2008年02月08日

岩倉使節の英国内視察

欧米が見た岩倉使節団3

 ご存知のように明治新政府は維新直後の1872年に、高位の人物多数による使節団を欧米に派遣していますが、本書イアン・ニッシュ編「欧米から見た岩倉使節団」は岩倉の提案でつれていった、大久保利通、木戸孝允、伊藤博文、山口尚芳らの四人の副使を中心に、欧米の人々の残した記録が内容となっています。今回のイギリスでは、国内視察に三人のイギリス人役人を伴っています。正式接待役として陸軍少将ジョージ・アレクサンダー、通訳としてウィリアム・ジョージ・アストン、そして休暇で帰国していた駐日公使のハリー・パークス卿が同行しました。
写真は本書表紙
shisetsu03.jpg

引用開始
1872年8月17日〜12月16日 アンドルー・コビン
 北部地方の旅行の始めに、岩倉と彼の随員はリヴァプールとマンチェスターで十日間過ごした。二つの都市では、彼らは視察や公式の歓迎会など苛酷なスケジュールで多忙な毎日であった。その残忍ともいうべき旅程のペースは、一週間もたたないうちに、すぐに彼らを疲労困憊させた。たとえば、彼らがマンチェスターに到着するとすぐ、一行はシェリダン・ノウル劇団が王立劇場で公演する芝居「恋愛ごっこ」(ラブチェイス)に招待された。久米はその時の模様を次のように回想している。
「我々一行が最大の善意で招待されたのは確かだと思うが、毎日、足をひきずりながら工場見学をすませた後で、しかも宿舎に到着して身体を洗い、漸くくつろごうとした途端に、再び身体をひもで締め付けるように窮屈な洋服に束縛されるのは耐え難いものであった。しかも私などまったく理解できない芝居を見なければならない苦痛を味わったのである」。

 たしかに久米がいうように、かれらが身に着けていた洋服はいかにも着心地が悪そうであった。イギリス人ジャーナリストは、いかに使節たちが「彼らにおよそ似合わない何の取り柄もない平凡な洋服」を着ていることかという記事を書いていた。そしてついに彼らの多くは、退屈な劇場へ行くよりも、むしろ「敗北」を認めて、宿舎のクイーンズホテルで静かな夜を過ごす選択をしたのである。
「英語を理解できる二、三の者だけが劇場へ行く決断をした。そして、私は宿に残ってその日の見聞記を書き止めた」と久米は告白している。
 岩倉使節団のランカシャー都市部視察の大きな特徴は、その集中的な工場訪問にあったといえよう。マンチェスターに向う列車の中で、パークスは岩倉や副使たちに「ランカシャーは世界のどこよりも沢山の工場があるといわれている」と明言した。彼はまた、「日本が将来、世界と交易し新しい産業を盛んにしていくのであれば、貴方がたがこれから視察する予定の地方と比べてもっとも重要な意義を持つものなのだ」と自信たっぷりに話した。
 しかしながら、数カ月前に、使節団がすでにアメリカで経験した産業視察のために、ランカシャー地方の多くの工場群がかれらに与える衝撃を、幾分、弱めることになってしまったことは事実である。・・・・

続きを読む
posted by 小楠 at 07:09| Comment(0) | TrackBack(0) | 外国人の見た日本A