2008年03月17日

ある兵士の支那事変20

二度目の敵前上陸

昭和十三年十二月に新潮社から発行された戦場手記「征野千里」中野部隊上等兵 谷口勝著を引用掲載しています。支那事変に従軍した一兵士の手記から、今回は平穏な蕪湖から再び戦場へ向う兵たち。
写真は植えたばかりの水田に散開して突撃
seiya20.jpg

引用開始
 長い蕪湖での生活への別れだった。『戦争』ということを忘れてしまっていたような楽しい生活だった。こんな生活ならいつまで続いたっていい――とみんなが思っていた。この生活に別れを告げて再び私たちは背嚢と銃をとって新しい戦場へと出発した。私たちが存えたこの生命を次に賭ける場所はどこだかわからない。ただ「某地に敵前上陸」を行うというだけだった。
 敵前上陸はすでに杭州湾で試験ずみだ。一切の勝手はわかっていたし度胸もついていた。こんどこそは、とみんな杭州湾でのことを思い合わせて、キャラメルだとか角砂糖、羊羹などあの当時一番痛切に欲しいと思ったものを一っぱい酒保で買って背嚢に詰めた。
 夕方五時、私たちは宿舎を発って船に乗った。蕪湖の街へ帰って来ていた支那の土民たちが、日の丸の旗を手に私たちを見送りにきてくれた。そして習い覚えた「バンザイ」を叫んで手に手にその小旗を振ったり、或は顔馴染みの兵たちと別れを惜んだりした。何か別れが辛い気持だった。ここでこんな熱烈な歓迎をうけるとは想像もしなかったし、この土地の人とこんなに別れが辛くなろうとは考えても見なかった。

「第二の出征」――とみんなが思う。船は揚子江の濁流の中に滑り出した。小旗が岸いっぱいに咲いている。「バンジャイ!」と叫ぶ。手を振り旗を振り、支那人と、そして攻めよせた日本の兵隊とが涙を流して別れ合っていた。陽が江上に沈もうとしている。
 夜が明けて突然船が停止すると、麦が一面に生い茂った岸と岸の五百メートルほど向うを走っている大きな軍用路とが見えていた。
「何処だろう?」「和懸の一里手前だ」とどこで聞いたか、誰かがそう答えた。軽機関銃が真先に鉄舟に乗り移って岸に進みながら射撃姿勢をとっている。その後から私たちはゆっくり降りて○○に乗り移った。岸からパンパンパンと敵弾が散漫に飛んで来る。弾道は高くて弾は頭上で雀のようにチューッチューッと鳴いた。岸に着いて散開すると麦は腰までもあった。パーッと伏せると全身麦に隠れて私たちの姿は敵の照準から消えてしまう。悠々麦を分けて敵の機銃座に近づいて行った。
 気にも十分ゆとりがあったし、敵もほとんど逃げ腰だった。二度目の経験――というのでこれだけ敵前上陸が落ち着いて易々と行われるものだとは知らなかった。二、三十メートルにも近づくと、敵は抵抗を止めてどんどん逃げて行く。これを追いに追いまくって進むと、早くもクリークをへだてて和縣の城壁が目の前に覆いかぶさってきた。城壁の上に歩哨らしい影が三つ四つ銃を持って往き来している。この影は城屋の上から近づく私たちを見ると、友軍が帰って来たものとでも感違いしたのか手をあげて、「来々」と言った。クリークの橋が爆破されている横に民家が一軒あったのでこの民家の壁を破って重機の口を出した。

 ダダダダと一連発が一気に鳴り終ると、手を挙げていた敵の歩哨の影は城壁の上から転げ落ちて見えなくなってしまった。はじめて「日軍来!」と気がついたのか、城内から迫撃砲弾が私たちの方へしきりに飛んで来る。一弾は重機を据えた一軒家の角に炸裂して、土と火薬の煙の中に堀田一等兵が左の向脛を血に染めて倒れた。堀田一等兵はこの傷を知らないのか再び立上がって、「危い危い、やられたものはないか」といった。そしてちょっと首を傾けて何か考えるような不審気な顔をしたが、やがて血を噴いている自分の向脛に気がつくと、「なーんだい、自分かい」といって腰を下すと、ゆっくり手拭で止血をした。みんなが笑い出して堀田一等兵を後方へつれていった。
 敵は城壁から重機を十文字に射って来た。とうてい真正面から進むことは出来なくなったので、私たちは高い塔が立っている城壁の右側へ廻った。ここでも橋が爆破されていてコンクリートの橋脚が崩れて飛石のようになっていた。友軍の重機が塔の上から制圧する隙に、私たちは一人づつパーッパーッとこの橋脚の飛石を飛んで城門の中へ入って行った。城門の中には泥土の城壁に壕が掘ってあって、ここから血潮が点々と街の方へ流れている。この血潮を拾って進んで行くと、あっちの民家、こっちの民家に敵の負傷兵が呻っていた。橋脚の飛石を伝って城内へ入った私たちは、こんどは血潮の飛石を伝ってどんどん逃げる敵の尻尾を押えた。

 友軍の飛行機が頭上を低く飛んで『和懸占領万歳』と祝詞を落してゆく。残敵を追う機銃の音が城内一っぱいに響いていた。
 ここで一夜を明かすと含山への進撃命令が出た。坂本大尉を先頭に小さな間道を含山へと進んでいると友軍の飛行機が低く飛んで来て、『含山に敵影なし』と書いた通信筒を落して行った。一気に奪れ――と大急行軍を開始する。道の両側は、全部水田で田植えが終ったばかりのところらしかった。この一本道を進んでいると、突然、チェコ機銃が水田の向うの丘で鳴って、居ない筈の敵が猛烈に抵抗しはじめた。心に油断があって全くの不意打ちだった。パーッと水田の中へ散開すると、全部が泥人形になってしまった。水田は膝までスポスポと入って抜きも差しもならない。泥の中を這いずって突撃に移った。ほとんど泥の中を転がるようにして丘まで突っ込むと、敵は丘一っぱいに死体を残して逃げて行った。
 足も手も抜けるようだ。息をすると泥が鼻や口から飛び出す。丘にヘタバッて隣同士で顔を見合す。誰が誰だかわからない。顔も体もただ泥一色――ワハッワハッワハッとあっちこっちで戦友がふき出し合った。敵の死体は三人、四人と重なり合って転がっている。泥と血の見分けがつかない。
 死体を見て歩いているとふと赤十字のついた薬嚢が眼についた。オヤ?と思ってこの死体を調べると、青の襟章が敵の衛生兵であることを物語っていた。若くて綺麗な顔をしていた。頭髪を大学生のように延ばして、油がついて櫛目さえキチンとつけられている。包帯も薬もみんな立派なものであった。私は大声をあげた。「小林ッ! ちょっと来い」衛生兵の小林伍長が、泥鼠が二本足で立ったような恰好で走って来る。
二十回目引用終わり
posted by 小楠 at 07:13| Comment(0) | TrackBack(0) | 書棚の中の支那事変
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/12590191
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック