2008年07月09日

チャンドラ・ボース登場

インド独立の巨星チャンドラ・ボース

 ご存知の方には興味深い本ではないでしょうか。インド独立とは切っても切れない人物・藤原機関のご本人(明治四十一年生れ)の著です。
 表題は「F機関」副題として「インド独立に賭けた大本営参謀の記録」となっています。日本がアジア諸国の白人支配からの独立にいかに大きな役割を果たしたかが詳しく解るでしょう。今回からは、その第二部の内容をご紹介して行きます、同じく昭和六十(1985)年初版の本からの抜粋です。
写真はシンガポールに到着したチャンドラ・ボース氏、先導は国塚少尉
Forg13.jpg

引用開始
 昭和十八年七月二日、ベルリンにあった印度独立運動の巨星スバス・チャンドラ・ボース氏が、忽然、シンガポールに、脚光を浴びて登場していた。颯爽、六尺の偉躯に、烈々たる闘志を漲らせてボース氏は潜水艦で、文字通り潜行三千里、南亜、マダガスカル沖を経て、五月六日、スマトラ北端のサバン島に上陸し、先ず東京に密行していたのである。それは、東条総理を初め、重光外相、陸海軍首脳等に面談して印度独立運動支援に対する日本の真意を確かめるためであった。
 去る十七年三月、山王会談の節、上京した南方代表モ将軍等との会談や、バンコック会議の決議に冷淡な態度を示した東条総理は、一見ボース氏に傾倒することとなった。重光外相のただならぬ推奨もあったが、その非凡の人物に魅せられた。あらゆる支援を約し、専用機を提供する優遇振りであった。更に六月十六日、ボース氏を衆議院に案内し、氏を前にして、親しく印度独立支援に対する帝国の理念と熱誠を披露する大演説を行った。混迷を続けたが印度工作の理念は、ボースの出現によって、ようやく鮮明になってきた。

 偉大なる指導者を、劇的裡に、シンガポールに迎えた東亜在住二百万の印度人は、歓呼熱狂した。モハンシン事件以来、紛糾と沈滞を続けたIIL、INAの運動は、この一刹那に、起死回生、闘志と結束を復元倍加した。七月四日には、同地に開催されたIIL代表者大会において「自由印度仮政府」の樹立が決議宣言され、ボース氏は満場一致、その首席に推された。かくて大東亜における反英印度独立闘争統帥の地位は、ラース・ベハリ・ボース氏からスバス・チャンドラ・ボース氏に継承せられることとなった。チャンドラ・ボース氏は、ネタージ(総帥の意)・ボースと敬称せられた。七月五日、ネタージ・ボースは一万五千のINA将兵を、シンガポール支庁前の広場で閲兵し、次の歴史的大獅子吼を行った。彼が半生の独立闘争に求めて得られなかった革命軍を、今、掌中におさめ得たのである。その歓喜と感激は、余人の想像に絶するものであったであろう。
続きを読む
posted by 小楠 at 07:27| Comment(1) | TrackBack(2) | 書棚の中の人物