2008年04月11日

将軍の小姓の身の上話1

維新の将軍慶喜に仕えた小姓1

今回ご紹介している「ヤング ジャパン2」の著者ジョン・レディ・ブラックは1827年スコットランドに生まれ、海軍士官となった後、植民地のオーストラリアに移って商業を営んだが、友人から聞かされていた美しい景色と人情の国日本訪問を考えていた。事業の失敗後、本国へ帰る途次に観光程度の気持で立ち寄った日本に結局十年以上も滞在し、日刊の『ジャパン・ガゼット』を発行しました。本書「ヤング・ジャパン」は1880年(明治十三年)に出版されています。
写真は徳川慶喜young14.jpg

引用開始
 殿中における一橋(徳川慶喜)の日常生活を一瞥することは、すべての読者に、特に興味のあることであろう。以下は、将軍の就任時から大坂退去に至るまでの間、小姓として勤めた一紳士が、私に書いてくれた一文だ。これは数年前、雑誌『ファー・イースト』にも載せたが、もう一度掲載する価値が十分あろう。

彼の登城、家茂の親切
 私は1853年(嘉永六年)越前の国の福井市の近くの村に生れた。父は同藩のサムライ、剣術の指南役として有名であり、この道では、私も幼少から、かなり上達していた。十歳で、私はある人の養子となり、京都に連れていかれた。その人は将軍家に勤めていた。
 家茂が京都に来た時、私の養父に、時折私を遊びに、城内に連れて来るように命じた。これが私の城中へのお目見えでした。私は将軍の小姓役を命じられたことはなかったが、しばらくの間、その役を勤めた。家茂の死去から幕府の崩壊までの期間に、私は外国人読者にとって、多分興味深いと思われる多くのことを見聞した。

 家茂が、1858年(安政五年)に前将軍の死後、将軍職に任ぜられた時、まだほんの青年だった。前将軍は、ペリー提督のもたらした米国大統領の親書を受け取ったのち、間もなく死去した。
 家茂は御三家の一つ、紀州候の子息であった。御三家とは、水戸、尾張、紀伊という将軍家の一族で、この三家だけから、将軍が選ばれる。家茂は、ミカドの妹で、非常に可愛らしい和宮(年は彼とほぼ同じ)と結婚した。
 私が始めて将軍にお目にかかったのは、1866年(慶応二年)だった。私の養父は御側御用人、すなわち、小姓の頭であった。これは、城内の全部署を監督すると同時に、将軍の身のまわりの世話や御老中の文書をすべて将軍に伝える役を含んだ職務であって、重要な仕事だった。当時はまた、全大名が毎年一定期間江戸居住を強制されていて、彼らが江戸に着くと、登城して将軍に祝賀の言葉を述べ、例外なく国許から持参した贈物を献上することになっていた。この身分の高い来客の案内をするのが、養父の仕事であって、もちろん非常に重く見られていた。
 私は江戸には行ったことはない。私が始めて京都の城――有名な二条城――に連れて行かれたのは、将軍が上京した時だった。

続きを読む
posted by 小楠 at 07:09| Comment(0) | TrackBack(1) | 書棚の中の日本