2008年04月09日

将軍と外国人との交際

将軍自身が日本人と外国人の楽しい交際を始めた人

今回ご紹介している「ヤング ジャパン2」の著者ジョン・レディ・ブラックは1827年スコットランドに生まれ、海軍士官となった後、植民地のオーストラリアに移って商業を営んだが、友人から聞かされていた美しい景色と人情の国日本訪問を考えていた。事業の失敗後、本国へ帰る途次に観光程度の気持で立ち寄った日本に結局十年以上も滞在し、日刊の『ジャパン・ガゼット』を発行しました。本書「ヤング・ジャパン」は1880年(明治十三年)に出版されています。
young12.jpg
写真はハリー・パークス

引用開始
 5月2日(1867)、パークス卿とその随員は、将軍との私的な会見を許された。会見の終わりに、騎馬護衛隊は将軍の前で、分列式を行い、アプリン大尉の指揮で、演習を見せた、これは将軍を大層喜ばせたようだ。
 ついで英国公使と随員は、大晩餐の用意された部屋に案内された。晩餐はフランス風の料理で提供され、皿やグラスはすべて最高のヨーロッパ製品であった。将軍自身が主人役をつとめた。彼が上座につき、右手にパークス卿が坐った。
 食事の後、デザートがテーブルに出され、将軍は英国の女王と、ついで公使の健康のために乾杯を提案した。この二つの乾杯に対して、パークス卿が答礼の乾杯をした。一行が席を立つと、別棟に会場を移し、コーヒーが供された。将軍の役人が、将軍の贈物を持って来た。

 翌日は、オランダ公使が、将軍と私的会見を行った。あらゆる点で、英国公使の場合と同様だった。数日後、米国公使が到着すると、彼も同じように招かれた。最後にレオン・ロッシュ閣下が将軍の歓待を受けた――その際には、ゲリエール号の軍楽隊が参列した。
 私的会見の数日後に、同じ順序で、公式の会見が行われた。
 公式会見では、日本側役人は殿中の正装で出席した――床の上に長く、後方に引きずる長袴、上衣には、着用者自身と将軍の紋が前側に刺繍してあった。頭には、奇妙な小さい黒い帽子をかぶっていた。
 公使団が城に着くと、外国事務総裁に迎えられ、将軍の前に導かれた。一行は将軍にうやうやしく頭を下げて、一言、二言挨拶した。これに対して、将軍は起立して挨拶を受け、適切な言葉で答礼した。
 ついで一行は、老中筆頭の板倉伊賀守によって別室へ案内され、将軍家の紋を縫い取りした豪華な殿中用装束を贈られた。将軍は、前側に朱色で紋を縫い取りした袖のついている非常に豪華な白絹の召物を着けていた――そして幅の広い袴をはき、小さい黒帽子をかぶり、腰にはみごとな刀を差し、もう一本は脇の刀架にかけてあった。
 私的会見の際には、部屋はすべてヨーロッパの一流のぜいたく品で飾ってあった。床には、豪華なブラッセル絨毯を敷き、壁には、花鳥の描かれている金箔紙が張ってあった。

続きを読む
posted by 小楠 at 07:09| Comment(0) | TrackBack(0) | 書棚の中の日本