2008年02月01日

朝日新聞の南京一番乗り

南京陥落時のアサヒグラフ

今回のご紹介は、昭和13年1月27日に発行された、朝日新聞社の週間朝日・アサヒグラフ臨時増刊・支那事変画報・第十一号です。
 南京陥落から入城後の大虐殺があったとか言う丁度その時の朝日特派員の写真報告を本日から三回に分けて掲載してみます。
こちらでは映画「南京の真実」第一部の試写会が始まっています。
今回掲載の写真は全て拡大できますので、当時の紙面をお楽しみ下さい(皮肉)。
写真はその表紙、キャプションは『江南某基地における「陸の荒鷲」のお正月』となっています。
asanankin01.jpg

次は『南京一番乗り「感激に声なき脇坂部隊の万歳」』と題されたページです。
asanankin02.jpg

主文を引用します。(現代仮名使いにした部分もあります)
【南京光華門外にて平松、藤本両特派員十二月十一日発】
 南京一番乗りの栄誉は遂に脇坂部隊将士の頭上に燦として輝いた。記者等(平松、藤本両特派員)は九日午前五時部隊の主力が南京城壁下にタッチして以来付近の陸軍兵営の一角から眼前に展開する壮烈極まりなき激戦の推移を手に汗を握って観望し遂に心の底から迸しる城内占領の歓喜の叫びをあげることができたその時の感激歓喜こそは永久に忘れ難いものである。
 愈城壁に辿りつくという九日払暁高橋門付近部落で全将士は背嚢を整理し、ただ食料として僅かに残る乾麺麭麭と付近農村で手に入れた生の甘藷を袋に入れて腰には能う限りの弾丸が詰められた。
 群がる残敵を撃破し右翼は城壁外の丘陵を掩護物として左翼は陸軍兵営の建物を盾として城壁下に進む。眼前には一条のクリークが横わって我等の進路を阻む。只光華門に通ずる橋梁が我が軍を門内に誘導するかの様に壊されもせず架っている。城壁上の敵兵は早くもわが軍の進撃に備えて機銃口を城壁の銃眼に一列に並べ間断なく射ちまくる。わが歩兵部隊は弾雨を潜って今将にスコップを揮って懸命に塹壕を掘っている最中である。一秒でも早く一寸でも深く掘らねば何等の掩護物とてない丘陵の上の原っぱのこと、高い城壁から射ち下す敵機銃の餌食になるばかりだ。
 傍らの○砲は砲身も焼けよと射って射って射ちまくる。一発また一発弾丸は光華門の窅湾部に命中するが幾重にも積まれた土嚢のため門はビクともしない。かくて九日も遂に機関銃、小銃戦で暮れて行った。
 徹夜で射ち続ける敵弾は我が勇士の身辺を包み一寸の進撃も許さぬ迫撃砲、野砲は盛んに炸裂し、われ等は生きた心地もない。後退するも前進するも悉く弾雨の危険地帯を突破せねばならぬ。部隊長は「大丈夫だ、明日には必ずあの城壁に日章旗を掲げて見せる」と力強く言ってのける。

 明ければ十日、夜間歩兵部隊は一歩一歩壕を掘って進んだものと見えてクリークまで土竜戦術で迫っている。しかし城壁の敵は頑強に頑張って銃砲声は少しも衰えない、この時力強く感じ有難く思ったのは空軍の掩護であった。朝七時旭日東天に昇る頃から空軍の大爆撃が始まった。城壁城門の重砲陣地に神技とも言うべき正確さで命中する巨弾、その都度空中高く吹き上げられる敵兵を見ると敵弾下にある将兵も声を張って『やった、やった』と叫ぶ。
 生芋ばかり食っている将兵ももう南京一番乗りの栄を眼前に精神力の困苦を蹴散らして素晴しい元気だ。
 午後三時我決死爆破隊の勇士○○名が爆薬を肩に前線に到着した『今度こそやっつけるぞ』部隊長は希望に輝いた。工兵決死隊が鉄兜だけの武装姿で真一文字に爆薬を持って城内に走り込んだ、幸いにも損害はない『ああ天佑だ、よかったよかった』と喜ぶ折も折轟然たる爆音、真黒い硝煙が城門を包んだのも一瞬、晴れ行く硝煙の影に光華門の一角に僅な穴があいて居るではないか
 時に午後五時『しめた、うまく行った』部隊本部で二、三の将校が異口同音に叫ぶ。この時ばらばらと橋を渡り行く勇敢な歩兵、物凄いダッシュで光華門の中に飛込む一隊また一隊、ああ遂に伊藤隊の主力は光華門を占領したのだ。立ちこめる硝煙の薄靄の中に夕陽を浴びて日の丸の旗があがった。敵の作った土嚢は今わが将兵が占領の栄誉を示す日章旗掲揚にこの上ない掩護物となっている、二旗、三旗幾つもの旗が右左に振られて居る。滅茶苦茶に振られて居る。城壁上の勇士の万歳の声は猛烈な銃声ではっきり聞こえないが、あの旗を振る態度によって感激にふるえつつ万歳を絶叫しつつあるのがよく判るようだ。

 脇坂部隊長以下全員『ああ巧くいった。よかったよかった有難う有難うよくやってくれた』と後は感激の極、言葉が思うように出ない、万歳の絶叫が終ると直ちに後方の部隊へ報告だ『午後五時二十分光華門占領部隊は第○○隊の第○○隊と第○○隊であります、只今懸命に旗を振っています』という送信者の声も嬉しさにふるえている。敵兵は猛烈なる反撃を加えて来たか又も銃砲声頻り、陽は漸く落ち唯紫金山の山影が戦場を物凄く彩っている。

以下にこのページの写真のキャプションです。
右ページ写真上:中華門より入場せんとする千葉部隊(12月13日上野特派員撮影)
右ページ写真下:昨日までの激戦の地紫金山を右手に望みつつ坦坦たる中山路を入場する皇軍(12月14日小島特派員撮影)
左ページ写真上右:我が砲撃によって破壊された中華門前の橋(12月13日熊崎特派員撮影)
左ページ写真上左:12月13日払暁三時中山門を占領せる大野部隊は潮の如く中山路の大通りを中心に故宮飛行場方面へと進撃して市街地に入り、抵抗する敗敵を掃蕩、中央軍官学校、国民政府等の主要機関も我が手に帰し、かくして南京城は完全に陥落したのである。写真は中山路を進撃する大野部隊(12月13日熊崎特派員撮影)
左ページ写真下:富士井部隊は大野部隊に続いて中山門に突入したが、写真は中山門外に整列入城せんとする富士井部隊の主力(12月13日熊崎特派員撮影)
終り
posted by 小楠 at 07:18| Comment(6) | TrackBack(3) | 反日マスコミ
この記事へのコメント
 TBありがとうございます。

 ご無沙汰しております。
 この描写は、南京48人の証言の中でも、元朝日の記者が言ってなかったかな?うろ覚えで申し訳ないですが、それだけあちこちで見た資料がそう語っているのかも知れません。
 左派や肯定派の資料のどこを見ても30万もの「虐殺」の資料に、未だお目にかかっていませんし、「虐殺」の定義すら明記されず心証操作に明け暮れています。
 左派や虐殺肯定派は、どうも現代の感覚でまるで審判のいるスポーツを高見から見るかの如き錯覚に陥ってしまい、当時の戦争が命懸けの血で血を洗う肉弾戦であったと言う感覚が根本的に抜けているのではないかと思えてなりません。
Posted by tono at 2008年02月01日 18:15
TB有難うございます。
12月に「参戦勇士の語る「南京事件」の真実」、1月に「南京の真実(第1部)七人の死刑囚試写会」に参加しました。虐殺なんてありえません、朝日も当時は真実を伝えていたのですね。
試写会翌日は、品川寺に参拝し鐘を撞いてきました。合掌。
Posted by 練馬のんべ at 2008年02月01日 19:56
tono様
「南京の真実」第一部の完成などもあって、この機会に中国や反日の教育や宣伝に疑問を持ってくれる人が少しでも増えて欲しいと、今回アサヒグラフを引用してみました、少しでも効果があればいいのですが。
Posted by 小楠 at 2008年02月02日 08:35
練馬のんべ様
試写会に行けてよかったですね、どうも僻地に住んで居るとなかなか行きたい催しにも行けず残念な思いをしています。
全国から貸し出しのフィルム使用の希望もあるようで、この機会に是非、東京裁判の茶番、中国のプロパガンダを自分の判断で考える人が増えて欲しいものです。
Posted by 小楠 at 2008年02月02日 08:54
ご無沙汰しております。
虐殺肯定派は何を出しても、”これこそ日本軍のプロパガンダの賜物でしょ”とか言って一部の真実さえ決して肯定的に捉えない。
結局、彼らというのは南京なんてのはどうでもよくて、ただ否定派の否定で悦に浸りたいだけの奴なんだなぁと思っております。

私も1.25には確かに会場入りしたんですが、遅れたために全くと言って良いほど見ておりませんでした。
2.9の大阪にも行きたい気分です・・・というか行くかもです。
Posted by kousotsudr at 2008年02月04日 14:52
kousotsudr様
ご無沙汰です。
>>ただ否定派の否定で悦に浸りたいだけの奴なんだなぁと思っております。

確かに的を得た観点ですね、日本を貶めるためには何でもあり。ほとんどが反日利権から離れられないのでしょうか。
試写会には残念ながら行けません、DVDの配布を心待ちにしている状態です。
このまま第二部、第三部を無事に完成させて欲しいと願っております。
Posted by 小楠 at 2008年02月04日 22:24
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/10337848
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック

映画「南京の真実」関連情報
Excerpt: 今回は、映画「南京の真実」の関連情報を取り上げます。 ☆映画「南京の真実」第一部「七人の『死刑囚』」ですが、全国各地から上映したい...
Weblog: 新・へっぽこ時事放談
Tracked: 2008-02-01 15:05

「南京の真実・七人の死刑囚」と品川寺
Excerpt: 「南京の真実」の第一部「七人の死刑囚」の試写会@読売ホールに参加しました。 5:
Weblog: 家族がいちばん
Tracked: 2008-02-01 19:57

<天声人語>はシナ産「毒餃子」と伝統的ふぐ料理を同一視
Excerpt:  シナ製「毒餃子」に対する警戒拡散=中共・間接援護策が、朝日新聞によって早速始まった。 天声人語 2008年02月01日(金曜日)付  あぶない食べ物の筆頭といえば、古来フグだろう。美味なだけにあ..
Weblog: 陸奥月旦抄
Tracked: 2008-02-02 16:12