2008年03月28日

天津条約で恐怖を煽る

中国の悲惨さで恐怖を煽る

今回ご紹介している「ヤング ジャパン1」の著者ジョン・レディ・ブラックは1827年スコットランドに生まれ、海軍士官となった後、植民地のオーストラリアに移って商業を営んだが、友人から聞かされていた美しい景色と人情の国日本訪問を考えていた。事業の失敗後、本国へ帰る途次に観光程度の気持で立ち寄った日本に結局十年以上も滞在し、日刊の『ジャパン・ガゼット』を発行しました。本書「ヤング・ジャパン」は1880年(明治十三年)に出版されています。
写真は著者のジョン・レディ・ブラック
youngj02.jpg

引用開始
 日本人は生来社交好きだ、だから彼らと仲良くしようと思えば、難しいことではない。それに二十一年前のこの国民の生活は、現代のヨーロッパに知られている以上に違っていたし、しかもヨーロッパの過去の時代(つまりヨーロッパの物語時代、「古き良き時代」とわれわれが特徴付けている時代)のものとして、知悉されているものをたくさん持っていたから、これを学ぶことは、珍しくもあり、また本当に楽しかった。
今日まで、日本滞在中、日本人の中で暮らすことに満足している外国人が非常にたくさんいる。彼らには「隠とん者の生活」とか、孤立しようという考えは全然起らない。そしてこの国の人々の友情と信頼を得ようと努めたハリス氏のやり方からみると、彼がこうした生活に気をくさらせていなかったことが、納得出来る。

 当時はまだ、後になって外交団を緊張させたような事件は起らなかったからだ。ハリス氏には、取り決めねばならない多少重要な事柄があるにはあった――例えば、貿易のために米国人が下田に居住する権利――。しかしこれらは空気のように微々たるもので、ほとんど苦労させなかった。
 天津条約(注)をもたらした英仏軍の成功は、ハリスが条約を結ぶのに、事実助けとなった。彼は、中国で横暴なやり方をしているこの二国の使節が、同じ行動を日本でも必ず取る、と主張して、幕府の恐怖をあおりたてた。こうして、二つの強国と日本との間における調停者として、必要ならば、出来るだけ尽力しようと約束をして、彼は執拗に求めていたものを獲得した。もちろんその必要はなかった。

続きを読む
posted by 小楠 at 07:06| Comment(0) | TrackBack(0) | 書棚の中の日本