2008年02月26日

ある兵士の支那事変3

初めて聞く敵弾の音

昭和十三年十二月に新潮社から発行された戦場手記「征野千里」中野部隊上等兵 谷口勝著を引用掲載します。支那事変に従軍した一兵士の手記から、今回は事件で有名な廊坊からの行軍の様子です。
写真は敬虔な墓前の祈り
seiya03.jpg

引用開始
「畜生!」で一貫した気持 眼を射た新しい墓標
 汽車が停って「下車」の命令が出たときはじめて天津へ来た、とわかった。私たちのしなければならない一切の目的がこれではっきりとわかった。目的がはっきりわかると、こんどはまだ経験しないその目的に対する新しい好奇心が勃々と湧いて来た。
「実際の戦争とは一体どんなものだろうか」とただそれだけを思ってくる。それが直接自分の生命と関係のある問題だとはちょっとも考えない。ただ好奇心で一杯になる。早く知りたい、とみんなが思ってくるのだ。
 天津で少し警備について再び汽車に乗った。乗ったと思ったらすぐ降ろされた。
『廊坊』と書いた駅標が目につくと同時に真新しい墓標が目を射った。きのう建てられたばかりだというこの墓標を兵たちはみんな眺めた。私たちがこれから生まれて初めて経験しようとするもの、私たちの好奇心を胸一杯に揺さぶっているもの――それとこの墓標とが、なんの関係があるというのだろうか。――誰もそれをいうものはない。それをいう前に、この墓標が私たちと同じ兵の上に建てられたものだということだけを、焼きつくような熱さで考えてくる。
 
 『同じ兵』――それは『戦友』といわれる。私たちは一年有余の軍隊生活でなんでも個人を超えて『兵隊』という概念でしかものを考えないようになってきた。この墓標は兵隊の墓標だ。それだけだ。同じ兵隊の墓標だ。ここに戦友が倒れている。ただそれだけをハッキリと考える。そして口惜しさが、名状しがたい口惜しさが、頭の中の一切を占めてしまった。
 これから知ろうとする戦争がなんであるか、死がなんであるか、すでに問題ではない。まじまじとこの新しい墓標を眺めて、ただ「畜生!」と心の中一杯に思った。これが私の戦闘経験の発端だった。私の戦争への経験は「畜生!」の字ではじまった。そしてこの「畜生!」が限りなく続いて、最後まで「畜生!」で一貫したことをここで告白しなければならない。

 駅に下りて憩う間もなく行軍がはじまった。陽は落ちて星が空に降っている。何という広い空だろうとしみじみ大陸の空の大きさを考えた。道がほとんどなかった。なにが植わっているのかわからぬような畑を通ったり、或は小さな山を通ったりして歩きつづけた。
 五里も歩いたろうかと思うころ、突然前方遠くの暗闇にカンカンカンという機銃の音が起って、深々とした夜の空気にビリビリビリと反響した。同時にヒューンと呻って頭上をなにか飛んで行った。またヒューンと飛んで行く。しばらくは頭の上を飛んで行くものをなにか気がつかないような気持だったが、やがて「あ、弾だ弾だ」と思った。生まれてはじめて敵からの弾の音を聞いた。弾だ――と気がつくと、つぎからはヒューンという音を聞くと、ちょっと反射的に首を引っ込めた。
続きを読む
posted by 小楠 at 07:16| Comment(0) | TrackBack(0) | 書棚の中の支那事変