2008年03月21日

ある兵士の支那事変23

ああ『兄さん』の戦死

昭和十三年十二月に新潮社から発行された戦場手記「征野千里」中野部隊上等兵 谷口勝著を引用掲載しています。支那事変に従軍した一兵士の手記から、今回はこのシリーズ第一回目にあった、ずっと一緒に過ごし、『兄さん』と呼んでいた石原上等兵の戦死の様子です。
写真は対岸からの敵弾を浴びてクリークを渡る部隊
seiya23.jpg

引用開始
 潜山で久し振りの宿営だった。石原上等兵が何か妙に浮かぬ顔をして私の横へ来る。「兄さん、どうした」「ウーム」空返事をして私の話に乗って来ない。そして木切れで地面を叩きながら「オイ、谷口、わしの飯たいてくれんか」といった。「エー?」と私は自分の耳を疑う。戦争に次いで、炊事といえばいつでも諸肌脱いで鉢巻までしたがる石原上等兵が、これはまた私に飯をたいてくれとは何としたことだろう。私は眉をひそめて石原上等兵を見た。「崑山以来だ。久し振りでお前がたいた飯盒の飯が喰いとうなった」
 私は不思議に思いながら飯盒二つに粟を入れ、木を集めてしきりと火を吹いていると、石原上等兵は傍に腰を下ろしてじーっと私を見つめている。煙が目に入って涙が出た。
「兄さん、少し今日は変だぞ」飯盒はボーッボーッと湯気を噴いた。やがて二人で並んでつつくと、石原上等兵は「うまい、これァうまい。これァ腕がいい」といった。私はふと胸を突かれる。自分の腕が自慢で滅多に他人をほめたことのない石原上等兵が、これはまた何とした優しいことだろう。何かこの日に限って割り切れないものが石原上等兵にあった。さて寝ようとすると、石原上等兵は急に背嚢から新しいシャツを出して着替えはじめた。「おい兄さん、えらくしゃれるな」「ウーム、ちとしゃれんとな」そして私の首を抱いた石原上等兵は、寝たまま目を開いて話し出す。

「小林伍長はどうしたろうなァ」「○隊へ付いたからちょっとは会えんぞ」「ウーム、一体わしら、支那へ来て街をいくつぐらい通ったろなァ」「兄さん何を云い出すかわからんぞ。街なんて、天津から石家荘、それに杭州湾、南京・・・つまらんこというな・・・」
私は何か、あまりに不思議な今宵の石原上等兵に腹さえ立つ気持だった。そこへ「オイ、ここはあいとらんかッ」と声がして歌野曹長が入って来た。歌野曹長は空席をみつけると、いきなり、背嚢から新しい褌を出してズボンを下げて取り代え出した。
「曹長殿、お召代えですか」と私は思わず聞く。
「ア、ちとしゃれんとな」私は驚いた。「おかしいなァ、石原もそんなこといってシャツを代えるし、曹長殿は褌をかえられるし、今日は一体何でありますか」
「ホー、石原も代えたかい・・・そりァわしら二人は明日あたり、やられるかな。それじゃ谷口、貴様帰還したら靖国神社で二人分参らにゃいかんぞ。今晩のうちにわしが持っとる金を墓参りの旅費がわりに貴様にやっとこうか」
そして三人がワッハッハッと声を出して笑った。
 一夜は明けて出発、本道上を潜山へと約三十分も急行軍すると、クリークの橋が焼き落されていてその対岸の丘陵から敵の機銃が唸りたてた。

 クリークには丸太棒がわたされて一本橋が架けられた。銃弾は岸の草を薙ぎ、更に迫撃砲弾と野砲弾が田の泥を吹きあげた。岸からはどうしても丸太棒の一本橋へ集まらなければならない。敵の銃弾はこの一点に集中されてクリークの幅一ぱいに一線となって水煙があがっていた。私たちは飛び出す機をうかがってクリークの土手にじーっと伏せていると
「歌野曹長戦死!」という叫びが聞こえて来た。私は思わず「アーッ」と叫ぶ。昨夜替えたばかりの新しい褌のことが思い合わされる。腹部から流れる血潮に新しい褌は真赤に染まってしまったことだろう――と思われて来た。瞬間
「ラッパラッパ」という叫びが聞こえて来た。ハッと思って顔を上げる。ラッパ手の石原上等兵が丸木橋を渡ったクリークの対岸に伏せたまま動かないでいる。私は夢中で丸木橋を渡った。石原上等兵は負傷して体じゅうから血を噴いていた。抱きかかえようにも抱く所がないほどだった。私は上等兵の手を握って、コワばった掌をもみほぐしてやった。
「谷口、わ・・・わしの腰から下がない」とうめく。
「馬鹿いうな。立派にあるッ!」と叫んで私は石原上等兵のゲートルをほどき、足を一生懸命にもんでやった。すると石原上等兵への懐しさが堪えられなくこみ上げてきた。
「なぜ昨夜、シャツなど替えた。なぜ替えたッ」と私は腹がたった。足を強くもみながら叫びつづけると泣けて来た。砲弾は泥をはね土堤の死体を四散させる。やがて石原上等兵は顔を持ち上げてつぶやいた。
「ア、旗がみえる。何処の駅だろ、旗が一ぱいみえる・・・」

 潜山を抜くと、敵は潜水の対岸に退って頑強な陣を作って私たちに抵抗した。幅六百五十メートルの潜水は、河の半分は砂地で埋めて、その中を大別山系から流れる冷々えとした水が渦を巻いて流れている。一夜がかりでこの河を渡河すると、私たちは渡河点の右方にそびえた名も知れぬ山に登って六安、英山方面からくる大敵を喰いとめた。・・・
 やがて潜水の対岸へ若松部隊の一部が進撃して来た。これと連絡をとらなければならないので、私は坂本大尉から命令書を頂いて、高田上等兵と二人で連絡に出かけた。山を裏側へ下ると山麓に押寄せた敵逆襲部隊と、左右の山による敵の機銃座とが一せいに鳴って私たちの前後に砂煙をあげた。岩の右側に伏すと左側から背を目がけて弾が飛んで来る。後へ廻れば左麓からピシリと射ちあげて来る。私も高田上等兵も一ことも口をきかなかった。・・・
 「泳ごう」命令書は戦帽の下へ入れて上からしっかりと鉄兜で抑えた。水流は見たよりも一層激しく、渦の中へ私たちを引き入れてたちまち下手へ流して行く。うっかり流されたらまた敵の陣前へ来てしまう。ふと岸を見ると、友軍の一人が土手の上へ躍り上って手を振っていてくれた。一切が夢中だった。誰かが私の手を引きあげてくれる。「ヨイショ! バンザイバンザイ!」と叫んでみんなが私を担いで行ってくれる。空の色が目にしみて涙が出る。若松部隊の○○隊長が坂本大尉の命令書を読んで「ウン」とうなずかれた。

「連絡はとれた。よくやってくれたのう。もう一つ大役だ、坂本大尉にこのお土産を届けてくれんか。日夜の御奮戦を若松部隊は心から感謝しとるとよーく伝えてくれ」そして、ビール瓶に詰めた酒とバット一箱とを渡された。・・・山にたどりつくと、坂本大尉は岩を転がるようにして下りて来られた。いきなり私の手を握って「有難う。有難う」と連呼される。そして私と高田上等兵が差し出す酒とバットを手にされると
「わかったわかった。一となめと一と喫いでもいい、みんなで呑んでみんなで喫ってくれ!」と叫んでポロポロと涙を流された。
二十三回目引用終わり
posted by 小楠 at 07:17| Comment(0) | TrackBack(0) | 書棚の中の支那事変
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/12911593
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック