2008年02月12日

岩倉使節団の仏国の印象

欧米が見た岩倉使節団5

 ご存知のように明治新政府は維新直後の1872年に、高位の人物多数による使節団を欧米に派遣していますが、本書イアン・ニッシュ編「欧米から見た岩倉使節団」は岩倉の提案でつれていった、大久保利通、木戸孝允、伊藤博文、山口尚芳らの四人の副使を中心に、欧米の人々の残した記録が内容となっています。
写真は久米美術館蔵ヴェルサイユ宮殿のオペラ劇場
shisetsu05.jpg

引用開始
1872年12月16日〜1873年2月17日 リチャード・シムズ
 フランスは使節団にいかなる印象を与えたか。久米の『回覧実記』から判断するかぎり、結論から先に言えば、フランスは今もって強国とみなされており、その国威は最近の普仏戦争での敗北によっていささかも損なわれてはいないと日本人の目に映じたということである。1870〜71年のフランスの敗退は、久米によると、なんらかの根本的欠陥によるものでもなければ、たしかに一般兵士の戦闘心の欠如によるものでもない。むしろそれはドイツと比べて相対的に兵士の数が少なかったこと、そして将校団の質が劣っていたことによるのである。 これら二つの欠陥はいずれも取り返しのつかない類のものではない。そしてドイツから学ぼうとするフランス人の意欲が指摘されるのであるが、それはヴァンセンヌ訪問の途次、日本人が「かつてフランス人は他国から学ぼうなどとは思ってもいなかったが、きわめて残念なことだが、今やそうしなければフランスはフランスとしてとどまることはできないであろう・・・」ということをはっきり理解したときのことであった。こうした感想は使節団の心を強く打ったにたがいない。一行もまた日本固有の性格を維持しながら、西欧から知恵を借りる必要を痛感していたからである。

 フランスが今もって尊敬に値すると思わせたものは、フランスの順応の素早さへの期待ばかりでなく、その経済的地力にもよる。久米によれば、ドイツから押し付けられた戦争の賠償金が短期間にまた楽々と返済されたことにイギリスは驚き、ドイツは拍子抜けしたが、このことはフランスの財政的・商業的地位が健全であるとともに、フランスが特に経済学と商法の分野で有能な人材を豊富に備えていることをあらためて確認させることになった。別の箇所で久米はパリをロンドン、ニューヨークと並んで、商取引における世界の三大都市のひとつと書いているが、彼がフランスはイギリスに劣らないと主張しつづけたのは、主としてパリこそヨーロッパにおけるファッションと工芸技術の中心とみなしていたからである。イギリスが大量生産で一歩先んじていることを認める一方で、彼はそのイギリスも優雅さと繊細さの点でフランスに太刀打ちできないでいることを強調した。彼は使節団のフランス訪問記の「総説」で「イギリスの工業は機械に頼る。フランスでは人間の技能と機械が調和している」と書いているが、ここにも彼のフランスへの称賛の念がはっきり見てとれる。

続きを読む
posted by 小楠 at 07:55| Comment(0) | TrackBack(0) | 外国人の見た日本A