2008年03月13日

ある兵士の支那事変17

鉄鎖に繋がれた支那兵機関銃手

昭和十三年十二月に新潮社から発行された戦場手記「征野千里」中野部隊上等兵 谷口勝著を引用掲載しています。支那事変に従軍した一兵士の手記から、今回は鎖で足を繋がれた機銃座内の支那兵からの攻撃です。
写真は山麓の部落に突撃する我が部隊。
seiya17.jpg

引用開始
 チェコ機関銃や水冷式重機など一ぱい分捕って山岳地帯の討伐戦から蕪湖へ帰ると『ノッポの李』が「飛機来々」と叫んだ。空を仰ぐと高く雲の間を重爆八機が翼を連ねて飛んでいる。カモフラージュのしてない真白な文字通り銀翼がキラキラと陽の光に輝いていた。揚子江上から軍艦「○○」が○○砲を射ちだした。爆撃機は心よいエンジンの音を空一ぱいに響かせて私たち頭の上を旋回した。やがてすさまじい轟音が街はずれに起って、大きな地ひびきと共に街々の家が地震のように震えた。爆弾は飛行場に落されたらしい。銃を射っても弾はとどかない。私たちは荒木准尉と一緒に双眼鏡を目に当ててこの高くて小さな敵爆撃機の姿を眺めた。やがて敵機は私たちの頭上を横切るとそのまま揚子江に出た。ここで鳥の糞のように爆弾を落して姿を消した。

「来やがったなァ!」とみんなが顔を見合わせてつぶやく。ここにはまだ高射砲もなければ友軍の飛行機も一台も来ていなかった。ただ目で迎えて目で送るよりしかたがなかった。私はふと気がついて「李ッ!」とよんだ。どこにも姿は見えない。ハテ? と思って屋上から階下へおりた。階下の奥の間で李は寝台の下へもぐってちぢこまっていた。
「李ッ! なにをしている」、「飛機来々飛機来々」という。そして大きな円い顔を青くさせて寝台の下から動こうとしなかった。・・・・
 ふたたび寧国、廣徳に向って大討伐戦に出動の命令が出た。いくつもの部隊が続々と蕪湖を発って行った。一寸ほど延びた麦畑はカラカラに凍って風が鼻を削ぐように吹いて行った。線路を伝って寧国に向うと、例によって鉄橋が一つ爆破されていた。鉄橋はたいして大きなものではなかったが、対岸には立派な掩蓋機銃座が二つ、鉄橋近くに現れた友軍の道路斥候を見てけたたましく鳴りわめき、一歩も河を渡らせまいとした。○砲が河岸まで出て直射でこれを射った。が、どんなに射っても二つの機銃座は鳴りを沈めない。強行渡河以外にはないので、燃え残った橋脚を伝わって対岸に突撃、敵機関銃座を通り過ぎて左へ廻っても敵の機銃は平気で鳴りつづけている。半分呆れ顔で後方から機関銃座へ躍り込むと、全身血まみれとなった敵が二人、ただ前方を視て死骸の中で重機の押し鉄を握っていた。二人とも固く鎖で足をつながれている


 鉄橋を越えると、前方の部落まで両側を大きなクリークで挟まれた一本道になっていた。クリークは深く道は狭くて、どうしても散開はできない。一本道を進むと前方の部落から掃射されてバタバタと倒れて行く。○隊機関銃隊が重機をならべてこの部落を射ちつづけた。陽が大平原の向うに落ちて行く。まる一日かかって、どうしてもこの一本道が突破できない。
「よし、おれの隊が奪ってみせる」と荒木准尉がいわれた。准尉は夜が来るのを待って「夜襲!」と命令された。田崎上等兵が斥候になってクリークを迂回して部落へ近づいて行った。私たちは二つに分かれて、一つは一本道を、他はクリークを迂曲して部落の右へ出た、カラカラに凍った畑の上で、一寸ほどの麦に足をとられてコロリコロリと転んだ。斥候にでた田崎上等兵はまだ帰ってこない。
「これじゃ田崎はとっくに敵の歩哨線を突破しているぞ」と荒木准尉はつぶやかれた。そして腰の軍刀をサーッと抜き放たれた。久し振りで見る准尉の軍刀の色だった。私たちはじりじりと部落に近づいて行った。・・・・一本道の方から突然、別働隊の突撃の喚声が聞えてきた。硝子鉢が叩き壊されて中の水が一時にドーッと流れ落ちたようにダダダダダダと友軍の重機が一せいに鳴りわめいた。私たちも同時にワーッと百メートルほど走った。

 ハタッと伏せると敵弾が頭上を線を曳いて流れて行った。再び起きてサーッと走る。目の前へ黒い影が四つ五つ六つ、バタバタと飛びだしてきた。体ごと叩きつけるようにしてザクッと刺すとボスンという鈍い手応えが手に伝わった。引き抜いてまた次のを刺す、私の前でバタリと倒れる奴がある。これも上から火箸で芋を串すようにして刺した。「ワーッ」とも「キャッ」とも声をあげるものはない。なにがなんだか自分自身でわからなくなってしまった。黒い影が飛んできたり、倒れたりした。目がモヤモヤとして、飴の中へ頭ごと入って銃剣を振り廻し、飴を引っ掻き廻しているような気持だった。・・・・
夜襲は見事に成功した。「荒木准尉の夜襲」と私たちは自慢だった。大得意で部落に集結すると再び寒さが身にしみてきた。はしゃぎ切って「寒い寒い」と口々にうれしそうに言い合いながら火を焚くと、とたんにこの火を目標に、部落を退った敵が迫撃砲を釣瓶打ちしてくる。迫撃砲弾は衛生隊の真中に数弾落下して二十数名の衛生隊員が一瞬の間に肉片となって飛んだ。
「畜生!」私たちは再び部落を出て敵を追った。
 クリーク岸へくると水の中を黒々と人間を満載したジャンクが幾十艘となく走っている。パンパンと射つとジャンクからダダダダダと軽機を射って来た。「しめたッ!」と叫んで友軍の重機がクリークの土手へ乗りだした。重機が気違いのように火を吐く。ジャンクから黒い影がいくつも水の中へ飛び込みはじめる。
十七回目引用終わり
posted by 小楠 at 07:45| Comment(0) | TrackBack(0) | 書棚の中の支那事変
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/12336305
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック