2006年08月22日

共産主義の犯罪3

 今回も共産主黒書(ソ連編)序より引用します。
 共産党は労働者、農民の味方などではありません。これも嘘の宣伝により植えつけられた妄想です。共産党は共産主義を信奉する労働者、農民、その他の庶民にのみ味方のように思えるだけですが、これも内部では絶え間ない権力闘争で、毎日が密告などにより抹殺される危険と隣り合わせでしょう。
引用開始

【赤色テロル】
 ・・・1918年夏にはおよそ140の大規模な反乱が起きた。その主な原因となったのは、食糧徴発隊によって乱暴に取り上げられることを農民共同体が拒絶したこと、個人的商取引が制限されたこと、新たに赤軍に徴兵されることであった。怒った農民は群れをなして手近な町へ行き、ソビエトを包囲し、ときには火をつけようとした。多くの場合、事態は悪化していった。軍隊や、治安維持を任務とする民兵隊や、ついで次第にチェーカー(ソ連秘密警察)の部隊が、ためらわずデモに発砲するようになった。
・・・略・・・
 1918年8月10日、レーニンはペンザのソビエト執行委員会に電報を打った。
 「同志諸君! 君たちの五つの郷におけるクラーク(富農)の蜂起は、容赦なしに粉砕しなければならない。全革命の利害がそれを要求している。なぜなら今後いたるところで、クラークとの『最終的戦い』が始められるからだ。先例を示す必要があるのだ。
(1)世間に知られたクラーク、大金持ち、吸血鬼どもを、少なくとも100人以上、絞首刑にすること(私は人々に見えるようなやり方で絞首刑にしろと言っているのだ)。
(2)彼らの名前を公表すること。
(3)彼らの穀物を全部没収すること。
(4)昨日電報で指示した人質の身元確認をおこなうこと。これらのことを周囲何百ペルスタ(一ペルスタは約一キロ)もの人々が見て、震えながら、我々が血に飢えたクラークどもを殺しているのだ、これからも殺し続けるだろう、と言うようなやり方で実行するのだ

諸君が確かにこの指令を受取り、実行したと返電されたし。草々。レーニン。
追伸。もっとタフな人間をみつけたまえ。」

【赤色テロル最初の大波】
 「抹殺」は実際に1918年8月31日から開始された。9月3日の『イズヴェスチア』は、ペトログラードで500人以上の人質が、その数日前に地方チェーカーによって処刑されたと報じた。
 チェーカーの資料では1918年9月一ヶ月間で、800人がペトログラードで処刑されただろうとされる。しかしこれは実際よりはるかに少ない人数である。事件のある証人は次のように詳細を語っている。「ペトログラードに関しては、ざっとの概算で1300の処刑が見積もられている。・・・ボリシェビキは彼らの『統計』の中に、クロンシュタット地方当局の命令で銃殺された、何百という仕官や市民を含めていない。クロンシュタットだけでもたった一夜で400人が銃殺された。中庭に三つの大きな壕が掘られ、その前に400人が据えられて、次から次へと処刑された。」・・・・・

【コペルニクス的転回】
 二ヶ月で約一万から一万五千という大量処刑は、およその数からしても、帝政時代と比べて規模の大きさがまったく変わってしまったことを示している。1825年から1917年までの九十ニ年間に帝政裁判所は、「政治の分野に関して」裁判すべき全事件を通して(軍事法廷を含めて)6321の死刑判決を下した。このうちで最も多かったのは1905年革命の反動の年である1906年の1310であった。一方、数週間でチェーカーだけで、ロシア帝国が死刑の判決を下した者の二倍から三倍の人を死刑にしたのだった。しかも帝政ロシアの場合、法的手続きによって、死刑の判決を受けた者の大部分が懲役に減刑されていた。
 この規模の変化は単に数字だけではない。「容疑者」、「人民の敵」、「人質」、「強制収容所」、「革命裁判所」といった新しいカテゴリーの導入は、「予防拘束」や、裁判ぬきの略式処刑や、新しいタイプの警察による法によらない何百、何千人の逮捕と並んで、この分野におけるまさにコペルニクス的転回をもたらすものであった。・・・・

【隠蔽された労働者への弾圧】
 ボリシェビキは労働者の名において政権を獲得したのだが、弾圧のエピソードの中で新体制が最も注意深く隠蔽したのは、まさにその労働者に対して加えた暴力であった。・・・・
 1919年3月16日、チェーカーの分遣隊は、武器を手にして守っていたプチーロフ工場を襲撃した。およそ900人の労働者が逮捕された。その後数日間に、約200人のストライキ参加者が、ぺトログラードから50キロほど離れたシュリッセリブルク要塞監獄で、裁判もなしに処刑された
 新しい儀式によって、スト参加者は全員解雇されたあと、自分たちが反革命のリーダーによって騙され、「犯罪に引き込まれた」という声明に署名したあとでなければ、再雇用されることがなかった。・・・・・
引用終わり

 共産党にとっては労働者も農民も党に逆らう者すべてが処刑の対象です。これは今の中国がはっきり見せてくれています。最も虐待されているのは他ならぬ地方の農民、労働者、宗教信者。そして無法にも彼らを搾取しているのが共産党幹部です
歴史に学ぶべきはソ連の歴史と中国共産党の歴史であり、この地球上の共産主義の癌をできるだけ早く切除することが、人類、個人の平和、幸福実現に欠かせないでしょう。
posted by 小楠 at 07:17| Comment(2) | TrackBack(1) | 共産主義の実態
この記事へのコメント
権力の集中は虐殺の歴史ですね。そして世界から非難されました。大きな国土を抱える支那大陸中国は数千年に亘って集中権力で収まっていました。もしも中共が権力を行使できなくなったら大混乱が始まり隣国日本なんかひとたまりもありません。16億の下賎な愚民が世界に散逸したらこの世は一巻の終わりになってしまいます。権力集中は非難に値しますが中共を叩き過ぎると支那愚民が日本に押し寄せてくるというジレンマもあります。困りました。赤い”癌”ですね。
Posted by ケイさん語録 at 2006年08月24日 11:52
中共崩壊は歓迎ですが、あの民族の難民はお断りです。
同じ民族同志で何カ国かに分裂独立してくれるのが一番かな。
Posted by 小楠 at 2006年08月24日 17:44
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/1149511
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック

日本史サスペンス劇場特別版“東大落城”安田講堂36時間の攻防戦…40年の真相SP
Excerpt: 東大落城―安田講堂攻防七十二時間 (文春文庫)著者:佐々 淳行販売元:文芸春秋発売日:1996-01おすすめ度:「日本史サスペンス劇場特別版“東大落城”安田講堂36時間の攻防戦…40年の真相SP」とい..
Weblog: デボネアコンサルティング
Tracked: 2009-01-14 23:41