2008年03月29日

日本の法律無視の来航

威嚇による条約締結

今回ご紹介している「ヤング ジャパン1」の著者ジョン・レディ・ブラックは1827年スコットランドに生まれ、海軍士官となった後、植民地のオーストラリアに移って商業を営んだが、友人から聞かされていた美しい景色と人情の国日本訪問を考えていた。事業の失敗後、本国へ帰る途次に観光程度の気持で立ち寄った日本に結局十年以上も滞在し、日刊の『ジャパン・ガゼット』を発行しました。本書「ヤング・ジャパン」は1880年(明治十三年)に出版されています。
写真は横浜の外国人居留地
youngj3.jpg

引用開始
 英艦フューリアス号は、エルギン卿を乗せて、(以下オリファント氏の描写)「海岸から約三マイル、この帝国の首都から約五マイルの距離にあって、日本艦隊からほど遠からぬ」江戸沖の碇泊地へ、首尾よく来ていた。もちろんただちに一団の役人が訪ねて来て「『神奈川へ帰れ』という文句を繰り返した」。
 エルギン卿は応じないで、同日午後首席老中あてに陸路手紙を送り、訪問の目的を詳述した。すなわち「条約を結び、帝王にヨットを贈呈したい」と。さらに「陸上に適当な住居を提供してもらいたい」と要求した。日本艦隊は、「オランダ政府から購入した二隻の大型横帆船と、かなり小型の外輪船一隻と、三本マストのスクーナー船一隻からなっている」といわれていた。・・・翌々日、陸上の住居に関する申し出に対して高位のる回答が来て、一行は八月十七日上陸した。

 オリファント氏は書いている。――「当日の朝、儀式を盛大に行うために、大準備がされた。数名の日本の役人が来て、使節に従って上陸する手筈をととのえた。われわれが日本側のボートで上陸する、と彼らは明らかに思っていたらしい。だから、自分達が、大勢の正装した艦隊員とともに、リー号に乗せられ、またスマートな乗組員を乗せて、軍艦旗をはためかせて、整然として、陽気に見える十三隻のボートをひきいていった時、彼らは少なからず驚いた。レトリビューション号、フューリアス号、そしてヨットはみな飾り立てられた。砲台を通過する時、小さなリー号が荒々しく蒸気をたて、かなたのジャンクの間をぬって走った時、われわれが浅瀬や砂州を全く無視しているのを見て、日本人達は呆然としていた」。「ついに水深測量が七フィートに達すると、リー号でさえも船底が砂地についたことを知り、われわれは錨をおろしてボートに移った。そうしている時、各艦は礼砲をとどろかせ、レトリビューション号の軍楽隊は外輪船の中で、『英国国歌』を奏し始めた。他のボートは、船首に真鍮製の大砲をつけた四隻の外輪船の間に、エルギン卿の長官艇を中心にして船列をつくった。この隊列で、われわれは岸に沿って三マイルばかり進んだ。


 この光景は、これまで日本人が見たこともないものなので、われわれが迅速着実に進むにつれて、もの珍しさから、たくさんの小舟が押し寄せてきて、われわれを近くで見ようとした。上陸地点はほぼ市の中心にあり、海面に沿って緑色の砲台で守られていた。ところどころ形のよい木の植えてある草原の斜面は、人口稠密な都市の中でも、最も人口の密集した所を訪れるどころか、むしろ公園に近づいて行くような気分を起させた。われわれは湾から、橋のかかった、小さな入江に入っていった。ところが非常に浅くて、小さなボートでも、石段の下まで進むのはかなり困難だった。われわれは、ここは、この国の最高の役人だけが使うことになっている上陸場所だ、と教えられたので、この不便さを慰められた」と。

 一行は、これに先立つ二週間ばかりの間、プチャーチン伯爵がこの首都に、ロシア皇帝の代理として滞在していたことを知った。しかしロシア艦隊は神奈川沖にとまっていた。
 私はこの点を心に留めた。というのは、ペリー提督にしろ、ハリス氏にしろ、エルギン卿にしろ、外国の交渉者はすべて、条約を獲得するためには、この国の法律を無視し、友情と見せかけて、実際には、威嚇で目的を達したことを忘れてはならない。

 日本の役人は、1853年(嘉永六年)にペリー提督の乗って来た艦隊が、1854年(安政元年)に約束に従って再びやって来た時、不気味なほど増加されているのを知った。そして軍艦を強力に誇示して、この断固たる海軍軍人外交官が、表面上いかにも優雅であるが、実質は極めて厳然と威力を行使していることを、彼らは知った。ペリーの言葉は密よりも甘かったが、そのやり口や、軍艦が目前にいるということは、あらゆることを大成功させた。
 ハリス氏には、自分を力づける艦隊がなかった。それであるから、中国における英仏軍勝利という成功の噂を巧みに利用した。すなわち中国で銃剣を突きつけて条約をかちとった外交官は、同じ目的を達するために必ず日本に来る、と指摘した。そこで、もし米国と条約を結んでおけば、日本とこの強大な西欧両国との間に紛争が起った場合は、大統領が調停者になると約束した。
 エルギン卿は強力な艦隊を伴っていなかったが、彼は自身に「輝く名誉」をおびてやって来た。英国の外交官の中で、最も公正で、良心的な一人である彼でさえも、ためらうことなく、成功の見込みのある唯一の手段を使用した。
 多くのことについて語って来たが、もう一つだけつけ加えよう。日本政府はいかんともしがたいことを知り、またはそれを予想したので、快く譲歩し、短い英国使節の訪問を、この上なく完全に楽しいものとした。
 条約は八月二十六日に調印された。
引用終わり
posted by 小楠 at 07:23| Comment(4) | TrackBack(0) | 書棚の中の日本
この記事へのコメント
小楠さま

お願いがあるのですが、今日、コメント欄から以前の記事で、「国旗 国歌」の所のコメント欄でご紹介されていた動画(大東亜戦争)を拙ブログでご紹介させていただけないでしょうか? お返事頂ければ幸いです。
Posted by はるか at 2008年03月31日 21:37
はるか様
ケイ様のコメントにあるものだと思いますが、是非多くの方に広めて欲しいと思いますので、よろしくお願いします。
それから、よろしければ、はるか様のブログのURLも教えて頂けますか、是非拝見したいと思います。
Posted by 小楠 at 2008年04月01日 07:14
小楠様

ケイ様のコメントのものです。とても感動しました。漠然とは信じていても、あのようにメッセージを頂けたら、日本の国は本当に感謝されているのだと知って嬉しかったです。
URLを載せましたので、宜しければ、お越しください。
Flashの許可を頂きありがとうございました。 何度か、試みているのですが、変換が出来なくて、まだ、載せることが出来ていませんが、再度挑戦したいと思っています。
これからも、どうぞ、宜しくお願いします。お礼が遅れて澄みません。
Posted by はるか at 2008年04月02日 23:45
はるか様
ブログ拝見しました。お知らせ頂いて有難うございます。
日本人の持つ親切や優しさが伝わってきます。
子供たちの情操面にも大切な内容ですね。
それから、FLASH ですが、そちらのブログで、EMBED タグの使用ができるようでしたら、投稿時に以下のように貼ってみて下さい。
ここから
<EMBED SRC="http://josaito.cool.ne.jp/dgazo/japan.swf" WIDTH="500" HEIGHT="350">
ここまで
これで表示されるはずです。
Posted by 小楠 at 2008年04月03日 09:48
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/13280838
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック