2008年03月05日

ある兵士の支那事変10

杭州湾の敵前上陸3

昭和十三年十二月に新潮社から発行された戦場手記「征野千里」中野部隊上等兵 谷口勝著を引用掲載します。支那事変に従軍した一兵士の手記から、今回は崑山攻略の苦戦の部分です。
写真は弾雨下に勇士と共に活躍する軍用犬
seiya10.jpg

引用開始
 背後の鉄橋はまだブスブスと燃えくすぶっている。依然として敵の銃火はこの橋に弾幕を張っている。河向うと連絡に走る戦友はみんなこの橋桁の上で倒されて行った。私たちはこの河を境に完全に後方と連絡を絶たれて孤立してしまっている。なんとか連絡をつけねば、とみんなが焦った。すると誰かが叫んだ。
「犬が・・・犬が!」
 みんなが壕から振り返って橋を見た。橋の上を、燃え残った橋桁の上を、大きなセパードが一匹こちらへ向かって必死に走っている。敵陣に重機が一ときは激しく鳴って、黒く燃え残った橋桁が炭を散らすようにパッパッと刎飛ぶのが見られた。セパード犬はこの中を煙をかむって一気に走っている。
「サチだ、サチだ!」と荒木准尉が叫ばれた。私たちの隊についている軍用犬の『幸』号だった。みんなが歯を喰いしばってこれを見た。『幸』はやっぱり私たちと同じに敵の銃火が自分に集中されたことを知ったのか必死な目をして猛烈なスピードで走った。橋桁の上に死体がある。一つ、二つ、三つと『幸』は走った余勢でこの死体を飛び越えていた。ちょっとよろめいたようだった、みんなハッとして胸が詰まる思いであった。「サチ! サチ!」と大声で叫ぶ。『幸』は、また走りつづける。死体を越えて。そうして大変な勢いで私たちの壕へザブーンと飛込んできた。サチは全身水の中へ入ってしまった。私たちは自分が弾丸に射たれるのを忘れて『幸』を抱いた。みんなが抱いた。耳をキッと立てて口を開いて、長い舌を出して、荒い息をした。抱くと『幸』はよろこんで私たちに強く体をすりつけてきた。『幸』は本部からの命令書をつけている。そして米を、僅かだが重い米さへ体につけていた。この米は一粒づつみんなに分けて大切に噛もう。

 雨は降りつづけている。敵の銃火は一こうに衰えない。いやますます激しさを加えてきたようだ。『幸』は再び大切な命令への返事と報告を体につけた。荒木准尉が『幸』の頭を撫でられた。「すまんのう。もう一度頼むぞ」私たちはみんなで『幸』に頬ずりした。「すまないすまない」とみんな口に出していう。『幸』はその間もはやって橋の方へ飛び出して行こうとする。私たちは、はやる『幸』をじっと抱きかかえて銃火が少しでも衰えるのを待った。橋からは煙が上っていた。橋の向うに、友軍の鉄兜がチラチラと動いていた。「オーイ、これ頼む!」と叫んで横の壕から石原上等兵がなにか私の方へ放り投げてきた。濡れてはいたが、千人針だった。死線さえ越える五銭玉もついて、『大和魂』と縫った赤い糸の色が水に崩れて赤い千人針になっていた。説明を聞かなくとも一切がわかった。私はこれを『幸』の腹に巻いてやった。銃火が少し切れたようだ。「たのむ!」と叫んで手を放した。『幸』はなにか獲物でも見つけたように猛然と飛び出して行った。また死体を越えて、橋桁を走った。敵の銃火がソレッ! というように一斉にわめき叫んだ。橋桁がパラパラッ、パラパラッと崩れて飛ぶ。『幸』は走っている。一つ、二つ・・・死体を越えた瞬間、ハッキリと『幸』がよろめいた。

「やられたぞ!」と自分たちが射ちぬかれたように絶叫する。『幸』はヨロヨロとしてちょっと死体の横に止まった。死体の下へ頭を入れようとさえする。石原上等兵が壕を飛び出した。「危い!」と叫んだが駄目だ。石原上等兵は橋の方へ這って行く。つづいて小林伍長がまた這い出した。「小林、いかん!」荒木准尉が怒鳴られると、小林伍長は「自分は衛生兵であります!」と這いながら叫んだ。
『幸』は死体の下へ『伏せ』のような恰好をしたが、突然、ワンワンワンと猛烈な叫びをあげたかと思うと、死体を越えて再び一さんに鳴きながら橋桁を走って行った。左の後脚が真赤だった。みんなが泣いた。声をあげてオイオイと泣き出すのだった。雨は依然としてやまず、機銃弾は唸りつづけている。・・・

 「アッ、連絡が来るぞ!」と誰かが叫んだ。私たちは一斉に後ろの燃え残った鉄橋の方を振り向いた。対岸から友軍の重機関銃、盛んに敵陣を制圧し出した。鉄橋の袂でチラチラしていた鉄兜が、ちょっと敵の射撃の衰えたのを見てパーッと橋の上へ飛び出した。橋の上へ出た戦友は前かがみになって一さんに橋桁を走っている。背中にはなにか包みを背負っていた。一人橋桁を走って真中あたりへ行くとまた一人飛び出す。一目見て部隊の大行李の特務兵たちだということがわかった。○砲が対岸から橋を狙う敵機銃座へ射ち込み出した。特務兵たちは丸くなってただ一心に橋桁をひた走る。橋桁がパッパッパッと壊れ散って敵の機銃弾がこれを追っていることがはっきり見て取れた。みんな息を詰めた。特務兵たちは背になにか背負って前へ倒れんばかりの姿勢で次々と走って来る。必死になって敵弾の中を走る姿を見ていると、目頭が熱くなってきた。・・・・先頭の一人が私たちの壕へ飛び込んで来た。飛び込みざま私たちに抱きついた。そして口を開いてハーハーと息をしたまま放心したようになにもいわなかった。また一人橋の上へ飛び出す。敵の重機は狂ったように鳴りつづけた。二人目も私たちの壕へ飛び込むと水の中へ顔をつけてピッタリ伏せてしまった。私たちはこの特務兵を抱き起した。泥と雨水と涙となにもかもが一緒くただった。一番先頭に飛び込んできた特務兵は、まだ口を開いたまま荒い息をしてなにもいわない。なにかただ手を動かしている。「わかったわかった。有難う!」と荒木准尉がその手をとって叫ばれた。それを聞いて、放心したように見開いていた特務兵の大きな目からポロッポロッと涙が落ち出してきた。特務兵の背の包には、温かい握り飯が一杯詰っていた。

「ヤッ!あそこでやられた!」誰かが叫ぶ。ハッとして振り向くと、続いて橋の上を走っていた特務兵の一人が橋桁に両足をついたまま今にも崩れそうな恰好になっている。すでに自己の生命に対する一切の危惧は何処かへスッ飛んでしまった。バラバラッとみんな壕を飛び出して行った。橋桁に両足ついた特務兵の体はガラッと左に崩れるように倒れて、サーッと河の中へ落ちて行った。私たちは夢中で土手から河岸に駆け降りた。弾が集中されていることなど全然、私たちの想念の中になかった。機銃の音もなにも聞えなかった。みんなが河岸から水の中へ飛び込んだ。流れる特務兵を救い上げて「オーイオーイ」とみんなが叫んだ。特務兵はちょっと目を開いたようだった。なにかしきりと忘れ物でも探しているような顔をした。そしてやがて目を閉じた。小林伍長が頭を振った。若い、綺麗な顔だちの特務兵だった。・・・
 握り飯は水に濡れてもまだ温かかった。なんという味だ。なんというたまらない匂いだ。それでもどうしても喰えなかった。胸がつかえて喰えなかった。「これを、俺たちに食わせたいばかりになァ!」そういって石原上等兵が泣く。みんなが握り飯を手につかんで喰いもせずただ泣いた。
十回目引用終わり
posted by 小楠 at 07:10| Comment(2) | TrackBack(0) | 書棚の中の支那事変
この記事へのコメント
いつも貴重な記事をありがとうございます。靖国神社お参りします。(遊就館前庭に軍犬慰霊像もあります。)
小楠様もお風邪など召しませんように御自愛下さい。
Posted by 野戦重砲兵 at 2008年03月05日 20:29
野戦重砲兵様
コメント有難うございます。またお気遣い頂き恐縮です。
この本はもううっかりするとバラバラになりそうな状態なので、抜粋ですが、こうしてファイルに残しておくのもいいかなと思い、連載しています。
谷口上等兵は南京から漢口への行軍途中で負傷されたので、この本はそこまでの記録ですが、一応最後まで掲載しますので、お時間のある時にでもご覧頂ければ嬉しいです。
Posted by 小楠 at 2008年03月05日 22:51
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/11867941
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック