2008年03月25日

白人のフィリピン蹂躙

スペイン植民地統治と革命

今日の引用本はフィリピン人、ダニエル・H・ディソン氏著の「フィリピン少年が見たカミカゼ」からです。
氏は1930年生まれで、少年時代に日本軍将兵と出会い、戦後特攻隊と日本の歴史研究に没頭。1974年に特攻隊が初めて発進した地、マバラカットにその記念碑を建立。自宅に開設した「カミカゼ博物館」で地元の子供達に特攻隊の精神と意義を説いているという方です。
写真は2006年10月25日新しいカミカゼ記念碑とカミカゼ飛行士像の前で行われた慰霊祭
kamikaze01.jpg

コラムから引用します。
16世紀半ば、フィリピン全土の人口は60万人程度で国家という意識もまだ発達していない状態だった。そこにスペインが侵略し、マニラを拠点にして各地を次々と武力によって制圧。さらにキリスト教の布教を行い、植民地体制を確立。以後300年以上もフィリピンを支配した。
マニラとメキシコ間を船で往復する「ガレオン貿易」が始まり、資本家たちは莫大な利益を上げ、19世紀初頭まで続いた。しかしフィリピンはこの貿易の通過地点に過ぎず、支配者達はフィリピンの発展には目もくれず、近代化の基礎となる家内工業などの発展は全く見られなかった。

植民地支配の柱である教会は、広大な土地を所有し、聖俗両者において絶対的な力をふるった。
フィリピン人は負担しきれない税を課せられて奴隷化し、さらに、強制労働に駆り出された。このため、かつては肥沃で作物が豊富だったフィリピンで飢餓が生じるようになった。このような中で16世紀末から抵抗運動が起るようになり、19世紀末までに反乱の数は100回以上もあったと言われるが、多くは10日以内に鎮圧されている。
18世紀後半から、たばこなどの輸出が増加し、中国系メスティーソ(混血)が中産階級として台頭、そこから民族主義に目覚める者が出てきた。
1880年代終わりに民族主義的運動が起り、1892年に革命集団「カティプナン」が成立、1896年8月に最初の革命の蜂起が起り、各地でスペイン軍と衝突。スペインは本国の力が衰えていたこともあり、フィリピン側と和平交渉を持ち、その結果スペイン側が賠償金を支払い、革命の指導者アギナルドは国外追放となった。
そこにキューバを巡ってスペインと戦争中のアメリカが、フィリピンを狙い、革命軍に協力すると持ちかけた。アギナルドは米艦に乗って帰還、1898年6月12日に独立宣言を行った。
しかし同年8月にアメリカがマニラを占領した際、革命軍はマニラから閉め出された。


続きを読む
posted by 小楠 at 07:04| Comment(4) | TrackBack(1) | 書棚から真実を