2008年02月19日

明治元年の長崎にて

明治元年の長崎で灯台設置調査

英人リチャード・ヘンリー・ブラントンは明治政府第一号のお雇い外国人で、1868年(明治元年)8月に灯台技師として来日、1876年(明治9年)に帰国しました。在日中に三十余の灯台を建設した人物ですが、もともと鉄道技師の彼は灯台建設以外にも多方面の仕事に関係し、日本最初の電信を建設したのもブラントンです。
 今回ご紹介する本は彼の著「お雇い外国人の見た近代日本」で、要約、註釈は、彼の原稿を入手した、ご存知の方も多いと思われる米人ウィリアム・エリオット・グリフィスの手になっています。

引用開始
 長崎の知事、井上馨に面会した。彼は若い男(井上馨は天保六年生まれ、当時三十三歳)で、彼は教育の一部を合衆国で受けた。彼は流暢に英語を話すので私は必要な仕事を容易に処理することができた。彼は私の依頼には快く応じて出来る限りの協力を約束してくれた。たまたま私がアルガス号での日本政府高官の突飛な行為を話すと、彼は大変に面白がった。そして「彼も良き日本人であるから、すぐにもっと分別をわきまえるであろう」と高官を弁護した。・・・・

 長崎は高い丘陵に囲まれた世界中で最も美しく、かつ安全な港の一つである。外国人の居留地も日本人の市街も丘の北東側に位置し、絵を見るようなたたずまいは殊更に興味深い眺めである。長崎では近代化を図る日本にとって重要な多くの計画が実行されている。大型船の造船台が設けられ、種々の工作機械を設備した工場が建っていた。ここでは日本人のみが働いており、工場は全部が稼動しているようであった。イギリス人※グロヴァー氏の商会は、近くの小島、高島に発見された石炭の採掘で日本政府との間に協定を結んでいる。彼は私が知る限りでは、日本でこの鉱物の採掘の許可を得ている唯一のヨーロッパ人である。

 私は高島の採炭作業場を訪れた。そこは毎日三百人の労働者を雇い、近代的巻揚機やポンプの設備があり、毎日約200トンの良質の瀝青炭を産出する。この石炭はトン当たり4ドル50セントで売られている。イギリスから輸入する石炭はこの頃1トン7ドル50セントもした。・・・・
 この第一回の視察航海が終り、いよいよ灯台建設推進の手順が出来上がると、灯台補給船の必要なことが改めて痛感された。私は東京の政府から、この目的に適う船が購入できる機会がくれば通知するように命ぜられていた。

続きを読む
posted by 小楠 at 07:07| Comment(0) | TrackBack(0) | 外国人の見た日本B