2008年03月27日

ペリー提督の米国条約

ペリーの威嚇による開国要求

今回ご紹介する「ヤング ジャパン1」の著者ジョン・レディ・ブラックは1827年スコットランドに生まれ、海軍士官となった後、植民地のオーストラリアに移って商業を営んだが、友人から聞かされていた美しい景色と人情の国日本訪問を考えていた。事業の失敗後、本国へ帰る途次に観光程度の気持で立ち寄った日本に結局十年以上も滞在し、日刊の『ジャパン・ガゼット』を発行しました。本書「ヤング・ジャパン」は1880年(明治十三年)に出版されています。
youngj01.jpg

引用開始
 日米間の最初の条約は、1854年に結ばれた。この時、米海軍提督ペリーがアメリカ合衆国の全権使節であった。横浜が交渉の行われた場所であって、このことだけで、横浜は日本歴史において、いつも有名になるに違いない。ペリー遠征隊は、三隻の蒸気船と六隻の帆船、計九隻から成っていた。この艦隊は横浜沖に戦列をしいて錨をおろした。
日本側は提督をむかえ、会談をひらく準備をした。広い木造の建物が大急ぎで建てられ、あらゆる点で、外国人に心地よいように用意されていた。ペリーは前年浦賀沖へ始めて到着して以来、あらゆる機会に、高飛車で尊大な態度を取っていたが、今度も条約を譲歩ではなく、権利として要求した。多くの反対意見が出たが、ペリーはこれになんの考慮も払わないと、きっぱり拒絶して、目的を達した。協定は調印された、それによると、日本人は、沿岸で難破したアメリカ国民に好意と援助の手を差しのべ、アメリカ船が要求した時には、食糧薪水を供給し、さらにアメリカとの貿易のために、下田、箱館、琉球の那覇を開港せねばならなくなった。ペリー提督が立ち去って数カ月すると、かわって英国東インドシナ艦隊司令長官スターリングがあらわれ、イギリスを代表して同様の条約を締結した。

 ドンケル・クルチウス氏は、長崎におけるオランダ人の状態を改良する協定を取り決めた。1857年(安政四年)に、プチャーチン伯爵はロシアのための条約を結んだ。しかしこれらの条約は、すべて前奏曲にすぎなかった。一層完全な通商条約が1858年に米国全権ハリス氏と、大君(徳川将軍)との間に結ばれた。続いてただちに日英間に同様の条約が結ばれ、すこし後にフランス,オランダ、ロシアが続いた。これらの条約によると、神奈川、長崎、箱館が1859年(安政六年)七月一日に、また江戸、大阪、兵庫、新潟が1863年(文久三年)一月一日に開港されることになっていた。

平和裡ではあるが、威嚇によって結ばれた条約
 ペリー提督は、目的達成のために取った方法と、日本と結んだ条約とで、非常に称賛された。しかし、もし理論家と人道主義者の原理が正しいとすれば、ペリーが1853年(嘉永六年)に条約申し入れのために到着した時から、1854年(安政元年)に条約をたずさえて退去した時までに取った「威張る」というやり方が、全然まちがっていたことは、まったく確かだ。

事実は、彼が確かに自分の使命の目的を達成し、世界は彼の取った方針を是認しただけだ。しかしながら、厳密にいえば、彼がこの国の法律にそむいて江戸湾に侵入し、幕府役人の抗議を無視して勝手に碇泊地を選んだ行為は、もっとも非難されるべきだった。かりに日本船がアメリカの港で、港湾規定に反したやり方で、または場所に碇泊したとしたら、これに対しては素早い処置が取られるだろう。・・・
 ペリー提督とタウンゼント・ハリス氏が平和裡に条約を締結したことは承認されるが、いずれの場合も、権利に対する力の勝利であった。ペリーは、おとなしい人々をおどかすのに十分な武力をもってやって来た。おとなしい人々は、いわば「あのいまいましいドルを欲しがる外国人によって、やむを得ず開国させられた」のだ、そしてその武力は彼らをおどかした。
 ハリスは、上述のおとなしい人々に対して、最近の英仏艦隊の中国における勝利の結果から気づかわれる恐怖を描いて見せて――すなわち両国艦隊は両国君主の使者を乗せて、日本に迫っており、中国で行ったように日本にも条約を押付ける――目的を達した。「平和裡の勝利」とはこんなものだ。どっこい! ペリー提督自身がこんなに勇ましく公言しているではないか! 
「この極めて利口で、ウソつきの国民と交渉する場合には、以前に文明諸国および未開国の住民との数限りない接触で得た経験を援用するのが有益だ、ということを知った。この経験は、儀礼的な国民と交渉する際には、あらゆる儀式を排除するか、さもなければ、頭から、こけおどしをかけて、ヘロデ王(注)以上に、暴虐に振舞う必要があることを、私に教えている」と。
(注)ヘロデ王(西紀前七十三?−四年)ユダヤの王。幼児のキリストを殺すために、ベツレヘムの幼児全部の虐殺を命じたといわれる王。

 これは「浦賀か鎌倉に碇泊せよ」という日本の催促を彼が拒絶し、あくまで両地よりも江戸に近い地点で、交渉を強行しようとした態度の言訳だ。彼は主張を通し、横浜が名誉ある場所となった。もっとも、どんな利点が浦賀よりも横浜にあったかは、いいにくいだろうけれども。「平和裡の勝利」の側に、一点を加える利点の他には。

エルギン卿の使節団
 同様にして、エルギン卿のすばらしい経験を見ようではないか。それは「日英双方における数多くの友愛の表明」のうちに終った。この経験は「比類のない面白さと珍しさと、政治的にはほとんど予想もしなかった成功とを特徴」としていた。・・・
 日本に到着するとすぐに、ペリー同様、幕府を無視して、江戸以外の場所における交渉を拒否した。そして幕府役人の極めて強硬な反対を押切って、江戸へ行くことを主張している。江戸まで来て、幕府にほとんど選択の余地のないことを、はっきりとわからせる言葉で「自分が条約を結びに来た」ことを発表した。英女王から日本皇帝への贈物として、ヨットを持参したというのが、江戸訪問の口実とされた。私設秘書オリファント氏はこう書いている。
「エルギン卿は、出来るならば皇帝(将軍のこと)自身にヨットを引渡す必要があるということを、江戸に進む口実としていたので、奉行(長崎の)に、江戸以外の場所で、このヨットを手ばなす権限は、自分にないと主張した」と。
引用終わり
posted by 小楠 at 07:14| Comment(0) | TrackBack(0) | 書棚の中の日本
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/13187746
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック