2008年04月04日

日本人の国民性

維新当時に見た日本の国民性

今回ご紹介している「ヤング ジャパン2」の著者ジョン・レディ・ブラックは1827年スコットランドに生まれ、海軍士官となった後、植民地のオーストラリアに移って商業を営んだが、友人から聞かされていた美しい景色と人情の国日本訪問を考えていた。事業の失敗後、本国へ帰る途次に観光程度の気持で立ち寄った日本に結局十年以上も滞在し、日刊の『ジャパン・ガゼット』を発行しました。本書「ヤング・ジャパン」は1880年(明治十三年)に出版されています。
young08.jpg

引用開始
 日本人は、他の性質にもまして、常に一つの特性――せんさく好きで有名だ。彼らは静かに外国人の家の中に入って来て、「部屋を見せてもらいたい」と頼む。これは必ずしも気持のいいことではないが、断る人はめったにいない。確かに、こんな機会にめぐまれた人々は、見たこと――部屋の大きさ、優美な家具、輝いた鏡、高価な皿、デラックスな寝室、すべてにゆきわたっている清潔と心地よさなど――をなんでも報告した。

 このようにして、次第に日本の紳士は自宅の中に一室は西洋式に設備する習慣を作り始めた――立派な畳の上の真ん中に、みごとな正方形の絨毯や毛布を敷いたり、絨毯の真ん中に豪華な織物をかけたテーブルをおき、そのまわりを椅子で囲んだり、障子一枚には少なくともガラス窓をはめ、時には部屋の壁に絵や鏡をかける。
 肉を食べ始め、好きだという者が多くなった。誰でも、いくらでも、シャンパンを飲み、このようにして、すっかりお気に召したところを見せた。
 だが、まだ公然と洋服を着て、歩く者はなかった。そんなことをするものは、確かにこっぴどく、やっつけられたろう。たが間もなく、彼らは心配なく洋服を着た。なるほど、種々さまざまではあったが、大なり小なり、前向きの動きが現れた。
 もう一つ目に付いたことを話そう。ヨーロッパの子供がよい肉屋の肉で育っている年になるまで、日本の子供は、まだ母親の乳を飲んでいるが、日本の大人は最近まで(現在でも多くの者は)、牛乳を嫌った。これは度し難い。外国人がこの国に出現して以来、いく年もたった後になって、やっとよい牛乳が外国人の日常の需要をみたすようになったにすぎない。手に入るわずかな牛乳も、ほとんどみなヨーロッパ人の肉屋の好意で売ってもらうわけで、その肉屋も、日本のよい牛を数頭飼っていて、おとくいに供給するために骨を折ったのである。

続きを読む
posted by 小楠 at 07:13| Comment(2) | TrackBack(0) | 書棚の中の日本