2008年02月20日

明治初年の薩摩訪問

明治初期の島津藩で

英人リチャード・ヘンリー・ブラントンは明治政府第一号のお雇い外国人で、1868年(明治元年)8月に灯台技師として来日、1876年(明治9年)に帰国しました。在日中に三十余の灯台を建設した人物ですが、もともと鉄道技師の彼は灯台建設以外にも多方面の仕事に関係し、日本最初の電信を建設したのもブラントンです。
 今回ご紹介する本は彼の著「お雇い外国人の見た近代日本」で、要約、註釈は、彼の原稿を入手した、ご存知の方も多いと思われる米人ウィリアム・エリオット・グリフィスの手になっています。

引用開始
 このときの航海で最も興味深かった所は、有名な島津藩の城下町である鹿児島と薩摩の他の場所を訪れたことであった。
 鹿児島は、かつて横浜近くの街道で四名のイギリス人一行が薩摩の大名の家来に襲撃され、殺傷された事件の報復として1863年(文久三年)7月にイギリス艦隊によって砲撃されたことがあった。この砲撃の結果、薩摩人の間に、西洋文明を高く評価する気運が生じたのであるが、私が訪れたときにそれを証明するいろいろの事物を見た。

 薩摩の君主島津三郎(藩主島津忠義の父)はいまだに中央政府から独立した勢力を保持してはいるが、1870年(明治三年)頃では天皇の政府から不信視されていた。事実、井上は我々がどんな歓迎を受けるか心中で測りかねていたので、自分でこの地の当局の意向を忖度するまでは我々に上陸を見合わせるようにと言った。我々の船が鹿児島に着くと、彼はすぐに陸岸に向い、四、五時間たって四人の薩摩の役人を伴って帰って来た。役人たちは、我々を心から歓迎し、及ぶ限りの援助を惜しまないと言った。
 役人はまた、彼らが通常殿様と呼んでいる薩摩の大名が、次の木曜日の夕刻に我々と晩餐を共にしたいと願っており、我々がそれを受けることを望んでいると言った。殿様の親切に対し我々の感謝を伝えて戴きたいと役人に頼み、我々はこの歓待を喜んだ。
 彼らはまた「誠に言いにくいことであるが、遺憾なことに殿様はワインをお持ちにならないから船からいくらか持参して戴ければ幸いである」と言った。我々はシャンペン六瓶とシェリー酒六瓶を晩餐会への贈物とした。

続きを読む
posted by 小楠 at 08:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 外国人の見た日本B