2008年04月04日

日本人の国民性

維新当時に見た日本の国民性

今回ご紹介している「ヤング ジャパン2」の著者ジョン・レディ・ブラックは1827年スコットランドに生まれ、海軍士官となった後、植民地のオーストラリアに移って商業を営んだが、友人から聞かされていた美しい景色と人情の国日本訪問を考えていた。事業の失敗後、本国へ帰る途次に観光程度の気持で立ち寄った日本に結局十年以上も滞在し、日刊の『ジャパン・ガゼット』を発行しました。本書「ヤング・ジャパン」は1880年(明治十三年)に出版されています。
young08.jpg

引用開始
 日本人は、他の性質にもまして、常に一つの特性――せんさく好きで有名だ。彼らは静かに外国人の家の中に入って来て、「部屋を見せてもらいたい」と頼む。これは必ずしも気持のいいことではないが、断る人はめったにいない。確かに、こんな機会にめぐまれた人々は、見たこと――部屋の大きさ、優美な家具、輝いた鏡、高価な皿、デラックスな寝室、すべてにゆきわたっている清潔と心地よさなど――をなんでも報告した。

 このようにして、次第に日本の紳士は自宅の中に一室は西洋式に設備する習慣を作り始めた――立派な畳の上の真ん中に、みごとな正方形の絨毯や毛布を敷いたり、絨毯の真ん中に豪華な織物をかけたテーブルをおき、そのまわりを椅子で囲んだり、障子一枚には少なくともガラス窓をはめ、時には部屋の壁に絵や鏡をかける。
 肉を食べ始め、好きだという者が多くなった。誰でも、いくらでも、シャンパンを飲み、このようにして、すっかりお気に召したところを見せた。
 だが、まだ公然と洋服を着て、歩く者はなかった。そんなことをするものは、確かにこっぴどく、やっつけられたろう。たが間もなく、彼らは心配なく洋服を着た。なるほど、種々さまざまではあったが、大なり小なり、前向きの動きが現れた。
 もう一つ目に付いたことを話そう。ヨーロッパの子供がよい肉屋の肉で育っている年になるまで、日本の子供は、まだ母親の乳を飲んでいるが、日本の大人は最近まで(現在でも多くの者は)、牛乳を嫌った。これは度し難い。外国人がこの国に出現して以来、いく年もたった後になって、やっとよい牛乳が外国人の日常の需要をみたすようになったにすぎない。手に入るわずかな牛乳も、ほとんどみなヨーロッパ人の肉屋の好意で売ってもらうわけで、その肉屋も、日本のよい牛を数頭飼っていて、おとくいに供給するために骨を折ったのである。

続きを読む
posted by 小楠 at 07:13| Comment(2) | TrackBack(0) | 書棚の中の日本

2008年04月03日

明治日本のお正月

維新期と大変違った新年の祝い方

今回ご紹介している「ヤング ジャパン1」の著者ジョン・レディ・ブラックは1827年スコットランドに生まれ、海軍士官となった後、植民地のオーストラリアに移って商業を営んだが、友人から聞かされていた美しい景色と人情の国日本訪問を考えていた。事業の失敗後、本国へ帰る途次に観光程度の気持で立ち寄った日本に結局十年以上も滞在し、日刊の『ジャパン・ガゼット』を発行しました。本書「ヤング・ジャパン」は1880年(明治十三年)に出版されています。
写真は横浜の出初式モース100年前の日本より
young07.jpg

引用開始
 日本の一年のうちで一番、陽気な季節の一つ――正月、すなわち新年について、私はまだ話していない。
 今では、1864年の正月とは、祝い方が大変違っている。それは想像出来る限り、一番楽しく祝う祭日の一つだった。数日前から、たいへんな準備を行った。金持ちの家、役人の邸宅、商店、最もみじめな貧乏人の家でも、すっかり掃除して、清められた。たたみ替えがされ、毎日使うすりへった古い品物――お鉢、米びつ、種々の台所用具、そのほかたくさんの家庭用品――を修理し、新しいものと取り替える。
 餅という、特別な米菓子を用意する。すべてのものが「新しいピンのように」きれいにされた。最上等の着物を用意し、家庭の守り神を掃除して、礼拝し、親友とか、世話になっている人へ贈物を届けた。家の外側は、クリスマスの時のキリスト教国の風習とまったく同じように、飾り立てる。

 なかんずく主な勘定を集金したり、支払ったりして、始末をつけた。こうして人々は新年を十分に楽しもうと、準備した。
 去り行く年の最後の三、四日間は、毎晩この正月用の各種の商品を売る出店――たとえば装飾用の常緑樹や、お飾り、小さなお宮、すなわち木製の小さな神殿、エビやしだ類、その他いろいろな物を売る店――で、ごった返していた街路は、正月となると、つい今しがたの活気にみちた場面とは思えないほど、新年の昼間は、シーンとして人気がなくなる。家の戸は閉められ、正月前数日間の骨折りと騒ぎのうずにまかれて来た人々は、これから先の仕事と娯楽に入る前に、ゆっくりと休んでいる。
 私が、こんなふうに、ひと通り述べて来たことを知るためには、日本人町を散歩する価値はある。飾りは、見た目に美しいというばかりでなく、ある明白な意味――ありふれた興味以上のもの――を持っている。われわれのクリスマスの飾りは、かつては特殊な意味を持っていたとしても、今では、特別の祭の季節を表す常緑樹の飾りに過ぎないが、日本の飾りはそんなものではない。
 昔もそうであり、今でもそうだが、家の表玄関の両側には、松の木と竹を立て、奇妙により合わせたわらなわでそれを結ぶ。このわらなわにはシメカザリというものが下げてある。これは主として茹でエビとみかん、干柿、しだの枝、柏の葉、海草(コブ)で出来ており――そのぜんぶの上に、紙に包んだ炭がのせてある。

続きを読む
posted by 小楠 at 07:10| Comment(2) | TrackBack(0) | 書棚の中の日本

2008年04月02日

外人を見た日本人の反応

江戸湾横断旅行

今回ご紹介している「ヤング ジャパン1」の著者ジョン・レディ・ブラックは1827年スコットランドに生まれ、海軍士官となった後、植民地のオーストラリアに移って商業を営んだが、友人から聞かされていた美しい景色と人情の国日本訪問を考えていた。事業の失敗後、本国へ帰る途次に観光程度の気持で立ち寄った日本に結局十年以上も滞在し、日刊の『ジャパン・ガゼット』を発行しました。本書「ヤング・ジャパン」は1880年(明治十三年)に出版されています。
写真は長火鉢を囲む女性たち F・ベアト写真集より
young06.jpg

引用開始
 われわれは甲板のないボートで、江戸湾を横切って、房州地方のある村に上陸した。一行は三人だった。二人は、獲物をたくさん見つけたがっている熱心なスポーツマンで、三人目の男は、『九十九谷』という名前から、読者にも想像のつきそうな眺望を見おろせるという岡にたどりつこうと一所懸命だった。・・・・残念なことに望みの地点近くの場所に上陸しなかったので、われわれが話しかけた人々は、そんな所のことは何も知らなかった――実際にわれわれのひどい横浜なまりのわかるものは、ほとんどいなかった。・・・・

外国人を見た日本人の最初の反応
 まずボートが岸に着いた時、その土地の人はみんな、われわれと言葉をかわすのに、気乗りがしないらしかった。彼らは明らかにおびえていた。だが好奇心から、逃げ出すのを押さえてはいたが。われわれの間で集められる限りの最上の日本語で、われわれは『茶店に案内してくれ』と頼んだ。ところが誰一人答えようとしない。もし汚い顔をした腕白小僧がいなかったら、われわれは打ち解けるのは、相当に難しかったと思われる。
この子供は大胆にも、銃にさわってみて、無作法を叱られなかったとなると、一層大胆になって、銃の持主のまん前に立って、顔中を口にして、ニタニタと笑った。そんな次第でこの腕白小僧は、次に好奇心にまかせて、一行の一人が腕にかけていた防水マントの布地を、行儀もわきまえずに、さすってみた。それでマントの持主は、この子供の肩にマントをかけてやり、旅行カバンを運んで行くうに、と差し出した。そして『村で一番立派な家に案内せよ』と話しかけ、『この仕事をすれば駄賃がもらえる』ということをわからせた。これで十分だった。子供は小走りした、われわれは彼について行った。これまで外国人が足を踏み入れたことのなかった土地に、三人の外国人がいる珍しい光景を見に集った人達も、そろって、彼について行った。・・・・
 しばらく歩いて行くと、ほかの家から、少し離れていて、他の家よりは小奇麗に見える家を通りかかったので、われわれは立ち止まり、戸口のところへ行った。たちまち中にいた者はみな、奥へ逃げ込み、一人の老女だけが障子を閉めようとして、残っていた。だが、われわれがこの家に着くまでに、閉めることが出来ず、中途でやめて、やはり逃げ込んでしまった。もうほとんど夕方だった。
続きを読む
posted by 小楠 at 07:11| Comment(0) | TrackBack(0) | 書棚の中の日本

2008年04月01日

維新当時の日本の魅力

日本の魅力

今回ご紹介している「ヤング ジャパン1」の著者ジョン・レディ・ブラックは1827年スコットランドに生まれ、海軍士官となった後、植民地のオーストラリアに移って商業を営んだが、友人から聞かされていた美しい景色と人情の国日本訪問を考えていた。事業の失敗後、本国へ帰る途次に観光程度の気持で立ち寄った日本に結局十年以上も滞在し、日刊の『ジャパン・ガゼット』を発行しました。本書「ヤング・ジャパン」は1880年(明治十三年)に出版されています。
写真は当時の長崎寺町F・ベアト写真集より
young05.jpg

引用開始
 この国の美しさと一般に健康な気候と、日本人の気持のよい誠実さとは(公然と敵意を示す者は別として)、強い誘因となっていた。すべてが珍しく、他国で見るものとは全く違っていて、強い好奇心を呼び起した。訪問者たちは、読んだり聞いたりした知識があって、どんなに大きな期待をかけていた場合でも、決して失望しなかった。現在でさえ、遠くから来る外国人は、この国土と人間とが気に入っている。
 この国土は、少なくともその一般的な特徴には、大した変化はないようだが、人間は、外国人と十分接触するようになったところではどこでも、特に開港場では、その身だしなみや態度が大変変って来た。

 一民族として、日本人はみな柔和で、礼儀正しく、かなりの独立心を持っている。この独立心は、外国人の無愛想で、ぞんざいな振舞いに触れ、刺戟されると、すぐに表面にあらわれた。彼らが外国人から親しみ――これは日本人同士の間の習慣とは全く違っていた――をもって扱われると、この独立心は一層強められた。私は日本に上陸した最初の夜、一つの光景を見て、驚いたことを忘れられない。長崎のことだった。独身の友人達の家で食事をした後、テーブルが片づけられ、みんなは夕方涼むために広いベランダに席を移した。しばらく坐って、しゃべっていたので、若い仲間には、拳闘をするか、木刀で一勝負するのが、時間つぶしには一番よかった。やがて給仕をした「ボーイ」達が来て、見物した。明らかにその楽しみに加わりたいようだった――この望みはすぐにみたされた。彼らの見せた技から判断して、すでに初心者でないことは明らかだった。最初彼らは主人に真向から立ち向かい、ついでお互いに取り組んだ。このような影響下にあっては確かにすべての身分的差別がすぐに消え失せた。

 しかし、いたるところで、外国人との交際の結果は、日本人の行状に害をおよぼしていた。始めて会った時、日本人の挨拶には明らかにへつらいがあったとしても、すぐに消えた。彼らの無邪気、素直な親切、むきだしだが不快でない好奇心、自分で楽しんだり、人を楽しませようとする愉快な意志は、われわれを気持よくした。一方婦人の美しい作法や陽気さには魅力があった。さらに通りがかりに休もうとする外国人はほとんど例外なく歓待され「おはよう」という気持ちのよい挨拶を受けた。この挨拶は、道で会う人、野良で働く人、あるいは村民からたえず受けるものだった。なぜなら、こういう人達は、外国人になんら敵意を示さないし、粗暴な振舞いや侮辱を加えて、怒らせることも、しなかった。
続きを読む
posted by 小楠 at 07:11| Comment(0) | TrackBack(0) | 書棚の中の日本