったので、
中国軍へ、 有利に反撃するために、 中国へ日本軍を送りました。

中国軍が、 降服せず、逃げるので、 南京まで攻めましたが、
それでも。 中国軍が、 降服せず逃げました。

日本軍は、 中国の各地を占領して、 中国が、 降服するのを待ちました。


「 日本との約束により 」、 今現在、 基地を根城として、
アメリカ軍の将兵らが、日本にいますが、

誰か、日本国籍を保有している者らが、 彼らを襲撃し、
その命を奪ったり、 強盗や強姦を行ったりしたら、 それは、犯罪であり、

その犯行現場で、正当防衛として、 アメリカ軍将兵らに反撃されても、
法の下で、 罰せられても、 それは、 当然であり、


犯人らが、 日本の在来所有者・主権者は、 自分ら、日本人だから、
日本の領域内では、 外国人らに対して、 何をしても好いのだから、
自分らは、愛国無罪だ、 と、言い立てても、
免罪すべき理由には、全くなりませんが、


「 中国政府との約束の下で、 日本人達が、中国に居た 」、という事を以って、
中国勢によって、 非人道的・非法行為を被った日本人側を非難する者たちは、
日本国籍の保有者であると無いとに関わらず、
中国共産党の理不尽なプロパガンダの言動外観上の実質的な担い手となっており、

日本人向けに、不法の精神に則る事をそそのかし、
煽動する体をとり続けて来ているのだから、

彼らを一般社会から追放すべく、 新しく法を立てて、
北海道の原野にでも、 彼らに相応しい自由な社会を建設させる位の事は、
そろそろ思考視野に入れても、好い頃合ではないかな、と思われます。
Posted by 諸哲通観 at 2010年05月22日 18:59
素晴らしい。
東条由布子さんが、「しがくセミナー(泉水隆一監督作品 「凛として愛」上映後講演)」でこの本を絶賛しております。
GHQが日本を支配するために使ったメディアは、
新聞:朝日新聞
放送:NHK
書籍:岩波書店
を使ったとはっきり言っております。彼らが売国奴に成り下がったのはそのためです。

近いうちにブログで紹介させていただくかもしれませんので、ごあいさつさせていただきました。
Posted by 間 發中男 at 2011年12月02日 00:35
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/14358604
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック