2008年02月22日

明治日本人の熱中対象

蒸気船への熱望

 英人リチャード・ヘンリー・ブラントンは明治政府第一号のお雇い外国人で、1868年(明治元年)8月に灯台技師として来日、1876年(明治9年)に帰国しました。在日中に三十余の灯台を建設した人物ですが、もともと鉄道技師の彼は灯台建設以外にも多方面の仕事に関係し、日本最初の電信を建設したのもブラントンです。
 今回ご紹介する本は彼の著「お雇い外国人の見た近代日本」で、要約、註釈は、彼の原稿を入手した、ご存知の方も多いと思われる米人ウィリアム・エリオット・グリフィスの手になっています。

引用開始
 模倣の才と珍奇な物を好む性質の持主である日本人は、1870年(明治三年)頃には、ヨーロッパの製造品を、小児が玩具を欲しがるように、愛好品として所有したいという熱望が大変に旺盛であった。ヨーロッパの新しい物がこの国へ入って来た当時は、その所有欲は、実用品として利用したいというよりも単に珍しい物を所有したいという欲望が強かった。このような気質から全く馬鹿馬鹿しい事態がしばしば起った。

 例えば、当時の日本人は兎という動物を知らなかった。あるイギリス人貿易商が耳の長いこの動物を数匹日本に持ち込むことを思いついた。その結果は、日本人はすっかりこの可愛い動物のとりこになり、それを飼いたいという熱望が国中に広まった。商人はカリフォルニアやオーストラリアや支那で飼い兎を捜して買い集め、汽船が日本の港に入る度に数百の兎が舶載されて来た。それでも兎に対する需要は一向に衰えず、熱狂した買手は一匹の兎に100ドルもの値をつけた。政府も驚いて輸入を制限するため兎の輸入に重税を課した。この措置で、さしもの兎熱も短期間で冷却して兎の輸入は全く跡絶えた。

 同じような、しかしそれほど激しくない所有願望は、豚や羊を対象にしても起こった。豚も羊もそれまで日本にはいなかったのである。このマニアは少しくトラブルを惹き起こしたものの、短期間で消滅した。・・・
 1860年代(万延年間)、70年代(明治三年〜十二年)に起こった日本人の最初の熱中の中でも特に熱中させ、永く続いたのは蒸気船を持ちたいという熱望であった。幕府や封建諸侯、その他資本に余裕のある者は蒸気船を購入した。
 日本のような島国では蒸気船は単なる玩具ではなく、最も高価な実用品の代表でもあった。最初の購買者には不幸なことであるが、蒸気船の構造が複雑で、無知な者の手にかかると非常に危険な代物であった。

続きを読む
posted by 小楠 at 07:08| Comment(2) | TrackBack(0) | 外国人の見た日本B