2008年02月09日

英国の岩倉使節団報道

欧米が見た岩倉使節団4

 ご存知のように明治新政府は維新直後の1872年に、高位の人物多数による使節団を欧米に派遣していますが、本書イアン・ニッシュ編「欧米から見た岩倉使節団」は岩倉の提案でつれていった、大久保利通、木戸孝允、伊藤博文、山口尚芳らの四人の副使を中心に、欧米の人々の残した記録が内容となっています。
写真は久米美術館蔵ウェストミンスター橋と国会議事堂
shisetsu04.jpg

引用開始
1872年8月17日〜12月16日 アンドルー・コビン
 一行がダービーシャーのチャッツワース・ハウスを訪ねたとき、そこで古伊万里焼の標本が復元保存されているのを見て、久米はヨーロッパの名家が優れたコレクションを何百年も保存している事実に注目し、このような良質の伊万里焼はもう日本でみつけるのは困難であるかも知れないと述べている。西洋のあらゆる習慣の中で、久米が無条件に称賛の気持ちを誘発させられたのが、この歴史的な古物保存の伝統であった。たとえば、ウォーリック州知事邸での晩餐会が終った時、その家の子供たちが、日本人の賓客の手をとって私的に募集された貴重品を見るよう案内した。これらのコレクションは値打ちのない唯の珍奇な品物であった。しかし、久米が感心したのは、西洋人の精神や態度のあり方であり、それは、彼がイギリス滞在中にこれまで見てきた、多くのさまざまな博物館や展示物などによって、育成された気風であると考えられた。

 久米の考えでは、イギリス人が、フランスの流行を模倣する悪しき習慣を放棄する必要をようやく自覚したのは、最近の万国博覧会の開催を通じてである。彼は『回覧実記』でこのテーマを用いて、時々、日本の西洋心酔ぶりを攻撃し、「読者は日本の教訓として何を学ぶべきか考えて欲しい」と公言した。
「現在の日本はヨーロッパの歴史において、ルイ14世時代のフランスの輝きに万人が魅了された状況に似ている。もし我々日本人が伝統を忘れ、ヨーロッパを発展モデルにして性急に突進するならば、ちょうど1851年のロンドン万国博覧会以前の欧州各国と同様の迷霧に陥ってしまうのではないか」。
 イギリスの国内旅行で、岩倉使節団は多くの人々と出会い、彼らの生活習慣を観察することができた。それは旅の途中で見た群衆の姿であったり、公式歓迎会の場であったり、あるいはまた、静かな環境に恵まれた田園の邸宅であったり、いろいろの機会を通じて経験することができた。
続きを読む
posted by 小楠 at 07:57| Comment(0) | TrackBack(0) | 外国人の見た日本A