2008年03月19日

ある兵士の支那事変22

決死の伝令

昭和十三年十二月に新潮社から発行された戦場手記「征野千里」中野部隊上等兵 谷口勝著を引用掲載しています。支那事変に従軍した一兵士の手記から、今回は「弾薬一発もなし、肉弾をもって死守する」との丸尾隊からの伝令に弾薬を運ぶ谷口上等兵の様子です。
写真は敵弾を浴びながら弾薬を運ぶ勇士
seiya22.jpg

引用開始
右側の山をとった丸尾隊は隊長以下負傷するし、前面の歌野隊もまた弾薬がなくなって、ただ肉弾で山を死守している。左方の倉本隊は夜明けとともに山麓の軍用道路に伏せたまま一歩も前進できず、とうとう午後の四時になった。本部には私を除いて伝令は一人もいなくなってしまった。・・・
 やがて○隊本部へ弾薬をとりに行った伝令が、弾薬箱を背負って血まみれになって這い転がって来た。
「もらったか!」「ハイ、小林一等兵、○隊長殿にただいまこれだけ貰って帰りました。終りッ」「有難う、坂本大尉心から礼を云うぞ」そしてみんなが手をとって泣いた。
「谷口!」坂本大尉が呼ばれる。「御苦労だが丸尾隊にこれを届けてくれんか」
 もちろん私が持って行こうと待ちかまえていたものだった。これで丸尾隊も歌野隊も救われるのだ。弾薬を届けてそのまま箱の傍に骸をさらすとも何の思い残すことがあろうか。

「谷口上等兵、弾薬を持って丸尾隊へ連絡に行って参ります」「御苦労、頼むぞ」弾薬は○○発あった。私はその箱を左手で背にかつぐ。右手に銃を持って山を伏せて降りて行った。前方の二段に高くなった山頂へは一切が目鏡に写ってしまう。たちまち機銃弾が飛んで来た。迫撃砲弾も落ちて来る。砲弾は岩をコナゴナにはね上げて、顔や手や咽喉や、肌の服から出た部分はところ嫌わずチクチクと刺した。・・・・
 岩に跳ねた銃弾はブルーンと呻って背の弾薬箱にピシリッとぶつかる。斜めに飛ぶ跳弾が鉄兜をカンカンと打って棒で帽子を殴るような衝撃を与えた。箱の重さも銃の重さもなにもわからなかった。ただこれを届けてよろこぶ戦友の顔がみたい。・・・
 山頂に這い上がると、一切をなすにまかせて寝転がっている戦友の姿が見えた。「誰かッ!」「谷口上等兵!」丸尾少尉も戦友もみんなどこかを血に染めて昼寝でもするように山の上に寝ている。「谷口!」丸尾少尉が走って来られる。戦友が二、三名バタバタと駆けて来る。
「谷口上等兵、ただいま弾薬を持って参りましたッ!」「オ、!」と叫んで丸尾少尉が私の両手をしっかりと握られた。少尉の血が私の手にベットリと付いた。「谷口うれしいぞ! 谷口うれしいぞ!」子供のように叫ばれた。
・・・・
「谷口、これをよーく見てくれ。坂本大尉殿に頼むぞ!」そして丸尾少尉がサメザメと泣かれる。私を囲んだみんなが鼻をすすった。
 どれだけの敵軍かほとんど推知されなかった。敵は更に左斜後方の山にも登って私たちの背後を襲おうとする。友軍の○砲☓砲○○砲らが後方でズラリと放列をしいて、猛烈な射撃を開始し出した。○○砲はたてつづけに敵の掩蓋銃座に命中して、線路や材木を重ねた掩蓋を空高く吹きあげる。生き残った戦友たちが手を打ち涙を流してよろこんだ。
続きを読む
posted by 小楠 at 09:06| Comment(0) | TrackBack(1) | 書棚の中の支那事変