2008年02月14日

後発の大国ロシア視察

欧米が見た岩倉使節団7

 ご存知のように明治新政府は維新直後の1872年に、高位の人物多数による使節団を欧米に派遣していますが、本書イアン・ニッシュ編「欧米から見た岩倉使節団」は岩倉の提案でつれていった、大久保利通、木戸孝允、伊藤博文、山口尚芳らの四人の副使を中心に、欧米の人々の残した記録が内容となっています。今回は視察以前の日露関係から始めたいと思います。
写真はサンクトペテルブルグの宮殿(国立公文書館蔵)
shisetsu07.jpg

引用開始
1873年3月29日〜4月15日 イアン・ニッシュ
 岩倉具視公率いる使節団が、折を見てロシア帝国を訪問することに疑問の余地はなかった。ロシアはおよそ7200万人の人口を有する(1857年)大国で、太平洋岸に国境を持っており、主として国境紛争と領土的な不安という形で日本との間に多くの緊張関係を保っていた。その一方で日本人は、ロシアやその制度をまねることにはあまり関心を抱いていなかった。実際、日本人は既にヨーロッパの政治家たちから、ロシアに対するきわめて辛辣な見解を得ていたのである。しかし、それにもかかわらず訪問は不可避だった。ロシアは1862年の幕府遣欧使節の旅程にも入っており、使節団の交換も頻繁におこなわれてきていて、日本人の留学生たちもその地で大学に通っていた。したがって、規模は異なるとはいえ、ロシアも他のヨーロッパ諸国同様に研究されてきたのだった。

 19世紀初めから日本はロシアを恐れてきた。日本とロシアの最初の出会いは1806〜07年ニコライ・レザーノフによるもので、おそらくロシア政府からの正式の要請は得ていなかっただろうが、彼はとりわけ日本北部との交易の開始を求めてきた。1853年海軍中将エフフィーミー・プチャーチンの海軍使節団は、徳川幕府に皇帝からの書簡を手渡し、その中でロシアは蝦夷(北海道)を通しての交易の開始を要請したが、結局1855年に日本はロシアと下田条約を締結した。いくつかの条項はアジア大陸の岸からやや離れたところにあるサハリン島(樺太)にかかわるもので、ここは世紀の変わり目以来ずっと紛争の種になった。両国ともその領土権を主張して、自国民(日本の場合にはアイヌ人)による移住を奨励していたが、どちらも自国に併合しようとはしなかった。
 条約はサハリンを両国の共有地とすることで合意された。しかし、ロシアはクリミア戦争で疲弊しており、自分たちは不利な立場で交渉したので、譲歩を余儀なくされたのだと後に主張してきた。この条約は1867年4月1日の新協定でも明らかに確認されているが、そこではまたあらゆる紛争は、ロシアの当局であれ、日本の当局であれ、一番近い当局で解決されるべきだと定められていた。このことはロシアによる島南部(アニワ湾)への公然たる侵略という事態を導いた。

 日本がとるべき道に関しては、多くの意見が分かれていた。1870年北海道行政府の副代表(北海道開拓次官)だった黒田清隆は、サハリンは日本の手にあまる存在であり、日本は北海道における自らの地歩を固めるべきだと考えて、サハリンにおける日本の権益を放棄する方向に傾いていた。だが、とりわけイギリスは、その島が拡張するロシアの影に入らないようにと、島の開拓に乗り出すように日本に働きかけていた。
 サハリン問題の背後には、日露間に安定した国境がないという、より大きな問題が横たわっていた。ロシア極東軍の陸海軍本部がニコラエフスクから、600マイル南にあるウラジオストクに移されたが、そこは日本の本州に面していた。当時多くの識者の意見によれば、ロシア人はウラジオストクをすぐに主要な海軍基地にまで発展させる意志もなければ資金もなかったから、このことはそれほど重大ではなかったけれども、当然ながら、日本人にとっては憂慮と絶えざる警戒の的となった。
 それゆえ、両国間の関係は悲喜こもごもの関係だった。ロシアと日本は1855年に下田条約に調印した。1862年幕府が竹内保徳の遣欧使節をヨーロッパに派遣したとき、一行は六週間ロシアに滞在した。サハリンに関する協議は結論を見なかったが、一行は開港を延期する議定書をロシアとの間に締結した。ロシアが関心を持っていた条約上の港が、日本と国交を結んだ他の列強のそれとは異なっていたのは事実である。他の列強の権益が横浜に集中していたのに対して、ロシアは函館の方に関心を抱いていて、ついで長崎、新潟にも興味があった。しかし、ロシアはサンクトペテルブルグを訪れてくる日本の政治家たちの扱いにかなり手慣れており、概して友好的態度を示していた。一方、このころアレクサンドル大公が日本を訪問したが、彼もきわめて丁重なもてなしを受けた。だが、その一方で、全体としては半信半疑で疑うような雰囲気が漂っていた。日本の側ではロシアの将来の意図がわからなかったし、帝政ロシアの側からすれば、自国の野心に満ちた前線指導者たち(プチャーチン提督のような)がロシアをどこに導いていくのかわからなかったのだから。
 使節団の共同副使には大久保利通と木戸孝允があたり、伊藤博文と山口尚芳は上級の団員だった。・・・・・

 大久保はロシアについてもっとも探究心旺盛な団員だった。大学南校の俊才で現状報告のためにロシアに派遣された西徳二郎を通じて事前学習をしていたことからも、それは明らかである。・・・・
 1870年7月26日西は横浜からアメリカ経由で出航し、12月にサンクトペテルブルグに到着した。彼は公には首都の大学に学ぶ文部省派遣留学生だったが、その裏でロシア情勢について故国に秘密の報告を送っていた。・・・・大久保はロシアを見るのを楽しみにしており、一方彼の愛弟子だった西は彼の到着を指折り数えて待っていた。しかし、不思議なほど皮肉なことに、使節団がベルリンを出発する直前になって、大久保と木戸の任を解いて、すぐに帰国させるよう岩倉に求める幾通かの通達が三条実美から届いた。・・・・この要請について検討した結果、残念ではあるが、大久保は帰国するという妥協がはかられた。
引用終わり
posted by 小楠 at 07:17| Comment(1) | TrackBack(0) | 外国人の見た日本A
この記事へのコメント
明治2年3月から江戸薩摩藩屋敷に出入りしていた庄内藩機事係松本十郎は、@幕末に薩摩藩邸を襲撃した庄内藩は見事西郷の挑発にのった事件であったこと、A奥羽戊辰戦争で9月27日最後に開城した荘内鶴岡城に於る寛大な処分は表面にたった黒田のものではなくて西郷の方針であったことを知った。B樺太問題は新政府の外交の第一の緊急課題であること、Cその最前線に文久2年から3年間警衛士として西蝦夷地で暮らしていた松本十郎の経験は非常に貴重であること、D西徳二郎と松本十郎は慶応3年、4年共に昌平校で論じあった仲であったこと、孟子・陽明学にひかれたこと、Eそれが黒田や大久保に調法され、西郷の意向に沿う適任者として、松本十郎は敗戦した奥羽越列藩同盟国からただひとりの勅任官・北海道開拓使判官に任命された。西は薩摩藩邸に松本十郎がくると荐と蝦夷地と魯国の情報を聞き出した。松本十郎は明治2年9月、北海道へ品川沖から出航した。
西徳は次第に大久保に引き込まれたが松本十郎はあくまで西郷の公益と誠心で貫いた。アイヌと移住民の稼ショクを徹底して擁護する開拓方針に据えた。アイヌをさん付けで呼び、差別を許さず、その基本的人権を尊重した。樺太引上げアイヌの漁業による生計と感情を尊重して移住先の希望地を認めたが、私益優先・我田引水政治の悪しき流れのひとつの元祖になった榎本・黒田に松本十郎は北海道からはじき出されてしまった。つまり公益優先の西郷による日本の近代化は北海道で松本十郎が明治9年8月まで具体化したといえよう。大久保・西徳は西郷の心をどこまで引継いだといえるだろうか?


Posted by 蝦夷頑民 at 2009年12月30日 16:27
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/10871262
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック