2008年02月16日

明治最初のお雇い外国人

赴任の理由と日本最初の電信

英人リチャード・ヘンリー・ブラントンは明治政府第一号のお雇い外国人で、1868年(明治元年)8月に灯台技師として来日、1876年(明治9年)に帰国しました。在日中に三十余の灯台を建設した人物ですが、もともと鉄道技師の彼は灯台建設以外にも多方面の仕事に関係し、日本最初の電信を建設したのもブラントンです。
 今回ご紹介する本は彼の著「お雇い外国人の見た近代日本」で、要約、註釈は、彼の原稿を入手した、ご存知の方も多いと思われる米人ウィリアム・エリオット・グリフィスの手になっています。
brangton01.jpg

引用開始
 1865年(慶応元年)5月、オルコックの後任としてハリー・パークス卿が駐日英国公使として江戸に着任した。パークス公使が最初に手掛けた仕事は現行の通商条約の補足の約定の条項の速やかな実施を促進することであった。パークス卿は約定の条項のうち欧米人の安全に関する条項※の実施について特に熱心であった。・・・・

※・・・航海の安全のための条項、第十一条の「日本政府は、外国交易の為め開きたる各港最寄船々の出入安全のため、灯明台、浮木(ブイ)、瀬印木(障害標識)等を備うべし」があった。
 英公使が特にこの条項の実施に熱心で、しばしば幕府と折衝した事情は、日本が外国と貿易開始以来、日本沿岸で外国船の遭難事故が頻々として起こり、その都度多数の人命が失われたことによる。

 パークス卿は江戸幕府の閣老に対し、航海の安全の問題は可及的速やかに結論を出すよう圧力をかけた。・・・・これに対し幕府閣老から1866年12月7日次のような回答があった。
「灯台の設置場所については正確な実測を行った上でないと決定はできない。しかしその間にも我が方は要求された機器を発注する所存である。灯台の機器三箇所の分については既にフランスへ注文ずみである。それ以外の八箇所の分については装置一式がイギリス政府を通じて入手できるよう貴下の御尽力をお願いする。当方は購入代金の見積りが出来次第発注をする」
・・・・これに関した事務の一切をエジンバラのスコットランド灯台局のダヴィッド&トーマス・スチブンソン兄弟に委任することに決定した。・・・・
スチブンソン兄弟は、私がすべての要求を充たす者であると認めて、私を商務省に推薦し、1868年2月24日付で私は採用通知を受取った。・・・・
続きを読む
posted by 小楠 at 07:54| Comment(0) | TrackBack(0) | 外国人の見た日本B