2008年03月15日

ある兵士の支那事変19

支那兵宿命の盗癖

昭和十三年十二月に新潮社から発行された戦場手記「征野千里」中野部隊上等兵 谷口勝著を引用掲載しています。支那事変に従軍した一兵士の手記から、今回はノッポの李の盗癖を憐れむ谷口上等兵。
写真は嬉々として行糧を運ぶ捕虜
seiya19.jpg

引用開始
お正月に『ノッポの李』を私たちにあづけて行った衛生隊の隊長がきて、「僕達は明日寧国へ出発する。李を明日までに返してくれ」といってきた。・・・・
「谷口しゃん・・・」李が突然、顔のブクブクした筋肉をピリピリと動かした。「私、あなたと離れてどこへ行きます」
李の顔にポロッと涙が転がった。
大きな掌を真ん丸くして、大きな顔に子供のようにあてた。宿舎の空を友軍の飛行機が幾台か飛んで行く爆音が聞えている。荒木准尉が酒をさげて入ってこられた。
「いよいよ李ともお別れだそうだのう。今晩は李とこの酒でものむといいや」そして李の肩に手をかけて、「李、向うへ行ってもたっしゃで、しっかり働くんだぞ」といわれた。李は濡れた顔を黙って振って合点合点していた。そこへ坂本大尉が訪ねてこられた。荒木准尉は大尉と自分の室へ入ってなにか話していられたが、やがて私を呼んで「ビール一ダース買ってきてくれ」といって五円紙幣を渡された。私は早速ビールを買ってくるとおつりの一円八十銭を荒木准尉の机の上においた。夕方坂本大尉が帰って行かれたので、荒木准尉と私は宿舎の外まで送りにでた。再び室に引き返してみると、悲観しきってしまったのか、李は一人でグーグー寝ていた。しばらくすると荒木准尉が私を呼ばれる。

「谷口、お前さっきのおつりをどこへ入れた?」
「ハッ、この机の上におきました」「机?・・・ない」私たちは眉をひそめて顔を見合わせた。
「さっき坂本大尉殿を送りに行ったとき李はいたかな」
「ハッ、李は室に一人残っていましたが・・・」
ハッと胸を突かれて荒木准尉を見る。准尉はうなづいて黙って大きく溜息された。
「いままでどんなことをさせてもそんなことは決してなかったがなァ、いよいよ別れるというんで、また昔の里心が出たかな・・・」
淋しい声だった。あれだけ教育して手なづけてもやっぱり李は支那兵でしかなかったのだろうか・
・・淋しかった。裏切られたと思った。
「荒木准尉殿! 私が責任をもちます!」
「いや、君が・・・」「いいえ、私が責任をもって李の黒白をつけます!」私はそういい切った。いっているうちに涙がポロポロでてくる―。・・・・

続きを読む
posted by 小楠 at 07:17| Comment(0) | TrackBack(1) | 書棚の中の支那事変