2008年04月01日

維新当時の日本の魅力

日本の魅力

今回ご紹介している「ヤング ジャパン1」の著者ジョン・レディ・ブラックは1827年スコットランドに生まれ、海軍士官となった後、植民地のオーストラリアに移って商業を営んだが、友人から聞かされていた美しい景色と人情の国日本訪問を考えていた。事業の失敗後、本国へ帰る途次に観光程度の気持で立ち寄った日本に結局十年以上も滞在し、日刊の『ジャパン・ガゼット』を発行しました。本書「ヤング・ジャパン」は1880年(明治十三年)に出版されています。
写真は当時の長崎寺町F・ベアト写真集より
young05.jpg

引用開始
 この国の美しさと一般に健康な気候と、日本人の気持のよい誠実さとは(公然と敵意を示す者は別として)、強い誘因となっていた。すべてが珍しく、他国で見るものとは全く違っていて、強い好奇心を呼び起した。訪問者たちは、読んだり聞いたりした知識があって、どんなに大きな期待をかけていた場合でも、決して失望しなかった。現在でさえ、遠くから来る外国人は、この国土と人間とが気に入っている。
 この国土は、少なくともその一般的な特徴には、大した変化はないようだが、人間は、外国人と十分接触するようになったところではどこでも、特に開港場では、その身だしなみや態度が大変変って来た。

 一民族として、日本人はみな柔和で、礼儀正しく、かなりの独立心を持っている。この独立心は、外国人の無愛想で、ぞんざいな振舞いに触れ、刺戟されると、すぐに表面にあらわれた。彼らが外国人から親しみ――これは日本人同士の間の習慣とは全く違っていた――をもって扱われると、この独立心は一層強められた。私は日本に上陸した最初の夜、一つの光景を見て、驚いたことを忘れられない。長崎のことだった。独身の友人達の家で食事をした後、テーブルが片づけられ、みんなは夕方涼むために広いベランダに席を移した。しばらく坐って、しゃべっていたので、若い仲間には、拳闘をするか、木刀で一勝負するのが、時間つぶしには一番よかった。やがて給仕をした「ボーイ」達が来て、見物した。明らかにその楽しみに加わりたいようだった――この望みはすぐにみたされた。彼らの見せた技から判断して、すでに初心者でないことは明らかだった。最初彼らは主人に真向から立ち向かい、ついでお互いに取り組んだ。このような影響下にあっては確かにすべての身分的差別がすぐに消え失せた。

 しかし、いたるところで、外国人との交際の結果は、日本人の行状に害をおよぼしていた。始めて会った時、日本人の挨拶には明らかにへつらいがあったとしても、すぐに消えた。彼らの無邪気、素直な親切、むきだしだが不快でない好奇心、自分で楽しんだり、人を楽しませようとする愉快な意志は、われわれを気持よくした。一方婦人の美しい作法や陽気さには魅力があった。さらに通りがかりに休もうとする外国人はほとんど例外なく歓待され「おはよう」という気持ちのよい挨拶を受けた。この挨拶は、道で会う人、野良で働く人、あるいは村民からたえず受けるものだった。なぜなら、こういう人達は、外国人になんら敵意を示さないし、粗暴な振舞いや侮辱を加えて、怒らせることも、しなかった。
続きを読む
posted by 小楠 at 07:11| Comment(0) | TrackBack(0) | 書棚の中の日本