2008年03月11日

ある兵士の支那事変15

逃げ場を失った敵大軍

昭和十三年十二月に新潮社から発行された戦場手記「征野千里」中野部隊上等兵 谷口勝著を引用掲載しています。支那事変に従軍した一兵士の手記から、今回は南京を後にして蕪湖へ向かう途中に見た支那敗残兵の様子と戦場のお正月です。
写真は皇軍の保護に浴する敗残兵の大群
seiya15.jpg

引用開始
 銃も捨て、帯剣もなく、青や黄色の軍服だけの着の身着のままの敵兵が百人、二百人と、軍靴もなく裸足で次から次へと道を進んできた。この場合「進んで来た」という言葉は当てはまらない。敗戦の打撃と、逃走の焦燥からきた絶望は一切を観念してふてぶてしさにまで変わって、逃げるのでもなく、進むのでもなく、一切の意志を捨てただ浪のまにまに漂う浮草のような動きでしかなかった。
 南京から蕪湖への街道はこの絶望的な敗残兵で一ぱいだった。しかも彼等が戦いの意志を捨てて漂泊するこの街道の左右には、驚くべき堅固な近代的銃座をもった防禦陣地で一ぱいだった。街道の両側、畑の中に掘られた蜿蜒たる塹壕、草をかむったトーチカ、無数に張りめぐらされた鉄条網。
「よくもこの陣地が抜けたもんだなァ!」と自分たちがやったことではないように思われて、いまさらながら驚嘆する。
 この堅固な陣地はいずれも蕪湖方面に向って構築されてあった。

 敵はわれわれの一部が蕪湖方面から南京へ向って進撃するものと考えていたらしい。ところが南京は他の側面を衝かれ、とっくの昔に陥落して、われわれはいま敵の陣地の裏を見ながら蕪湖へと進撃しているのだ。驚嘆すべきこの堅固な陣地は、一発の銃声を放つこともなくして街道の上へ武器を捨て困憊に打ちひしがれた敵兵を追い出す『敗残の陣』となっていた。自分たちが当面したところにしか戦争を感じない私たちは、いまここに大きな総合的な戦争というものの大局の一部を見てとったように思った。・・・
 逃げ場を失った敗残の敵部隊は、限りなく街道につづいていた。私たちもまたこれに一発の銃弾さえ用いる必要はなかった。二百人、三百人と集団をなした敵を素手で捕えてしまう。そして――私たちはハタと当惑したのだ。自分たちでさえ糧食の補給がつかない、蕪湖への進軍だけで手いっぱいだった。それだのにこの千に余る敵敗残部隊をどうして養い、そして処理したらいいのだろうか。私たちに抵抗した南京城内の幾万と知れぬ敵は、一瞬にして南京城内外の骸の山を築いてしまった。それだのにこれは――ハタと当惑したのである。

続きを読む
posted by 小楠 at 07:17| Comment(0) | TrackBack(0) | 書棚の中の支那事変