2008年04月21日

殺人者の楽園文化大革命

石平著「中国大虐殺史」から引用してみます。今回は朝日新聞などが絶賛していた文化大革命の記述です。
写真は批闘会に引出された前国防部長、彭特懐。マオより
sekihei03.jpg

引用開始
 毛沢東が権威回復のために破落戸(ならず者)と無知層を利用し数千万人の餓死者を出した大飢饉の発生をもって、毛沢東が推進した「大躍進政策」は完全に失敗に終った。それで威信を失墜した毛沢東は、徐々に党務と政務の第一線から退き・・・・毛沢東自身は、党全体から敬して遠ざけられる「雲の上」の存在となった。
 まさにこの政治状況を打破して自らの政治権威を回復するために、毛沢東は文革の発動に踏み切ったのだ。彼がとった政治手法は、党と政府の幹部階層にたいする一般民衆の不満を利用して、「下からの造反」という形の民衆運動で党の組織を破壊し、党内実務派を一掃することであった。
 毛沢東は林彪将軍という野心家の軍人を手先に使って軍隊を掌握する一方、「地痞流氓」の文人版である「四人組」を党の中枢部に抜擢して身辺を固めた。その上で、毛沢東は天真爛漫にして無知な学生たちを煽り立てて紅衛兵として組織し、社会下層の破落戸たちを「造反派」に仕立てた。
 
彼らを突撃部隊として、狂瀾怒涛のごとく造反運動をいっきに展開したのである。
 いったん発動された造反運動の及ぼす範囲は、もはや各級の党組織や実務派幹部たちを対象とする限定的なものに止まらなかった。いつのまにか、大学の教授から小学校の先生まで、作家・芸術家から各分野の芸能人まで、旧家・素封家の出身者から地主や資本家たちの子孫まで、医師や技術者から一般の職人まで、要するに中国社会の中で多少の権威と財産と名声を持つ者、あるいは知識と技能を持つ者のほとんど全員が、この凄まじい造反運動に巻き込まれて、政治的迫害の格好のターゲットとなったのである。
 どうしてそうなったのかといえば、理由は簡単である。
 この「大革命」は中国社会の中の破落戸の階層と、無知な紅衛兵たちを主力部隊とする「地痞流氓の革命」である。したがって、普段なら地痞流氓と正反対の社会的立場にある人たち、あるいは社会下層の地痞流氓からすると嫉妬と恨みの対象となりえる人たちは当然、この「大革命」で打倒され迫害される羽目にならざるを得ない。そして、「理由なき反抗」に飢えている紅衛兵たちにしてみれば、なんらかの「権威」をもった煙たい存在、たとえば学校の先生などは、造反運動の格好の対象なのである。
 とにかく、紅軍時代に敢行した「一村一焼一殺」と同様、毛沢東のひきおこした革命はいつまでも、下品な「地痞流氓」の造反なのである。そして、無知な紅衛兵と人間性の欠如した地痞流氓を主力部隊とする史上空前の大造反運動は、やり方も、残忍極まりないものであった。・・・・
続きを読む
posted by 小楠 at 07:12| Comment(0) | TrackBack(0) | 書棚の中の中国