2008年03月06日

ある兵士の支那事変11

杭州湾の敵前上陸4

昭和十三年十二月に新潮社から発行された戦場手記「征野千里」中野部隊上等兵 谷口勝著を引用掲載します。支那事変に従軍した一兵士の手記から、今回はいよいよ壕から出て敵陣への突入、崑山攻略の部分です。
写真は城壁を乗り越えて敵陣へ
seiya11.jpg

引用開始
敵の陣地が一度に大火薬ででも炸裂したように、ダーンダーンと幾十とも知れない機銃が喚きつづけた。このすさまじい銃砲火の狂乱の後になにが来るかを私たちは長い戦闘の経験で知っていた。私たちの壕の中には忽ち生々としたものが甦って来た。「野郎いよいよ逃げ出すな――」とみんながつぶやく。そして早速背嚢を背につけて、いつでも壕を飛び出せる用意をした。戦場では兵隊というものは実に不思議なほど瞬間瞬間で変化をする。豆が出来て、もう一歩も歩けないという兵が散開すると、歩けぬ筈の足で立派に畑を蹴って突撃するし、眠気なぞ何処にあるかという顔で走りわめいていた兵がちょっと休止すると、もうぐうぐう眠ってしまったりする。いまもそうだ。焦躁と疲労の極ドロドロの壕の中におのおのの生気を溶かしこんでしまつた兵たちが、猛烈な銃火が敵の敗走準備を意味すると知るや、とたんに、シャンと張りきってきた。そして、口惜しくて口惜しくてたまらない敵だ。全滅してもいいからこの壕を飛び出して敵の機銃座へ銃剣を突きつけたいと思った。こんどこそ、どんなに逃げても必ず追いついて突き刺してやろう、とみんな考えた。果して夜中近くになると敵の銃火が、人の足音にピタリと鳴き声を静めるコオロギのように、寒々と衰えて来た。・・・・

「前進!」と命令が出た。一切の疲労が消し飛んだ。一足飛びに右側の機銃座へ飛び込むと、敵の死体と死体の間へグチヤグチャと足を突っ込んでしまった。抜こうとすると、一つの死体が私の足をしっかりとつかんだ。「畜生!」と怒鳴って刺そうとして気がついた。敵の死体が両手で私の足を掴んだのではない。私は死体のポケットの中へ足をふみ込んでいて、なかなか抜けないのだった。・・・・
 駅を過ぎて崑山の街へ雪崩れ込むと街の真中を幅四十メートルほどのクリークが流れていた。クリークの橋を一気に渡ろうとすると、対岸の民家からビューッビューッビューッとチェコ機銃が鳴って戦友が三人バタバタと橋の袂に倒れた。さっそく友軍の軽機が橋の袂からこの民家を射った。私たちはクリーク岸の民家の中へ陣どって窓からそこを射った。敵の弾は窓から室の中へ飛び込んでピンッピンッと壁を割ったり、跳弾になってカラカラカランと室を一と廻りしたりした。クリーク前方の民家から射って来ると思うと、左側から壁を突き抜いて弾が飛んで来たりして、何処から弾がくるかほとんど見当がつかなかった。

続きを読む
posted by 小楠 at 07:16| Comment(0) | TrackBack(0) | 書棚の中の支那事変