2008年04月15日

将軍の小姓の身の上話4

維新の将軍慶喜に仕えた小姓4

今回ご紹介している「ヤング ジャパン2」の著者ジョン・レディ・ブラックは1827年スコットランドに生まれ、海軍士官となった後、植民地のオーストラリアに移って商業を営んだが、友人から聞かされていた美しい景色と人情の国日本訪問を考えていた。事業の失敗後、本国へ帰る途次に観光程度の気持で立ち寄った日本に結局十年以上も滞在し、日刊の『ジャパン・ガゼット』を発行しました。本書「ヤング・ジャパン」は1880年(明治十三年)に出版されています。

引用開始
 戦闘の知らせは、たちまちひろがり、もちろん将軍の耳にも入った。この日、御前は、後になって官軍と知られる側に加わっていた主な一大名の家老に謁見を許した。この家老は、将軍に毅然とした態度を取るように促し、そうすれば、刀一本たりとも、将軍に向って抜かせないと保証した。
 突然、使者が駆け込んで来て、伏見の戦闘が始まったことを告げた、ただちに混乱状態が起った。
戦闘は三藩に有利だった。その最中に、極めて嘆かわしい裏切りが起った。伏見に布陣していた津藩が敵方に投じて、友軍に刃向かって来た。この大名の偉大な祖先は、家康の最も忠実な部下の一人だったし、誰も、こんな卑劣な戦場放棄が起ろうとは、考えても見なかった。
 養父が将軍に従って大坂に行った時、私も同行した。それで、私は事態の進展を目撃していた。

 戦闘と幕軍の敗退を聞くと、慶喜はただちに江戸への出発準備を命じた。そこで養父は急いで、心斎橋近くの舟小屋から小舟を手に入れ、将軍はこれに乗って、在港中の汽船へ急いだ。将軍と数人の御老中と役人は、無事に開陽丸に着いた。ただちに蒸気があげられ、進路を江戸に向けたそうだ。
 今や、あらゆる困難が始まった。私自身についていえば、どうやって逃げたのかわからない。養父は御前と同行し、私は一人城内に残された。大部分の兵士が恐怖にとらわれた。たくさんの千両箱を見たが、誰も最初は、それを持ち出そうとは思わなかった。みんな自分の命のことだけ考えていた。ついに、ほかの者よりも冷静だった一人の役人が全兵士に、全力を尽して、紀州へ向うように命じ、千両箱はその路銀にあてるために持ち出された。
 奥女中は、開戦の数日前に、海路から江戸へ行った者もあったので、そこは、すでに人気がなかった。
 三藩の兵士は素早く大坂に着き、徳川軍が放火していた城を占領した。そしてくまなく捜索した。その間にある者は外国公使館へ向った。ここでも人気はなかった。
続きを読む
posted by 小楠 at 07:10| Comment(2) | TrackBack(0) | 書棚の中の日本