2008年03月07日

ある兵士の支那事変12

南京への行軍を知らされる

昭和十三年十二月に新潮社から発行された戦場手記「征野千里」中野部隊上等兵 谷口勝著を引用掲載します。支那事変に従軍した一兵士の手記から、今回は南京へ向うことを知らされて喜び勇む部隊の様子です。
写真はクリークを距てて機関銃隊の猛射
seiya12.jpg

引用開始
崑山を出るとまた爆破された鉄橋があった。この鉄橋を渡って前進をつづけていよいよ蘇州へ入るんだ、と誰かがいいだした。おぼろげながらも伝え聞いている『蘇州』――そこへ行く、ちょいとした感慨だった。この感慨にふけりつつ鉄橋を渡っていると、「前進停止」の命令が来た。「ハテ?」とみな首を傾げる。私たちの不審には一切おかまいなしに部隊は鉄橋の近くに集結した。そのまま崑山に二日泊まって再び行軍を起こして気がついてみると、私たちは崑山を抜け、あの苦戦の鉄橋も過ぎ、さきに来た道をまたどんどん逆もどりしていた。・・・・

 一体私たちは何処へ進むのだ。なにもわからなかった。蘇州を攻めるのをなぜ他の部隊にゆずった。腹がたって来た。黙りこくってただ下を向いて歩く。お得意の饒舌はもう何処にもなかった。時々どうしても喋らなければならない時にはプンプン腹をたてたように怒って喋る。なにを見てもなにを考えてもただわけもなく腹が立ってきた。石原上等兵など大ムクレな顔をして何をいっても、「知らん」といって河豚のようになっている。おかしくて笑い出すと、石原上等兵もプンプンしながら笑ってしまった。
 
 雨に打たれてクタクタになって嘉善へ着くと、「南京に向け前進する!」といって来た。「アー」とみんな目を瞠る気持だった。南京――敵首都の南京、これを私たちが攻める。もう腹などはたてていられない。それ飯を炊け、しっかり炊け、うんと腹を作れ、と大変なはしゃぎようだった。みんなが立ったままで葉書を書いたりした。どうしてもこれを故郷へ知らせないではおけない気持だった。私たちが北から中支の戦線に廻ったとき、誰が南京を攻めると考えたろうか。石原上等兵が飯盒を持って水でも汲みに行くらしかった。「オイ、何処に行くんだイ」と私が声をかけると、石原上等兵は「南京だイ」と言って昂然と肩を聳やかした。こうして前進の準備をはじめていると荒木准尉が来られた。准尉は情けない顔をして、「われわれの部隊は南京へ前進する。・・・が、わが部隊は○○の予備隊となった」と告げられた。戦友たちはまたみんな腹を立ててしまった。南京戦に予備隊とは何だ。それでは戦争がすんでも故郷へは帰れない――という。

続きを読む
posted by 小楠 at 07:06| Comment(0) | TrackBack(0) | 書棚の中の支那事変