2008年03月08日

ある兵士の支那事変13

南京への途、クリーク突破

昭和十三年十二月に新潮社から発行された戦場手記「征野千里」中野部隊上等兵 谷口勝著を引用掲載します。支那事変に従軍した一兵士の手記から、今回はクリーク渡河作業の工兵の苦労と足を鎖で繋がれてトーチカを死守する支那兵。
写真は仮橋を渡って突撃する我が部隊
seiya13.jpg

引用開始
工兵隊が架橋材料をもってクリーク岸の私たちのところへ這って来た。廣徳を出て山岳地帯を抜けた部落の端のクリークで、私たちは追いかけていた敵の尻尾をつかまえてしまったのだ。南京へ、と気は焦ったが、クリークがあってどうしても突撃できない。結局工兵の架橋を待つよりほかはないことになった。
 私たちは工兵の到着を見てその架橋の掩護のため、岸からクリークの中の三角州へ飛び出して行った。三角州には一ぱい葦が生えている。この葦の中へ踊り込む私たちを見て、対岸の敵は強行渡河されるものと思ったのか、対岸の一切の火器を動員して慌ててこの三角州を射ちまくった。それを見て真裸になった工兵が三角州から離れた下手へ材木をもって飛び出して行った。友軍の重機が岸から対岸めがけて猛烈に唸った。私たちは対岸の敵を全部三角州へ牽制して、ここから射ちまくった。弾は葦に当ってサ、ササササと大雨のような音をたてた。葦が切れて射たれた矢のように私たちの顔に刺さった。

「ヨイ、ソレ、ヨイショ!」という勇ましい工兵の気合いが聞えて来る。射って射って射ちまくる友軍重機の音で、空気がすっかり熱くなったような感じだった。「いいか、大丈夫か!」と叫んで衛生兵の小林伍長が三角州と土手の間を走り廻っている。まだ「小林ッ、衛生兵!」とよぶ声は一つも聞えて来ない。「伝令!」と呼ばれて私は荒木准尉のところへ駆けよった。私は○隊本部との伝令もやることになっている。葦の中で命令を復誦していると、その声が弾の音で吹き飛んで自分の耳にも聞えないほどだった。三角州を出て土手に登る。土手のところに小林伍長が伏せていて、私を見てニッコリうなづいた。「本部へ行ってみい、兄さんが御馳走しているぞ」といった。『兄さん』の石原上等兵は、きょうは本部にいるらしい。弾の中でも食物の話だけは忘れなかった。・・・
 本部に飛び込んで命令を復誦して伝えると坂本大尉が、「よろしい、御苦労だった。あそこで何か温かいものでも喰って行け」といわれた。隣室で石原上等兵が上着を脱いで鉢巻をしていた。「サァサァサァ」と手を叩いて、「ゼンザイ、支那酒、御飯にニワトリ、菜ッパはお汁で、ガチョウの漬物なぞいかが・・・」といった。

 満腹して、「架橋完了次第強行渡河して前進」の命令を受けて本部を飛び出そうとすると、裸の工兵が一人戦友に担がれて入って来た。工兵の裸の右腕は付け根でしっかりと血まみれの手拭でゆわえられて、腕から下は膚の色がなかった。工兵は入ってくるなり、「オイ、煙草を一本喫わせてくれませんか」としっかりした口調でいった。煙草に火をつけてもらうと、立ったままさもうまそうに深々と吸ってプーッと輪を作って煙を吹き出した。
 石原上等兵が、「御苦労やのう。まあ坐んなよ」といって石油箱を持って来ると、「いや、もう一つ尻ッぺたへも弾めが入っていやがって、坐るなァ駄目ですたい」といって工兵は笑った。
 私が三角州へ駆けつけると、すぐ私たちの○隊は三角州を出て土手を架橋されたばかりの橋の方へ走った。月が沈もうとしている。葦がキラキラと光って銃剣もキラキラと光った。「それッ、歩兵は出ろ!」と工兵が声をかけたので、一斉に橋の上へ躍り出した。ダダダダダダと機銃が狂い出す。対岸で月の光をうけてチェコ機銃の筒先きが左右にチカチカと光ながら、首を振るのがはっきり橋の上から目に入った。橋はガタガタと足の下で音をたてた。工兵が水の中へ入って、「歩兵、出ろ出ろ!」と下から叫んでいる。「すまん!」と叫んでドーッと渡河橋の上を走った。・・・

 追いに追いまくって気がつくと、朝がほのぼのと明けていた。下り坂を走り出した機関車のようにどうにも止まらないさかんな気持だった。「集結ッ!」と分隊長が呼んでいる――。・・・・・
敵がバタバタと逃げだした。山を半分も登ると、またどうしても進めなくなってしまった。ズラリと列んだトーチカが突っ込んでも突っ込んでも抜けない。私たちは岩の間に転がった。そして、そのまま眠ってしまった。ふと目を覚ましてみると、坂本大尉も荒木准尉もみんなグーグーと鼾をかいて寝ていられた。三時間も突撃のままで眠ると「前進」といって叩き起された。目を擦って夢中で山を前進する。敵は一せいに退却していた。頂上を乗り越えて、逃げる敵を追って山を下るとほのぼのと夜が明けてきた。轟々と山に響く爆音――山の下の大きな道を、幾十台という戦車が一列に呻って走っていた。日章旗がはたはたと朝風にひらめいている。私たちは一気に山を駆け下りた。戦車はつづき、そして○砲はいくつもいくつも、すさまじい響きをあげて猛烈な速さで前進していた。砲車は轟々と軋み、馬は鬣を乱して大道路に蹄を鳴らす。「それっ! それっ!」と鞭打って進む砲兵の掛け声が、戦車と砲車の轟音の中に響き渡る。まさに大軍は南京に殺到するのだ。
 私たちは食事もなにも忘れて一斉に進撃した。道の両側の民家は全部火が放たれて燃えあがっていた。燃え上がる民家は、中に弾薬を隠していたものか、轟然たる大音響をあげて空に噴きあがったり、或は焔の中で幾万という小銃弾が次々に炸裂して花火のような綺麗さだった。私たちはこの中を走って進軍する。進軍しながら石原上等兵が、
「おい、さっきの山のトーチカを見たか」といった。
「そんなもの見とれるかい」
「いやわしは見たがな、どれだけわしらがトーチカを抜いて後へ廻っていても射ちつづけていやがったろ。その筈だ。奴ら三人足を鎖で結わえられていたぞ。弾薬をトーチカ一杯につめられてなァ――」
憮然たるものがあった。
「射つより他に仕方なしさァ」
大軍は南京へ、南京へ! と驀進する。
十三回目引用おわり
posted by 小楠 at 08:30| Comment(0) | TrackBack(0) | 書棚の中の支那事変
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/12047672
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック