2008年04月30日

知ってはならない歴史5

韓国併合で知ってはならない歴史3

若狭和朋氏の著「日本人が知ってはならない歴史」という本をご紹介しています。教育学博士若狭氏は、公立高校の教師を平成15年に退職後、現在は人間環境大学講師です。
「知ってはならない歴史」というのは、知られては困る歴史という意味である。私たち日本人に知られては困る歴史・史実とは何だろう。だれが困るのだろうか。

引用開始
 当時の日本でも(朝鮮との)合併に対して異論がなかったわけではない。伊藤博文は保護国論に近い立場にあった。強硬な合併論者はいても、いわゆる植民地化論者は皆無であった。これが事実である。当時の朝鮮は極度に貧しく、李朝の苛斂誅求によって国は衰亡したも同然であった。朝鮮の前には、独立の選択肢は存在していなかった。滅亡か、日本との連衡による滅亡回避かの二択しかなく、他の道はあり得なかった。これが歴史の事実である。
 当時の日本に朝鮮植民地論者は皆無であった、と書いた。
 植民地という以上は、コロニーとしての「うま味」がなければならない。例えば収奪の対象になり得る財貨・物産が、当時の朝鮮に存したのだろうか。
 そんな物はありはしない。
収奪した物を運ぶ道路はない。鉄道はない。港湾はない。橋はない。破壊されたハゲ山、堤防のない河川と、洪水の危機に曝され、野放しの農地と破壊された自然というのが、李朝支配五百年余の惨たる風景であった。
 李朝の国是は「衛正斥邪」だが、この中華従属イデオロギーの自家中毒が李氏朝鮮滅亡の根本原因である。

 半島が独立したのは日清戦争での清国の敗北の結果であり、下関条約第一条で朝鮮の独立が規定されてからである。にもかかわらず、朝鮮の独立を奪ったのは日本だという韓国人、朝鮮人がいることを、私は奇観だと思う。同時に、私は合併は日本の現代史上、最大の過誤であったと言わざるを得ない。
 元の時代、高麗朝の貴族は競って「創氏改名」して、モンゴル式の名を名乗った。元が明に代わると、高麗の武将の李成桂は高麗朝を滅ぼし、朝鮮の国号を頂戴した。そしてさらに「創氏改名」して中華風の名乗りに変えた。
 清の時代になると、清朝は満州族の王朝だから、朝鮮は明に殉じて小中華をもって任じ「衛正斥邪」を国是とした。だから、明に忠節を尽そうとした宋時烈たちの義挙もあった。だが、清軍に撃破(丙子胡乱、1636年など)されると清の忠良なる属国となった。
 日本と合併ののちは、「創氏改名」を希望する者が多く、朝鮮総督府は申告制で対応した。・・・・・日本式の名乗りが多くの利便を韓国人に与えたことは事実である。支那でも、アジアでも欧米ででも、日本人として振る舞うことの利便は大きかったし、日本式の名乗りを好んだ韓国人は少なくはなかった(台湾では許可制であった)。特に支那では、ほとんどの韓国人が日本式の名乗りを用いた。
続きを読む
posted by 小楠 at 07:08| Comment(0) | TrackBack(0) | 書棚から真実を