2008年03月14日

ある兵士の支那事変18

敵の逆襲で失った戦友の仇討ち

昭和十三年十二月に新潮社から発行された戦場手記「征野千里」中野部隊上等兵 谷口勝著を引用掲載しています。支那事変に従軍した一兵士の手記から、今回は敵の意外な逆襲で戦死した戦友に怒り、仇討ちの戦闘です。
写真は敵弾に傷つく勇士をいたわる部隊長
seiya18.jpg

引用開始
廣徳、寧国の討伐をすまして帰ると、蕪湖には酒保が開かれていた。ドーッと歓声をあげて羊羹やキャラメルなど待ち焦れた甘いものを争って買い喰いしていると、間もなくこんどは蕪湖と寧国の間にある石キ鎮という小さな部落へ警備のため出動命令が出た。・・・・
 どうかすると、敵斥候が歩哨線を突破して私たちの陣地の中までウロウロと迷いこんでくる。そこで私たちは歩哨線の二十メートルほど前に鳴子をつくってこの迷子の斥候をつかまえることにした。 鳴子は木の枝を立て列べて垣をつくり、これに針金を引っ張って缶詰の空缶をさげて置いた。・・・・ある夜カランカランと空缶が鳴りだした。同時にパンパンと銃声が夜の静けさを破って聞えてきた。ソレッというので鳴子のところへ駆けつけて見ると、鳴子の針金を足に巻きつけて敵の斥候が二人射殺されていた。・・・
 二人の敵斥候は夜目にもまだ年若い兵隊だということがはっきりわかった。敵でさえなかったら、さぞ善良な少年だろうと思われた。・・・

 私は荒木准尉について蕪湖へ帰ることになった。一線に警備の戦友たちと別れて蕪湖に帰りつくと夜の十一時をすぎていた。久方ぶりで懐かしい蕪湖の宿舎の飾りたてた室に横になってウトウトすると、突然、荒々しい靴音がして「オーイ! 誰か来てくれッ!」と怒鳴る声が聞えた。私はハッと胸をつかれて飛び起きた、入口へ上衣なしで駆けて行くと、木村伍長が全身血まみれの姿で立っている。
「どうされましたッ!」「負傷者を連れてきた!」と木村伍長は、吐き出すように荒い息でいった。「負傷者?」私は棒立ちになった。
 私が発つまであんなに静かだった石キ鎮の一線になにか起ったのだろう。「石キ鎮の警備一線が敵の逆襲部隊に包囲されたんだ。まだパンパンやっとる。連れてきた負傷兵は十二名だ」と木村伍長が叫んだ。表の暗がりに片手を手拭でゆわえたまま立ったり、寝転がったりしている戦友の姿が見えた。「水をくれんかッ」と誰かが叫ぶ。「畜生めッ! やりやがった」とまた誰かが叫ぶ。「谷口ッ!」と木村伍長がまた叫んだ。そして私の肩に手をかけると耳に口を当ててささやきながら声を殺して泣いた。「千場大尉殿は戦死されたぞ・・・」
 みんなが黙っていた。声を出せば怒鳴らないではおれない気持だった。敵逆襲部隊のため友軍の警備一線が包囲されて十数名の戦友が傷つき、あるいは倒れ、そのうえ、人望を集めていた千場大尉までが戦死された――この憤懣の情をどう処理したらいいかわからなかった。・・・・


 植竹隊は寧国路を突破してまず円形の頂点に当るところで軽機二挺をならべて退路をピタリと押えてしまった。私たちは右半円は丸尾隊、左半円は荒木隊と二手に分かれて、クリークの内側の左右の道路を円の頂点へと向って闇の中を進んで行く。敵は出口を植竹隊に押えられたとは知らず、円の両周に伝わって左右から頂点へドンドン逃げて行った。私たちは細い道路を道路斥候を先頭に進んだ。敵は燃える部落の火に追われ銃剣に追われて一歩一歩と死地へ走ってゆく。軽機関銃が先頭へ飛び出してパラパラパラと射っては又進む。敵は路上に倒れたり、クリークの中へ飛び込んだり、あるいは火の中へ踏込んだり、さもなければ自ら軍帽の青天白日の徽章をちぎり取って、地面に叩き捨てて私たちのところへ飛び込んできたりした。
 間もなく円の頂点の寧国路へ出ようというところへくると、いきなり植竹隊の軽機が猛烈な勢いで唸りつづける音が聞えてきた。驚いて逃げた敵が逆もどりしてくる。これが私たちと正面衝突だ。道路の上へ敵の骸が重なってゆく。「畜生ッ、きたかッ、畜生!」千場大尉を、そして戦友を失った激怒が一時に爆発した。夜が白々と明けてくる。突き、射ち、殴って進みながらふと気がつくと、黒山のように敵が植竹隊の網に引っかかっていた。引っかかったものは敵兵だけではない。部落民も女や子供まで混っていた。子供や女たちは植竹隊の戦友から乾パンを貰ったりして、次々と引っかかって来る支那兵をよそごとのように眺めていた。

 私たちはたちまち上機嫌になった。石原上等兵が例によって顔を真赤にしながら、青くなって手向かって来る敵を片っ端からやッつけている。『お母さん』の小林伍長が、「兄ちゃん、もういい加減止さんかい」と宥めた。すると「なぜいかん?」と『兄ちゃん』の石原上等兵が喰ってかかった。またまた二人の口喧嘩だ。「そりァ情知らずというものだ。捕虜にせい、捕虜に・・・」
「なにが情知らずか。貴様、千場大尉や戦友を殺しやがったこの支那兵と、日本人とどっちが大切なんだ。貴様こそ情知らずというもんだ」
「兄ちゃんは情を知っとるというんかい。毎朝、早くから起床ラッパなど吹きやがって、眠いのを叩き起こすくせに、それが情を知ったものというのかい」
「なにッ、えらく俺のことを悪くいうな、貴様ァ支那へ養子に行く気でもあるんだろう」
私と小林伍長と石原上等兵と、三人がワハハハと笑いだしてしまった。
「養子じゃない、母さんだから後妻の口でも探し当てたんだな」
小林伍長は「なにをいうか間抜けめッ!」
といって石原上等兵を殴る代わりに傍にキョトンとしていた支那兵の頬をピシャリと殴った。支那兵は面喰って殴られた頬を撫でながらニヤニヤと愛想笑いした。みんなが上機嫌ではしゃいでいた。
十八回目引用終わり
posted by 小楠 at 07:14| Comment(0) | TrackBack(0) | 書棚の中の支那事変
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/12400617
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック