2008年04月14日

将軍の小姓の身の上話3

維新の将軍慶喜に仕えた小姓3
今回ご紹介している「ヤング ジャパン2」の著者ジョン・レディ・ブラックは1827年スコットランドに生まれ、海軍士官となった後、植民地のオーストラリアに移って商業を営んだが、友人から聞かされていた美しい景色と人情の国日本訪問を考えていた。事業の失敗後、本国へ帰る途次に観光程度の気持で立ち寄った日本に結局十年以上も滞在し、日刊の『ジャパン・ガゼット』を発行しました。本書「ヤング・ジャパン」は1880年(明治十三年)に出版されています。

引用開始
 私は、丈夫な身体ではないが、幼い時から父に剣術を教えられていた。それで、剣術では、相手として人から軽蔑されることは決してなかった。また槍と弓術の使い手だったが、特に所望されないかぎり、殿中では自分の力量を見せたことはなかった。
 将軍の一番のお気に入りの競技で、また非常にすぐれていたのが打球(馬上ホッケー)で、小姓達に競技に加わるように命じるのが常だった。また時には、一緒に射撃をするように命じることもあったが、これは、めったになかった。私は馬術では上達していなかったが、少しは心得があり、これは将軍が教えて下さった。

 以上が殿中における表面の生活だったが、私どもはみな、主人の心に重荷がかかっていることを知っていた。この重荷に堪えるには、毅然とした人物が必要だった。私どもは始終、将軍の傍にいたが、幕府内部で起っている事柄を聞くことはなかった。
 将軍が普段よりも落ち着かなく見える時もあったが、概してもの静かで、無口だった。今となっては、将軍の生活が幸福だったというわけにはゆかなかったと思う。というのは、友人がいなかったからだ。
 大名でも、将軍とははかり知れないほど、身分の低い者と見なされていたので、彼らと交際することは不可能だった。将軍の前に出る大名は、床まで頭をすりつけて、会見の間中この姿勢でいなければならなかった。したがって、将軍との食事に招かれることはなかった。将軍が大名や他の人と会うのは、厳密に政治に限られていて、それも作法ずくめだった。
 大坂と兵庫を外国人に開港する時期が迫って来た頃の京都の興奮状態を、私はよく覚えている。当時十五歳にすぎなかったが、それでも、私の外国人に対する偏見が、他の日本人同様に、強かったことを十分覚えている。将軍が、外国人について何かいわれるのを聞いたことはなかった。しかし、大坂で仏国公使が将軍を訪れ、公使は、贈物として徳川家の紋入りの刀を授けられ、早速それを革帯にさして、城を辞去した時、私はお傍にいた。
続きを読む
posted by 小楠 at 07:13| Comment(0) | TrackBack(0) | 書棚の中の日本